ドラッグストア研究会 松村清 最新USレポート 第8回 顧客の信頼を獲得するなら屋作り

健康美容EXPO:TOP > ドラッグストア研究会 松村 清 最新USレポート第8回
ドラッグストア研究会 最新USレポート

第8回 顧客の信頼を獲得するなら屋作り 

絶対に負けない商品分野を持つ店作り 

名物料理イメージ写真

レストランでも「おいしい」という評判の店には必ず名物料理がある。お客は一部の料理を食べて、そう判断しているのだ。小売店の場合、お客にあの店は良い店だという印象を与えるには、絶対に負けない商品分野を持ち、「あの商品なら・・・」「この商品なら・・・」という“なら屋”にならなければ駄目だ。どんなに大手のスーパーマーケットがそばにオープンしても、びくともしないローカル食品店がある。そんな店は「野菜なら・・・」「魚なら・・・」「肉なら・・・」と、地域のお客から絶大な信頼を得ている店だ。全てのカテゴリーを充実させるのは、経済的にもスペース的にも無理である。また時間もかかってしまう。

1)「なら屋」作りのメリット 

a) お客からの信頼

人は一つのものが優れていると、すべてが優れていると判断する傾向がある。これを心理学で「連合の法則」という。

b) 取引先からの信頼

街一番の強いカテゴリーを持った小売店に、メーカーや卸が一目を置き、色々とサポートしてくれる。

c) 従業員の自信

従業員教育で大切なことは、自信を持たせることである。従業員が一つのことに自信を持つと、接客も自信を持って出来るようになり、お客の信頼感も高まる。他の仕事にもその自信が波及し、店全体の信頼感が高まる。

2)「なら屋」を作るコツ 

a) 「街一番のカテゴリー」を一つ決める

どのカテゴリーで街一番になるかを決める。商圏内のお客のニーズやウォンツを吟味した上で、どのカテゴリーが自社にとって一番得意か叉は好きかで決めればよい。「好きこそものの上手なれ」である。

b) 「三つの筋」の商品を品揃えする

「なら屋」になるためには、「売れ筋」「売り筋」「見せ筋」の三つの筋を品揃えする。三つの筋の商品には、それぞれの強みと弱みがある。それをミックスすることにより、カテゴリー全体としての強みを発揮するのである。特に、見せ筋が競合店との差別化や自店の専門性につながるので、売上げが低いからといって売り場から外すのでなく、大事に育てる必要がある。

イ) 「売れ筋」・・・市場シェアの高い商品の品揃え。これらの商品にはNBが多い。NBは消費者の信頼、売上げ確保という観点から大切である。弱みは価格が乱れがちで、利益がとりにくいことと、差別化しにくいことである。

ロ) 「売り筋」・・・小売店側が意識的に拡販したい商品である。これはPBや二流ブランド、ローカルブランドに多い。強みは利益率が高く、他店との差別化商品になることで、弱みは消費者の認知力や信頼性が弱いことである。

ハ) 「見せ筋」・・・一流メーカーでも売れない商品を沢山抱えている。何とか育てたいと考えている。このような商品の強みは、一流メーカーの信頼感があることと、他店との競争になりにくいので利益を確保しやすいことである。他店が扱わないので差別化や専門性も出しやすい。弱みは商品の認知力が低いことである。

 

全米No.1ドラッグのなら屋戦略 

オーラルケアイメージ写真

全米No.1ドラッグストアのウォルグリーンは、ドラッグストア業態、スーパーマーケット業態、ディスカウント業態の競合と差別化するために、’82年からヘルスケアに関しての「なら屋」に特化する戦略を取り始めた。当時は調剤薬を含んだヘルスケアの構成比が30%程度しかなかったが、現在は75%になっている。店舗サイズではウォルマートの1/15程度しかないが、ヘルスケアコーナーに関してはウォルマートよりスペースが広く、調剤大衆薬、ヘルスエイド商品の充実を図り、売れ筋・売り筋・見せ筋商品の品揃え強化と、カウンセリング能力を高めている。

日本の有数なドラッグストア企業になったC社の取った戦略は「オーラルケア」のなら屋作りだ。当時圧倒的な大きさを持っていた日本のドラッグストア某社にまともに対抗するのでは勝ち目が無い。そこで人々の関心が高まり始めたオーラルケアに関し、通常のドラッグストアでは3尺ゴンドラ6本程度の時代に12本も取り、幅の広さと深さのある品揃え、つまり売れ筋・売り筋・見せ筋の品揃えとカウンセリングを充実した。その結果、オーラルケアならC社と消費者の頭の中にしみこむマインドスペースを大きく獲得した。それがいつかはドラッグストアの商品ならC社と考える消費者が増え、現在の成功に導かれた。

