化粧品のネーミングを考える

2006年も終焉を迎え、新しい年がやってきます。
「初笑い」など、お正月の特番がテレビ欄を飾っていますが、今回は、笑いの効用を検証してみましょう。

人が怒るとき、次第に声が大きくなります。
自分が発する声に刺激されて、怒りが増長した経験はありませんか?
人は悲しいとき、泣いたりもします。
涙がポタリと落ちるのを感じて、余計に悲しい気持ちになったことはありませんか?

 



私たちは感情や体調など、自分の内的な要因が表情や仕種、行動などに現れることを体験的に知っています。 そして、表情や仕種、行動など、外的な要因が、感情や体調の変化を誘発することを、経験として知っています。 例えば、ちょっと調子が悪いなぁ、と計った体温計の、38度の数字を見た途端、も う駄目だ・・・とぐったりしてしまう、とか。

この状態は 「顔面フィードバック」、正しくは「顔面フィードバック効果」と言われるのですが、耳にされたことはありますか?
私たちは嬉しかったり、楽しかったりすると、ニコニコ笑います。
目や耳、鼻、口、皮膚などの感覚器官に入った「嬉しい」「楽しい」という情報が 脳に伝えられ、
脳の指令で顔の筋肉が動き、これで「笑顔」がつくられます。
さらに、この顔の筋肉の動きは、再び脳に伝達され嬉しい感情が増幅されます。
脳からの情報で筋肉が動かされ、筋肉の動きが再び脳を刺激して・・・・これが繰り返されると、
どちらが始めで終わりなのか、入り口と出口はどちらなのか、・・・・・と言う状態になるわけです。
つまり、楽しくないけれど、とりあえず「笑顔」を作ったり、
声を立てて笑ってみることにより、本当に嬉しい!楽しい!気持ちになってくるのです。
これをが研究者の間で「顔面フィードバック効果」と呼ばれており、
「笑い」によって心身がリラックスし、免疫力 が高まるのだそうです。

脳と表情筋の場合、両者をつなぐのは神経。
恋をするときれいになる・・・きれいになると恋心が芽生える(?)これをつないでいるのは何でしょうか?
お化粧をすると、気合いが入る・・・気合を入れるためにお化粧をする。これをつな いでいるのは何でしょうか?
なんとなく「ホルモン」や「神経」というリアルな言葉だけでは
説明しきれない「何か」があってほしい気がします。
鏡を覗いてお化粧をして、きれいになる、
魔法のような、魔術のような・・・・・まやかしのような・・・・・。

蛇足ですが、超一流のアスリート達の表情にも是非注目してみてください。
顔面フィードバックをフル活用しているはずです。
穏やかな笑顔で競技に望むことにより、全身がリラックスして筋肉の持つ能力を最大限に発揮する・・・・・・・。
選手のイメージ向上にもつながり、ヒーローになる。

「笑う角には福来たる」
屈託のない微笑みは、本人ばかりか、周りの気持ちも明るくします。
古人の言うとおり、笑顔の持つ効果は、絶大なようです。



このコーナーへのお問い合わせ、化粧品の製造(OEM)に関するお問い合わせはコチラから
東洋ビューティ

コンテンツ

化粧品のできるまで

1. ブランド・コンセプト策定

2. ネーミングの決定

3. 販売チャネル策定

4. 商品ラインの選別・決定

5. 薬事法の概要

6. 容器・パッケージデザイン決定

7. 宣伝・広告・教育

8. OEMの活用

選ばれる化粧品を作るとは

1. はじめに

2. 化粧をする心理

3. スキンケアの方向性

4. 対象は身体全般

5. ビジネスとしての化粧品市場

6. ターゲットのライフスタイルを明確に定着する

7. 利益を生む化粧品ビジネスは
OEMを使いきれ

8. 費用をかけずにPRする

9. インターネット活用は急務

10. 生活者心理をつかむ接客

11. 新たなチャネルを探る

美容ライターのひとりごと

1. 化粧品のネーミングを考える

2. 魅せる力

3. LOHAS志向を軸にした、商品
開発を考える

4. 笑う門には…?!

5. シーンを切り取る力

健康食品自然食品健康用品・器具美容ハーブ・アロマ団体・学会介護・福祉ビジネス商材

ホーム  |   プレスリリース  |   サイトマップ  |   全研本社 会社概要  |   ヘルプ
利用規約  |   プライバシーポリシー  |   お問合わせ  |   プレスリリース・ニュース受付

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に

Copyright© 2005-2016 健康美容EXPO(健康美容エキスポ) [全研本社(株)] All Rights Reserved.