アフリカマンゴノキ(アフリカンマンゴノキ)なら「アフリカマンゴノキエキス IGOB131TM」:株式会社龍泉堂【健康美容EXPO】

健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 原料 > あ行 > アフリカマンゴノキ(アフリカンマンゴノキ) > アフリカマンゴノキエキス IGOB131TM

健康美容業界最大の企業と企業を結ぶBtoBビジネスマッチングサイト キーワード検索

株式会社龍泉堂
原材料名 : アフリカマンゴノキエキス IGOB131TM
形状 : 粉状

検討中フォルダに入れる

アフリカンマンゴーの種子を乾燥・抽出・粉末化した新規機能性素材。
食欲抑制の新規素材が日本上陸。

アフリカマンゴノキエキス IGOB131TM

アフリカマンゴノキエキス IGOB131TMは、
アフリカンマンゴーの種子を乾燥・抽出・粉末化した新規機能性素材。

アフリカマンゴノキ(学名:Irvingia gabonensis、英名:African Mango/アフリカンマンゴー)はアフリカマンゴノキ属ニガキ科の常緑高木であり、主に中央〜西アフリカやインドなどの熱帯の湿った地域、低木の集まる森で自然に生育してます。アフリカマンゴノキは、緑色〜黄色のマンゴーのような果実をつけ、その果実や種子は食用として用いられています。

アフリカ各地では体重を減少させる薬草として古くから使用されていたほか、とくに中央〜西アフリカの採集狩猟民族では、過剰な食欲を自然に抑制する食材として利用しています。また、アフリカマンゴノキの種子あるいはエキスは、スープのトロミや味付け、お菓子、食用油脂などの食品原料として常用されています。

さらに、アメリカでは種子から抽出した濃縮エキスを栄養補助食品の原材料として利用されています。近年の研究によって、アフリカマンゴノキの種子エキスには、ウエイトロス(体重減少)やメタボリックシンドロームに効果のあることが分かってきました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【1】 食欲抑制、体重管理 ( ウエイトコントロール )
カロリー摂取を止めることを脳に伝えるホルモン(食欲抑制を促すホルモン)と知られているレプチンと脂肪細胞の肥大によって多く分泌されるC-リアクティブ・プロテインが結合すると、レプチンが脳に到着できなくなり食欲抑制の指示(働き)が出せなくなります(これをレプチン抵抗性といい、血中レプチン濃度が高くなる)。とくに肥満の方は、レプチン抵抗性によって食欲コントロールの働きが鈍っている方が多いが、アディポネクチンの分泌が増加すると、レプチンの働きがしっかりと脳に伝えることができるようになり、食欲抑制および体重管理が可能となります(レプチン抵抗性の改善)。

【2】 抗メタボリックシンドローム ( アディポネクチンの増加 )
脂肪細胞の肥大と深い関係があることで知られているアディポネクチンは、脂肪細胞から分泌される生理活性物質で、善玉ホルモンとも呼ばれています。アディポネクチンは標準的な大きさの脂肪細胞では多く分泌されますが、肥大した脂肪細胞では分泌しなくなります。
また、アディポネクチンはインスリンの働きを良くするので、血糖値が下がりやすくなり糖尿病の予防・改善に効果があります。また、筋肉や肝臓の脂肪代謝を良くする作用があり、中性脂肪を低下させます。さらに、血管拡張作用のあることから高血圧、動脈硬化を改善し、心筋梗塞や脳梗塞の予防・改善効果があります。

【3】 脂肪の合成抑制 ( グリセロール-3-リン酸脱水素酵素の阻害 )
脂肪細胞内で血糖分を中性脂肪に変換し、蓄積する働きがある酵素として知られているグリセロール-3-リン酸脱水素酵素(GPDH)は、その濃度が上昇すると中性脂肪の合成が促進すます。アフリカマンゴノキエキスには、GPDHを阻害する働きがあり、血糖分を中性脂肪に変換されるのを抑制します。