 

いろいろなパターンがあるなら屋作り 

オギノ写真

ロサンゼルスの拙宅のそばにあるスーパーマーケットには、オーガニックならホールフーズマーケット」、肉ならブリストルファーム、和食材ならグラナダマーケットという具合に、「なら屋」を作って他に負けない強いスーパーマーケットになっている。甲府にあるスーパーマーケットオギノもヨーカドーやイオンなどの超大手が商圏に進出してきているが、しっかりと甲府の人々に支持されている。実際にテレビでもその様子が放映されたが、英国の王室御用達の紅茶、一袋1000円のカレーライス、世界No.1のブランドであるピクルスなど珍しい商品が品揃えされている。例え月に1個程度しか売れなくても廃番しないで大切に保持しているという。それは月に20〜30万円をオギノで購入してくれる高額顧客のための品揃えであり、ロイヤルカスタマー作りの商品と位置づけられている。これもやはり珍しい商品のなら屋作りだ。

いろいろなパターンがあるなら屋作り 

 
スター商品候補イメージ写真

見せ筋商品を自社の育成商品として上手に展開をしている店もある。NBの売れ筋商品だけを売って利益を上げるのは大変である。どうしても価格競争にさらされるからである。また他店との差別化も出来ない。やはり小売店は自店の売れ筋商品を作らなければ、利益も取れないし、差別化も出来ない。そのため、自店の育成商品を決め、お客にアピールして、自店のスターにしていかなければならない。そのためには次のアクションが必要だ。

 

1) スター候補商品の選択

一流メーカーの商品の中から市場シェアの少ない商品を探し出す。お客もパッケージを見たときに一流メーカーの名前があれば安心する。メーカーとしても何とか一人前の商品に育て上げたいので、彼らの応援を得やすい。

2) 積極的な店頭展開

お客のよく通る主通路沿いやエンド、ゴンドラではゴールデンゾーンの近くや、市場シェアの低い商品のそばに、出来る限りの複数陳列をする。

3) 推奨販売

推奨強化商品として位置づけ、従業員の推奨販売を徹底する。商品の特徴とお客にとっての利点を学び、お客に推奨する。推奨した回数を従業員が自分でマークを付けたり、推奨販売コンテストも行えばより関心を高めることが出来る。

「なら」屋作りを成功させるポイント 

ホールフーズマーケット写真

地元の人々に人気のあるサンフランシスコのローカルスーパーマーケットの店長が次のように語っていたのが印象に残る。「当店は超大手のセーフウエイと商圏が同じだが、彼らと同じ商品で戦っても値段では勝負できない。そのため当社では一流メーカーの市場シェアの低い商品を当社のPBという位置づけでスター商品にしている。これは市場シェアの低い商品なので、大手チェーンが取り扱わない。当店のお客は当店が品揃えする商品を信頼して購入してくれる。また知識レベルが高い場所なので、他店が扱っていない商品を求めたがる傾向もある。」


オーガニック商品イメージ写真

1980年に設立されたホールフーズマーケットの急成長の源は、厳しい品質基準を作り顧客の理解と信頼を得たことだ。そのために店頭には次のような文言(一部紹介)がボードに掲示されている。「我々はナチュラル及びオーガニック商品を品揃えする。防腐剤や着色料などを使って人工的に加工したものよりも、自然の状態で食べた方が味もよく、栄養もある。」「我々は防腐剤や人口着色料、人口甘味料などを一切使用しない食品を取り扱う。」「我々は新鮮で安全な食品を提供する。」「我々は味の良い食品、健康や幸せに貢献する食物を提供する。」同社のデビッド店長は、どんなに市場シェアの高い商品でも、当社の品質基準に合わない商品は扱わないと述べていた。なら屋を作るには、売れるものを売るのでなく、まず当社の基準に合った商品しか売らないという強烈なこだわりが必要だ。

 
 
※当コンテンツに掲載されている記事、写真等の著作権は、全研本社 健康美容事業部またはドラッグストア研究会に帰属します。ユーザーは、これら(一部あるいは全部を問わず)を複製、公開、送信、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、使用許諾、転載、再利用しないことに同意するものとします。

プロフィール

ドラッグストア研究会松村清会長
ドラッグストア研究会
松村 清 会長 (まつむら きよし)
 

