黒梅なら「黒梅(ウバイ)・ケイケットウ・ウコン混合エキス」:株式会社龍榮総研【健康美容EXPO】

健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 原料 > か行 > 黒梅 > 黒梅(ウバイ)・ケイケットウ・ウコン混合エキス

健康美容業界最大の企業と企業を結ぶBtoBビジネスマッチングサイト キーワード検索

株式会社龍榮総研
原材料名 : 黒梅(ウバイ)・ケイケットウ・ウコン混合エキス
形状 : エキスパウダー

検討中フォルダに入れる

冷え、むくみ、肩凝り、疲労、生理不順、などにアタック!女性の味方「黒梅・ケイケットウ・ウコン混合抽出物」

黒梅(ウバイ)・ケイケットウ・ウコン混合エキス

黒梅は奈良時代に遣隋使として今の中国に渡った小野妹子が日本に持ち帰ったと言われています。その頃は虫くだしの薬でしたが、現在ムメフラールという血流改善のある成分が含まれていることが解り、脚光を浴びるようになりました・・・

平成22年の国民生活基礎調査によると、冷えの自覚を有する者は全体の52%。また年齢とともに冷えの割合は増加傾向にあり、65歳以上の女性だけでも約70%以上に達しました。冷えの原因の多くは血流の悪化です。血流が悪くなると、むくみや肩こり、脱力感、月経不順、足腰の痛みなどの症状があらわれます。

血流が悪くなると、手足の先まである細い毛細血管に必要な栄養素や酵素が行き渡らなくなり、冷えを引き起こします。「冷えは万病のもと」と言われているように身体の不調の原因にもなりえるのです。東洋医学では、冷えは病気を招くサインとして診察されます。

また、卵巣や子宮の血流が低下すると、生殖機能も低下し、不妊症の原因になることもあります。したがって、血流を改善し、体温をあげホルモンバランスを整えていくことが不妊症改善への近道になると言えます。

そこで、和漢では経験的に冷えやむくみ、足腰の痛み、婦人科疾患などの助けになると言われているのが、黒梅・ケイケットウ・ウコンなのです。
(出典:中薬大辞典など)

●黒梅についての考察
黒梅はバラ科のウメの未成熟果実を薫蒸して乾燥したもので、生薬名を烏梅(うばい)と言います。飛鳥時代、かの有名な小野妹子が遣隋使として隋に遊学に行った際に日本に持ち帰ったと言われています。生薬としては風邪、咳、喉の渇き、下血、下痢などに利用されています。黒梅に含まれるムメフラールという成分は、血栓の形成を防ぐとともに毛細血管内を通過しやすくするそうです。更には、組織の酸素供給を増加させ新陳代謝を促す働きもあります。また、ポリフェノールは血流改善作用があるため冷え性の改善に効果的です。

●ケイケットウについての考察
ケイケットウ(鶏血藤)はマメ科のつる性植物の茎を用い、その基原植物はムラサキナツフジなどの植物が用いられています。漢方では造血、血流改善、筋力強化等の効能があり、婦人科疾患では月経不順や無月経、脳や末梢の血管障害で生じた手足の萎縮・無力・しびれ・麻痺などに用いています。

●ウコンについての考察
ショウガ科の植物・ウコンは、お酒のお供にというイメージが強いですが、漢方では古くから婦人科疾患や肩こり、血流を改善させたり、精神神経を安定させたりする生薬として用いています。

●黒梅に含まれる主な成分
◇ムメフラール◇梅ポリフェノール◇クエン酸などの有機酸
●ケイケットウに含まれる主な成分
◇フェノール性成分◇鉄分◇アミノ酸類
●ウコンに含まれる主な成分
◇クルクミン

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■黒梅・ケイケットウ・ウコン混合抽出エキスの特徴■
本品は和漢理論に則り、黒梅・ケイケットウ・ウコンの作用が十二分に発揮できるように混合抽出した水溶性のエキスパウダーです。

