肌フローラを整える 塗る乳酸菌 ラ・フローラ EC-12(エンテロコッカスフェカリス)

健康美容EXPO
健康美容EXPO:TOP > 原料特集 > 塗る乳酸菌 ラ・フローラEC-12 (エンテロコッカスフェカリス)
肌フローラを整える 塗る乳酸菌 ラ・フローラEC-12(La Flora EC-12)エンテロコッカスフェカリス)

「ラ・フローラEC12」は、食品用途のEC-12(コンビ社製)を化粧品原料として一丸ファルコスが開発した乳酸菌原料だ。皮膚常在菌を整える、という新しいアプローチで肌に潤いを生み出す同素材は、早くも末端製品が登場するなど、次世代型の乳酸菌化粧品素材として注目を集めている。

肌フローラ(皮膚常在菌)に働きかける独自の美肌創造メカニズム

肌フローラを整える「ラ・フローラEC-12」

健康素材として知られる乳酸菌は、腸を調えることで体の機能を改善へ導くことが知られている。一方、「ラ・フローラ EC-12」は、顔に塗ることで、その機能を発揮する。まさに“塗る乳酸菌”といえるが、注目はそのメカニズムだ。

大きな特長は、塗布することで直接肌へ働きかけるのではない点だ。同素材が、働きかけるのは、皮膚に1兆匹生息するといわれる常在菌。腸内フローラに働きかける乳酸菌のまさに“肌版”といえる作用で、同素材は肌状態を調え、美肌へと導く。

 
うるおい産み出す乳酸菌 ラ・フローラEC-12(La Flora EC-12)
 
肌フローラの実験データ
表皮ブドウ球菌の加齢による減少

表皮ブドウ球菌は、皮膚常在菌の中の善玉菌の一種で、善玉菌として活躍する。皮脂を分解し、グリセリンと酸性物質をつくることから「うるおい菌」とも呼ばれる。人によってその割合は異なるが、加齢により減少することが、同社の研究で分かっている。

年齢と皮膚常在菌

実験は34人の、美肌と思われる女性を対象に行われ、年齢別に表皮常在菌を採取。表皮ブドウ球菌、またはアクネ菌を培養しそのコロニー数を調べた。その結果、表皮ブドウ球菌は加齢により減少し、20歳差では10分の1にまで減少することが確認された。

ラ・フローラEC-12(La Flora EC-12)の表皮ブドウ球菌の増殖

さらにラ・フローラEC-12がヒト由来の表皮ブドウ球菌を増殖することもIn vitroで確認されている。同様にラ・フローラEC-12が濃度依存的にヒト由来表皮ブドウ球菌からのグリセリン産生を促すことも分かっている。

ラ・フローラEC-12(La Flora EC-12)  In vitro試験
ラ・フローラEC-12(La Flora EC-12)の人有効性試験

ヒトでの有効性試験も行なわれている(男性20人を対象に二重盲検プラセボ比較試験)。
その結果、表皮ブドウ球菌数の変化、バリア機能の改善、およびアンケート調査において、その改善が認められた。

ラ・フローラEC-12(La Flora EC-12)クリームまたはプラセボクリーム
ラ・フローラEC-12(La Flora EC-12)の肌フローラの多様性

ヒト試験ではさらに、塗る乳酸菌による皮膚常在菌のバランス変化も確認している。その結果、2週間の塗布により、皮膚常在菌の偏りが改善され、肌フローラの多様性が高まることが分かった。まさに腸内同様の作用が皮膚上でも起こり、肌状態の改善につながっていることを示す結果で、ラ・フローラEC-12が文字通り“塗る乳酸菌”と呼ぶにふさわしいことが証明されている。

肌フローラの多様性
 
ラ・フローラEC-12(加熱処理乳酸菌)の良いところ

育菌・菌活に適した化粧品への応用で拡がる可能性

化粧品素材「ラ・フローラEC-12」

食品用として一定の地位を確立しているEC-12を同社が化粧品用途として開発した同素材。加熱処理タイプの乳酸菌を使用しており、安定性が高く、化粧品原料としての多様な展開が期待される。すでに菌活や育菌といったワードも美容感度の高い女性の間では浸透しており、まさにそのニーズに合致した製品展開に対応出来るだけに、今後の展開が大いに注目される。

 
肌フローラを整える「ラ・フローラEC-12」トピックス
育菌&菌活

腸内環境を整えるために体に良い善玉菌やその餌となる菌を取り入れ、健康になろう、というのが“菌活”。その皮膚版といえるのが、“育菌”。肌状態を左右する皮膚常在菌を健康に保つために善玉菌やその餌となる成分を活用し、美肌を目指すアプローチで昨今の美容界のトレンド。

善玉菌
ラ・フローラEC-12(高密度濃縮殺菌乳酸菌)