Excell-Kドラッグストア研究会(http://www.drugstore-kenkyukai.co.jp/)、Excell-K薬剤師セミナー、及びExcell-Kコンサルティンググループを率いる流通コンサルティング会社Excell-K(株)ドムス・インターナショナルの代表者。小売業、卸店、メーカーに対するコンサルテーションをはじめ、講演、執筆、流通視察セミナーのコーディネーターとして活躍。特にドラッグストア開発、ロイヤルカスタマー作り、シニアマーケティングのための実務と理論に精通し、指導と研究では第一人者。年間半年を米国で生活し、消費者の目・プロの目を通して最新且つ正確な情報を提供しながら、国内外における視察・セミナー・講演を精力的にこなす。

日本コカ・コーラ(株)、ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)を経て独立('90)。慶応義塾大学卒(法学)、ミズリ―バレーカレッジ卒(経済)、サンタクララ大学院卒(MBA)。東京都出身。

CVS

■全米No.1のドラッグストア ウォルグリーン

主な書籍
ウォルグリーン―世界No.1のドラッグストア
ウォルグリーン―世界No.1のドラッグストア
松村 清 著
商業界 版
単行本
ページ 295P
サイズ 四六判
 
シニアカスタマー―中高年に好かれる企業が市場を制する!
シニアカスタマー―中高年に好かれる企業が市場を制する!
松村 清 著
商業界 版
単行本
ページ 212P
サイズ 四六判
 
サービスの心理学―心に染みるエピソード集
サービスの心理学―心に染みるエピソード集
松村 清 著
商業界 版
単行本
ページ 239P
サイズ 四六判
 
目からウロコ 販売心理学93の法則
目からウロコ 販売心理学93の法則
松村 清 著
商業界 版
単行本
ページ 247P
サイズ A5ソフトカバー
 
・「ニューシニア(50歳以上)をつかまえろ!!
・「 売上げと利益を運ぶロイヤルカスタマー
・「最強のドラッグストア ウォルグリーン
・「 米国ドラッグストア研究
(以上、商業界刊)。

バックナンバー

第25回 体の衰えとエイジフレンドリーな対応

第24回 心のつながり(ハイタッチ)

第23回 「ドラッグストア業態争奪戦」(Part供

第22回 「ドラッグストア業態争奪戦」(Part機

第21回 お客の欲求段階により大きく変化する品揃え

第20回 繁盛店はユニバーサルデザインとソフトのバリアフリーの両方を提供

第19回 シニアはわがままを聞いてくれる店が好きだ

第18回 シニアはシニアと呼ばれるのを嫌う

第17回 返報性の法則が大きく働く高齢社会

第16回 ロイヤルカスタマー作りはホスピタルティーがカギ

第15回 お客様は愚かな買い物を嫌う、賢い買い物をしたい

第14回 POPはサイレントセールスマン

第13回 “Rich Enjoy Discount, Poor Need Discount”

第12回 お客様は誰でもお得な買い物をしたい

第11回 価格に対する消費者心理の摩訶不思議

第10回 ゴンドラエンドは売り場の華

第9回 お客様に好かれる陳列の工夫

第8回 顧客の信頼を獲得するなら屋作り

第7回 有効なマーケティング手法になる音と香り

第6回 ゴールデンエイジ攻略の鉄則

第5回 少子高齢化のマーケティング

第4回 非計画購買が店舗に売上げ・利益をもたらす

第3回 ウォルグリーンが激しい異業態間競合を生き残れた理由 Part

第2回 ウォルグリーンが激しい異業態間競合を生き残れた理由 Part

第1回 心理学を利用した利益を上げるレイアウト

お問い合わせ
健康美容EXPO:TOP > ドラッグストア研究会 松村 清 最新USレポート 第8回
ページの先頭へ
 
■注目カテゴリ
スキンケア  男性化粧品(メンズコスメ)  サプリメント  機能性成分  エステ機器  介護食品  基礎化粧品  青ミカン(青みかん)  青汁(トクホ)  アガリクス  コエンザイム  コラーゲン  ダイエット  エステ・サロン・スパ向け  大麦若葉  アルファリポ酸(αリポ酸)  ピクノジェノール  黒酢  特定保健用食品(トクホ)  医療機器(ゲルマニウム)  炭酸泉  プロテイン  ブルーベリー  豆乳  寒天  車椅子  仕入れ 
■注目コンテンツ
決済代行  印刷  健康食品の製造(受託製造)  化粧品  肉体疲労の対策  肌のたるみ!そのメカニズムを解明  健康食品の機器設備  健康美容EXPOニュース  冬の乾燥肌対策

健康食品自然食品健康用品・器具美容ハーブ・アロマ団体・学会介護・福祉ビジネス商材

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2016 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.