植物成分なら「GK2(グリチルリチン酸ジカリウム)」:丸善製薬株式会社(薬粧部)【健康美容EXPO】

健康美容EXPO:TOP > 美容・化粧品 > 原料 > 配合成分 > 植物成分 > GK2(グリチルリチン酸ジカリウム)

健康美容業界最大の企業と企業を結ぶBtoBビジネスマッチングサイト キーワード検索

丸善製薬株式会社(薬粧部)
原材料名 : GK2(グリチルリチン酸ジカリウム)
形状 : 粉末

検討中フォルダに入れる

GK2が様々な肌トラブルの原因を根本から抑えることで、強く、美しい肌の土台を作ります。

GK2(グリチルリチン酸ジカリウム)

グリチルリチン酸(GA)は、甘草の根に微量含まれるトリテルペン配糖体で、甘草の有効性の中心となる成分です。このGAにカリウムを付加し、水溶性を高めた成分が“GK2” グリチルリチン酸ジカリウムです。GA及びその誘導体の薬理作用に関しては、世界中で膨大な研究結果が報告されています。

20世紀前半から、その有効性に関する応用研究が繰り返され、肝機能改善による解毒作用、抗潰瘍作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用などが臨床的に確認されました。また、その高い抗炎症作用と安全性は皮膚科領域においても注目され、20世紀中頃から様々な臨床応用がなされ、それに伴いスキンケア製品への配合も拡大しました。

現在、医薬品有効成分の化粧品への使用は原則禁止されていますが、GK2は化粧品の「事前承認制度」廃止以前から化粧品に配合されていた成分として、特例的にその使用が認められています。医薬部外品としては、抗炎症作用により肌荒れを防ぐ有効成分として幅広い製剤に配合され、現在市場で最も汎用されている成分の一つとなっています。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ 甘草の世界史~4000年の歴史を持つ“生薬の王”~
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ユーラシア大陸のシルクロードに広く分布する甘草は、世界中で薬草として利用されてきました。

【 日本における甘草 】
・奈良時代の文化財が多数収蔵されている東大寺・正倉院に、生薬としての甘草が保存されています。
・江戸時代には幕府の小石川御薬園や甘草屋敷(現山梨県甲州市)で栽培されていました。
・GAは砂糖の約250倍の甘味を持つため、甘味料としても用いられています。
・GAとその誘導体は外用薬、注射薬、点眼薬など医療用途にも広く利用されます。漢方ではいわゆる「一般用漢方294処方」の約70%に甘草が配合されます。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ 炎症を抑える スキンケアの最も大切なアプローチ
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【抗炎症有効成分“GK2”が、肌の土台を整える】
皮膚の最も大切な役割は、外部刺激から体内を守り、水分減少を防ぐバリア機能です。このバリア機能の維持に極めて重要なのが、皮膚の最表面に存在する、厚さ0.02mmの角層です。しかし、日常生活で受けるUVなどの外的刺激により皮膚内部で慢性的な炎症状態が発生し、ダメージが蓄積すると、正常な角層を維持する機能が損なわれ、肌荒れ状態が惹起されます。炎症を抑え、角層とバリア機能を強く保つことは、毎日のスキンケアの最も重要なテーマです。GK2が様々な肌トラブルの原因を根本から抑えることで、強く、美しい肌の土台を作ります。

【GK2で肌の土台を整え、強く美しい肌に】
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
・キメが整い、うるおった透明感のある印象に
・美白やエイジングケアなどの美容成分が効きやすい肌に
・敏感肌症状の改善など

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ 安定性情報
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【 安定で、処方への影響が少ない、水溶性成分 】
GK2は白色~微黄色の結晶性粉末で、においもなく、水に澄明に溶解します。pH、熱に対する安定性も高く、剤型を問わずご検討いただけるハンドリングの良さも、その魅力の一つです。