乳酸菌entercoccus faecalisの菌体。加熱殺菌処理を施した高密度濃縮殺菌乳酸菌EC-12(食品原料)には腸内細菌バランスの改善作用が認められている。ラ・フローラEC-12は、その機能性に着目した一丸ファルコスが、化粧品使用に開発した。

一丸ファルコスが、化粧品仕様に独自開発
肌フローラを整える「ラ・フローラEC-12」の端末製品

化粧品原料のニューフェイスながら早くも末端製品が登場している。リップケア製品とクリームなどが配合化粧品として発売され、ヒット商品となっている。異例の速さでの製品化は、それだけ原料としての訴求力の高さが評価されたからであり、同原料のポテンシャルの高さが別の形で証明されたといえる。

コンビ ナナローブ

コンビ
ナナローブ

一丸ファルコス株式会社 概要

【一丸ファルコス株式会社】

≪事業内容≫
化粧品原料、健康食品原料および 医薬部外品原料の研究開発、製造、 販売ならびに輸出入 http://www.ichimaru.co.jp/

≪所在地≫
■本社・研究所
〒501-0475
岐阜県本巣市浅木 318番地1
TEL : 058-320-1030
FAX : 058-320-1041 gifu@ichimaru.co.jp

■東京営業所
〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町3丁目 10番1号 かしきち人形町ビル4階
TEL : 03-3663-4447
FAX : 03-3663-4448

■大阪営業所
〒541-0044
大阪府大阪市中央区伏見町2丁目3番7号 大拓ビル14 6階
TEL : 06-4706-3885
FAX : 06-4706-3886

肌フローラを整える「ラ・フローラEC-12」のお問い合わせはコチラ
 
コンビ(株)ファンクショナルフーズ事業部開発技術グループ主査牧岡祐子氏
コンビ(株)ファンクショナルフーズ事業部開発技術グループ主査牧岡祐子氏
肌フローラという考え方がブレイクスルーに

食品用途のEC-12®が発売した当時(16年前)は、乳酸菌=ヨーグルトというのが一般的なイメージで、発酵を起こさない死菌では効果がないと考えられていました。そうした時代を経て、乳酸菌の死菌体に健康効果があることが明らかになってきましたが、まだまだ消費者への認知度は低いものでした。ですから、最初に一丸ファルコス(株)様からお話をいただいた時には、乳酸菌の培養液を発酵エキス等に利用するのかと思っていました。よくよくお話を伺うと、乳酸菌の死菌体であるEC-12®を化粧品原料にしたいという依頼でしたので、その斬新なアイデアに驚きました。口から摂取されたEC-12®が腸内細菌叢に作用するメカニズムはまだまだ研究中ですが、一丸ファルコス(株)様では皮膚常在菌叢の中で特に表皮ブドウ球菌の働きに着目したことがブレイクスルーにつながったと考えます。表皮ブドウ球菌が加齢に伴い減少するという着眼点も素晴らしいですね。タイミング的にも2016年末ごろから食品でも乳酸菌の注目度が高まっており、いい流れがきているのではないでしょうか。化粧品用途にするにあたっては、特別製法でアレルゲンを除去しており、食品用に比べて純度が高くなっています。乳酸菌のチカラの新たな可能性を示すラ・フローラEC-12。体に負荷をかけずに美しさを導く、塗っておけば安心できる製品に育っていくことに期待しています。

 
 
一丸ファルコス株式会社
■東京営業所
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町3丁目10番1号
かしきち人形町ビル4階
URL : http://www.ichimaru.co.jp/
肌フローラを整える「ラ・フローラEC-12」のお問い合わせはコチラ
健康美容EXPO:TOP > 原料特集 > 塗る乳酸菌 ラ・フローラEC-12 (エンテロコッカスフェカリス)

■注目カテゴリ

健康食品  健康食品 原料  美容・化粧品 スキンケア  サプリメント  機能性成分  容器・パッケージ  健康食品 製造  健康食品 機器・設備  試験・分析  基礎化粧品  プラセンタ  業務用エステ機器  薬事法  特定保健用食品(トクホ)   化粧品 OEM  炭酸泉  介護衛生用品・消耗品  ネイル  スキンケア  医薬部外品  食品添加物  エステ化粧品  展示会

■オリジナルコンテンツ

特集一覧  冷え症改善素材  オリゴ乳酸(ラック)  Maca  医薬部外品 製造  Tie2 素材  小ロット  抗肥満素材  システマティックレビュー  アフリカマンゴノキ  機能性乳原料  機能性関与成分一覧表  便通改善 素材    機能性表示食品制度[機能性表示対応素材]  睡眠改善素材  スーパーフード(superfoods)  マカ  ローヤルゼリー  ビーポーレン  知的財産権×商品開発