【4】 炭水化物の吸収抑制 ( アミラーゼの阻害 )
炭水化物が吸収されるには、消化酵素のアミラーゼによって分解される必要があります。アフリカマンゴノキエキスには、アミラーゼを阻害する働きがあるため、デンプンが糖に分解されず、体内に吸収される糖の量が減少します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【 商品カテゴリ例 】
美容・ダイエット補助食品、抗メタボリックシンドローム食品、菓子類、スープ、お茶 等

【 1日の摂取目安量 】
300mg/日

【 製品規格 】
性状/粉末、色調/オフホワイト〜淡茶色、香調/特有の風味、溶解性/水にわずかに溶解、乾燥減量/8.0%以下、アルブミン/7%以上

【主要ターゲット】
◎食欲を抑えたい方 ・甘いもの、炭水化物が好きな方 ・メタボ対策が必要な方
◎食事や運動に気を付けているが、年齢とともに体重管理が上手くいかない方

【マーケット状況】
アメリカでは近年、代替食品や食物繊維などのダイエット商品では大量摂取することが多い中、アフリカマンゴノキエキス配合商品は少量摂取(1日当たり2カプセル)で効果を実感(体感)できることから、アメリカのダイエット市場において急速に販売量を増やしています。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 
生産国(地)または原産国 主に中央・西アフリカやインドなどの熱帯の湿った地域
関連リンク http://www.ryusendo.co.jp/
■ 株式会社龍泉堂  様に直接お問い合わせすることができます。(お問い合わせ無料)

出展者様への商材のお問い合わせは、健康産業関係者様向けの機能です。一般消費者の方はご遠慮ください。
また、自社商品のPRや営業メール等は固くお断りいたします。

企業名
全研本社株式会社
電話番号
※必須
03-1234-5678
連絡の取れる電話番号
090-1234-5678
部署名
健康美容事業部
担当者名
※必須
全研 太郎
メールアドレス
※必須
example@e-expo.net
メッセージ
※必須

全角0文字(全角1000文字まで)

上記の内容でよろしければ「確認」ボタンを押してください。

注目の原料特集

アフリカマンゴノキ 原料

ダイエット・抗メタボ対応
新素材 アフリカマンゴノキ

ダイエット先進国・米国で年間250万個も売れているダイエットサプリの主要成分として、にわかに注目を集めている機能性原料が日本に初上陸する。「アフリカマンゴノキ」・・・

会社概要
会社名
株式会社龍泉堂
住所
〒171-0021
東京都豊島区西池袋1-5-3
代表者名
塩島 由晃
設立年月
1981年9月
資本金
2,400万円
事業内容
栄養補助食品の製造・卸・販売
栄養補助食品・化粧品の原料の輸出入
健康図書の販売
事業所
ホームページ
http://www.ryusendo.co.jp/
健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 原料 > あ行 > アフリカマンゴノキ(アフリカンマンゴノキ) > アフリカマンゴノキエキス IGOB131TM
■注目カテゴリ・コンテンツ
スキンケア  男性化粧品(メンズコスメ)  サプリメント  機能性成分  エステ機器  介護食品  基礎化粧品  青ミカン(青みかん)  青汁(トクホ)  アガリクス  コエンザイム  コラーゲン  ダイエット  エステ・サロン・スパ向け  大麦若葉  アルファリポ酸(αリポ酸)  ピクノジェノール  黒酢  特定保健用食品(トクホ)  医療機器(ゲルマニウム)  炭酸泉  プロテイン  ブルーベリー  豆乳  寒天  車椅子 
■注目カテゴリ・コンテンツ
決済代行  印刷  健康食品の製造(受託製造)  化粧品  健康食品の原料  美容・化粧品の製造  健康食品の機器設備 

健康食品自然食品健康用品・器具美容ハーブ・アロマ団体・学会介護・福祉ビジネス商材

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2014 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.