【 化粧品製造時に想定される短時間の熱、pH変化への耐性 】
0.1%GK2水溶液は、弱酸性から弱アルカリ性条件(pH5.5~9.0)での熱負荷(80℃・24h)に対し、性状、含量ともに安定です。また一時的に酸性、アルカリ性条件に曝されても、弱酸性から中性域に再調整することで、熱負荷に対する安定性を保ちます。(pH3.0、12.0で24h保管⇒中性に調整⇒80℃・24hの熱負荷にて確認)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ 商品情報
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
・商品名: 外原規グリチルリチン酸ジカリウム
・基原植物: 甘草(カンゾウ)
・科名: マメ科
・使用部位: 根
・INCI名: Dipotassium Glycyrrhizate
・化粧品表示名称: グリチルリチン酸2K
・医薬部外品表示名称: グリチルリチン酸ジカリウム(又はグリチルリチン酸2K)

◎ ECOCERT/COSMOS 化粧品原料登録あり。
◎ 医薬部外品の薬用スキンケア製品やシャンプー、育毛剤、歯みがきなどの有効成分としてもご利用いただけます。詳しくは営業員にお問い合わせください

 
白色~微黄色の結晶性粉末で、においもなく、水に澄明に溶解します。

▲白色~微黄色の結晶性粉末で、においもなく、水に澄明に溶解します。

甘草の根に含まれるグリチルリチン酸を加水分解して抽出します。

▲甘草の根に含まれるグリチルリチン酸を加水分解して抽出します。

違いを実感するスキンケア製品を作りませんか?

▲違いを実感するスキンケア製品を作りませんか?

 
■ 丸善製薬株式会社(薬粧部)  様に直接お問い合わせすることができます。(お問い合わせ無料)

出展者様への商材のお問い合わせは、健康産業関係者様向けの機能です。一般消費者の方はご遠慮ください。
また、自社商品のPRや営業メール等は固くお断りいたします。

企業名
全研本社株式会社
電話番号
※必須
03-1234-5678
連絡の取れる電話番号
090-1234-5678
部署名
健康美容事業部
担当者名
※必須
全研 太郎
メールアドレス
※必須
example@e-expo.net
メッセージ
※必須

全角0文字(全角1000文字まで)

上記の内容でよろしければ「確認」ボタンを押してください。

会社概要
会社名
丸善製薬株式会社(薬粧部)
住所
〒722-0062
広島県尾道市向東町14703-10
代表者名
日暮 泰広
設立年月
1949年7月
資本金
9,800万円
従業員数
417名
事業内容
医薬品、医薬品用素材抽出物、医薬部外品用素材抽出物、化粧品用素材抽出物、食品添加物、食品、食品用素材抽出物、健康食品、健康食品用素材抽出物の製造販売
事業所
【本社・本社工場】
〒722‐0062
広島県尾道市向東町14703-10
【新尾道工場】
〒722‐0212
広島県尾道市美ノ郷町本郷字新本郷1-140
【三次工場】
〒728-0017
広島県三次市南畑敷町870-32
【総合研究所】
〒729-3102
広島県福山市新市町相方1089-8
【食品営業部】
〒150‐0021
東京都渋谷区恵比寿西2-6-7
〒541‐0045
大阪市中央区道修町2-6-6 塩野日生ビル6階
【薬粧営業部】
〒150‐0021
東京都渋谷区恵比寿西2-6-7
〒541‐0045
大阪市中央区道修町2-6-6 塩野日生ビル6階
【海外営業部】
〒541-0045
大阪市中央区道修町2-6-6 塩野日生ビル6階
ホームページ
http://www.maruzenpcy.co.jp/
健康美容EXPO:TOP > 美容・化粧品 > 原料 > 配合成分 > 植物成分 > GK2(グリチルリチン酸ジカリウム)
■注目カテゴリ・コンテンツ
スキンケア  男性化粧品(メンズコスメ)  サプリメント  機能性成分  エステ機器  介護食品  基礎化粧品  青ミカン(青みかん)  青汁(トクホ)  アガリクス  コエンザイム  コラーゲン  ダイエット  エステ・サロン・スパ向け  大麦若葉  アルファリポ酸(αリポ酸)  ピクノジェノール  黒酢  特定保健用食品(トクホ)  医療機器(ゲルマニウム)  炭酸泉  プロテイン  ブルーベリー  豆乳  寒天  車椅子 
■注目カテゴリ・コンテンツ
決済代行  印刷  健康食品の製造(受託製造)  化粧品  健康食品の原料  美容・化粧品の製造  健康食品の機器設備 

健康食品自然食品健康用品・器具美容ハーブ・アロマ団体・学会介護・福祉ビジネス商材

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2020 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.