ビーツ beets[スーパーフード]【健康美容EXPO】

健康美容EXPO
健康美容EXPO:TOP > スーパーフード > ビーツ(beets)
ビーツ beets の原料、素材

スーパーフードとして知られているビーツ

の期待できる効果、素材、栄養成分、テイスト、食べ方、製品などを、健康美容EXPOが独自で詳しくまとめたものです。今後、

ビーツ

で商品設計をお考えの方、ぜひ情報収集等にお役立てください。

ビーツ beets

ビーツ beets の原料、素材

ビーツについて素材について

beetsについて

ビーツは、ヨーロッパからアフリカ北部、地中海沿岸が原産と言われるホウレン草と同じアカザ科の野菜です。ビートルート(英語: beetroot)、テーブルビート、またはカエンサイ(火焔菜)と呼ばれています。「飲む血液」という異名もあり、ポリフェノール、鉄分、カリウム、カルシウム 、リン、食物繊維など、多くの栄養素を含んでいるスーパーフードです。ビーツは、赤カブのような形状で、輪切りにすると年輪のような輪があります。独特の甘味があるのは、ショ糖が多く含まれているからです。野菜の中でも硝酸塩が豊富に含まれいることによって、血液中で一酸化窒素(NO)となり、血流をスムーズにするという、珍しい特徴がある野菜です。スポーツ選手のスタミナ飲料としての活用も期待されているようです。日本で生のビーツはまだあまり販売されていませんが、缶詰などで入手可能です。料理の際に手などについたビーツの赤色は、レモン汁で落とすことができます。

ビーツの栄養成分栄養成分

beetsの栄養成分

ビタミンB1、B2、B6、葉酸、カリウム、マグネシウム、マンガン、リン、鉄、銅、亜鉛、食物繊維など

ビーツの期待出来る効果期待できる効果

beetsの期待出来る効果

疲労回復、肝機能改善、新陳代謝、高血圧予防、抗酸化作用、老化防止など

ビーツのテイストテイスト

beetsのテイスト

生のままで食べると若干泥臭いけれど、火を通すことで芋のような触感になり、甘みがあります。

ビーツの食べ方食べ方

beetsの食べ方

ビーツと言えば、世界三大スープ、ロシア料理のボルシチです。そのスープの深紅色のもととなっているのがビーツです。ビーツは、とても硬いので、下準備として柔らかくなるまで火を通す必要があります。フルーツスムージー、スープ、酢漬け、サラダ、コロッケなどの料理に使用できます。ケーキやゼリーなどのスイーツにもご利用になれます。

ビーツを使った製品ビーツを使った製品

beetsを使った製品

サプリ、ドリンク、ペースト、スライス、インスタントスープ

 

PAGE TOP ▲

 
 
健康美容EXPO:TOP > スーパーフード > ビーツ(beets)

 

■注目カテゴリ

健康食品  健康食品 原料  美容・化粧品 スキンケア  サプリメント  機能性成分  容器・パッケージ  健康食品 製造  健康食品 機器・設備  試験・分析  基礎化粧品  プラセンタ  業務用エステ機器  薬事法  特定保健用食品(トクホ)   化粧品 OEM  炭酸泉  介護衛生用品・消耗品  ネイル  スキンケア  医薬部外品  食品添加物  エステ化粧品  展示会

■オリジナルコンテンツ

特集一覧  冷え症改善素材  オリゴ乳酸(ラック)  Maca  医薬部外品 製造  Tie2 素材  小ロット  抗肥満素材  システマティックレビュー  アフリカマンゴノキ  機能性乳原料  機能性関与成分一覧表  便通改善 素材    機能性表示食品制度[機能性表示対応素材]  睡眠改善素材  スーパーフード(superfoods)  マカ  ローヤルゼリー  ビーポーレン  知的財産権×商品開発