■開発製造のこだわり■
◇弊社は対材(たいざい)と呼ばれる配合方法で、独自の混合抽出エキス、あるいは混合滅菌末をご提供しています。
和漢の世界では相乗効果が生まれる素材の組み合わせを対薬(たいやく)あるいは相須(そうす)と呼んでいます。これは経験的に知り得た素材の最適な配合方法です。使用目的が食品用ですので、弊社では対材と呼んでいます。

但し、抽出エキスの場合は、たとえ相乗効果が得られる組み合わせであっても、各々単品抽出したエキスを配合するだけでは対材としての効果は期待できません。各素材を混合して抽出することにより対材としての真価が発揮できるのです。恐らく抽出釜の中でそれぞれの素材の成分が化学変化を起こすことで、更なる作用が生まれるのでしょう。

本品も対材を利用した組み合わせです。

■裏付けとしての調査■
取り扱う抽出エキス、あるいは滅菌物の作用や効果を確かめるために、成分の分析や動物実験、簡易臨床調査を行っています。

●本品の調査
◇黒梅エキスの末梢血流に対する影響について
◇黒梅エキスの分析報告書(総ポリフェノール量)
◇黒梅エキス中のクロロゲン酸、p-クマル酸の分析
◇鳥梅(黒梅)中のムメフラールの定量
◇鳥梅(黒梅)中の有効成分の抽出法の検討
◇黒梅抽出物の定量分析
◇黒梅抽出物の生物活性の検討
◇黒梅抽出物の抗糖化活性(HSA)測定試験
◇黒梅・ケイケットウ・ウコン混合抽出物中のムメフラール並びに総ポリフェノール量の検討

■お勧めの配合素材■
ヒハツ、生姜、イチョウ葉、EPA、プラセンタ、大豆イソフラボン、オタネ人参、田七人参、エゾウコギ、ニンニクなど

製品に関するご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ:0422-40-0077

 
■ 株式会社龍榮総研  様に直接お問い合わせすることができます。(お問い合わせ無料)

出展者様への商材のお問い合わせは、健康産業関係者様向けの機能です。一般消費者の方はご遠慮ください。
また、自社商品のPRや営業メール等は固くお断りいたします。

企業名
全研本社株式会社
電話番号
※必須
03-1234-5678
連絡の取れる電話番号
090-1234-5678
部署名
健康美容事業部
担当者名
※必須
全研 太郎
メールアドレス
※必須
example@e-expo.net
メッセージ
※必須

全角0文字(全角1000文字まで)

上記の内容でよろしければ「確認」ボタンを押してください。

会社概要
会社名
株式会社龍榮総研
住所
〒181-0012
東京都三鷹市上連雀2丁目3番12号 高橋ビル3階
代表者名
高橋 龍榮 (本名 龍男)
設立年月
1991年4月
資本金
1,000万円
従業員数
8名
事業内容
栄養補助食品の委託製造、卸、小売
事業所
ホームページ
http://www.ryueisoken.co.jp/
健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 原料 > か行 > 黒梅 > 黒梅(ウバイ)・ケイケットウ・ウコン混合エキス
■注目カテゴリ・コンテンツ
スキンケア  男性化粧品(メンズコスメ)  サプリメント  機能性成分  エステ機器  介護食品  基礎化粧品  青ミカン(青みかん)  青汁(トクホ)  アガリクス  コエンザイム  コラーゲン  ダイエット  エステ・サロン・スパ向け  大麦若葉  アルファリポ酸(αリポ酸)  ピクノジェノール  黒酢  特定保健用食品(トクホ)  医療機器(ゲルマニウム)  炭酸泉  プロテイン  ブルーベリー  豆乳  寒天  車椅子 
■注目カテゴリ・コンテンツ
決済代行  印刷  健康食品の製造(受託製造)  化粧品  健康食品の原料  美容・化粧品の製造  健康食品の機器設備 

健康食品自然食品健康用品・器具美容ハーブ・アロマ団体・学会介護・福祉ビジネス商材

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.