内臓疲労の対策、セルフケアする情報と、賢いサプリメントの利用法  疲労/サプリメントについての健康情報コンテンツ Vol.3【健康美容EXPO】

健康美容EXPO:TOP > 「内臓疲労」をセルフケア! 対策と、賢いサプリメントの利用法

「内臓疲労」をセルフケア! 対策と、賢いサプリメントの利用法

今回取り上げるテーマは「内臓疲労」。この「内臓疲労」は、仕事や家事、育児の忙しさにより規則正しい時間に食事ができなかったり、会社
での人間関係や家庭内でのトラブルなどのストレス発散で暴飲暴食に・・・なんてことも大きな要因です。そんな毎日の中で「内臓疲労」は、
知らずしらずのうちに溜まっていきます。自分の健康は自分で気を使うのが基本。改めてしっかりと食事や生活習慣に気を配り、
サプリメントなど健康補助食品を賢く利用すれば、心も体もすっきりした健康な毎日を過ごせるでしょう。

内臓疲労とは

内臓疲労では、食生活の乱れによって胃腸の機能がダウンします

暴飲暴食によって胃腸の粘膜が損傷することから胃腸の疲れが生じます。すると、胃腸が正常に働かず、食物を消化吸収する機能が低下し、活動に必要なエネルギーをうまく生み出せなくなります。 そのため、エネルギー不足からスタミナ切れとなり、疲れやだるさを感じるだけでなく下痢や便秘といったおなかの不調などが生じるのです。

内臓疲労は免疫力をダウンさせ
不調や病気の原因になる

「疲労」には、さまざまな疲労があります。
■暴飲暴食などによって胃腸が疲れる内臓疲労
■加齢によるものや、活動量が多いがための肉体疲労
■ストレスによる精神疲労
このような疲労は免疫力低下で引き起こされる症状なのです。 この「疲れ」は、放置しておくと、さまざまな不調を引き起こし、病気の引き金にもなりかねないということです。 免疫力低下のサインともなる疲れを解消するには、どんな疲れであれ体と心を休めることが大前提になります。 生活習慣をできることから改めて、体と心を休めることで疲労は回復へと向かいます。 特に日々の体を動かすパワーの源となる食生活は大切なので、どのように疲れていて、どんな栄養成分を補うかを 知ってとることは、疲労回復への近道です。 また食生活を正すことはもちろんですが、食事だけでは補いきれない栄養素があることは確固たる事実。 そんな時はサプリメントを上手に取り入れるのも賢い方法なのです。日々必要な栄養素やカロリーなど計算して バランスよく食生活を組み立てるのはほぼ不可能であるということなのです。 そもそもサプリメントとは、薬ではなく勘違いをしている人が少なくないのではないでしょうか。サプリメントは薬のように 飲んだから病気にならないというものではなく、日々の食生活で補えない栄養素を補給して病気にならないように 賢く利用する物だと正しい理解が大事なのです。まずは疲れを知り、対策をし、サプリメントを賢く利用し 毎日気持ちよく元気で健康な毎日を手に入れましょう。

「疲れ」から始まる病気へのステップ

疲れ
理由としては、忙しい仕事での不規則な食事時間であることや、暴飲暴食、お酒の飲みすぎなど、食生活の乱れによって、内臓疲労を引き起こします。↓
不調
免疫力にかかわる細菌は皮膚、粘膜、血液、リンパ腺などで働きます。
免疫力の低下により、皮膚にはオデキ、イボなど、
粘膜では風邪や結膜炎、下痢などを引き起こしてしまいます。↓
病気
疲れが長引くことで、免疫力が低下し、不調を感じ始める。
この時期に疲れや不調を解消しないと、病気の原因にもなる。
高脂血症や癌など免疫力低下が要因のひとつです。

あなたの内臓疲労をチェック!

■ あなたの疲れの状態を判断する10の質問

  •  朝は何も食べないし飲まない
  •  忙しいと、つい食事を抜いてしまう
  •  週3回はお酒を飲む
  •  脂っこいものが好き
  •  塩分や糖分の多いものを好んで食べる
  •  外食が多い
  •  夜9時以降に食事をとることが多い
  •  便秘や下痢になることが多い
  •  飲酒した翌日、お酒が残ることや二日酔いになることが多い
  •  飲酒した翌日、昼食を抜くことが多い

※この質問の半分、5つ以上当てはまる方は精神疲労の可能性大}!

内臓疲労による不調症状を見逃さずに!

  • (1) 栄養素が吸収されずエネルギー切れでだるい
  • (2) 胃腸が重くて食事をおいしく食べられない
  • (3) アルコールが胃や腸の粘膜を破壊することで、下痢や嘔吐に

疲労をすっきり解消する3つのケア

  • (1) 糖質をエネルギーに変えるビタミンB群でスタミナアップ
  • (2) ウコンにより胆汁の分泌を活発にし肝臓を強化して消化吸収力を上げる
  • (3) 腸内の善玉菌を増やす乳酸菌で消化吸収活動を正常に戻す

内臓疲労のセルフケア  ウコンで内臓を守り
ビタミンB群でエネルギーを作り出し
「内臓疲労」を回復しましょう

肝臓を守るウコンやエネルギーを作り出すビタミン群を
忘年会続きで暴飲暴食による内臓の機能低下も疲労感の原因。内臓がが疲労すると、 栄養素が疲労すると、栄養素をうまく消化吸収できず、栄養失調の状態に。
すると臓器に負担がかかって疲れを感じます。
特にこの季節の敵はアルコール。肝臓はアルコールを異物ととらえ消毒しようとするため、 一緒にたべものの栄養素も吸収しにくい。 内臓疲労は空腹時に回復します。空腹の状態を意識的に作るか、 アルコールを分解・解毒する肝臓の働きを促進させるウコンで肝臓のダメージを減らすこと。 エネルギーを生み出すビタミンB群の積極的な摂取も大切です。ビタミンB群は、原則的に体内で作れないため、不足すると三大栄養素をエネルギー転換 できなくなり、疲労につながる。食品から摂取してエネルギー変換をスムーズにし、 疲労の改善につなげたい。
食生活を見直す
飲酒前は肝臓を守るウコンをとり、飲酒後は血液粘度が上がるため水や麦茶をたっぷり飲みたい。 食事ではビタミンB群エネルギー産出を促し、ビタミンA・C・Eで代謝機能を上げて 食べ物を消化吸収しやすい体に導いていく。
ライフスタイルを見直す
冬は運動量がおのずと減り、血液循環が悪くなりがち。 そのため疲労物質が排泄されにくく、アルコール消化に時間がかかるため、疲れを感じやすい。ウォーキングなど軽く運動をしたり、ゆっくり風呂に入ることで血液循環をあげるように心がけて。

毎日の食生活では補えない栄養素は
賢くサプリメントを利用して、健康を維持する


内臓疲労をケアするサプリメント
ウコンやビタミンB群の誘導体など、食品からは少量にしかとれない成分を積極的にとるようにしましょう。腸内環境を整える乳酸菌もサプリメントで取り入れたい。

 
※当コンテンツに掲載されている記事、写真等の著作権は、全研本社株式会社 健康美容EXPOに帰属します。ユーザーは、これら(一部あるいは全部を問わず)を複製、公開、送信、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、使用許諾、転載、再利用しないことに同意するものとします。

知っ得豆知識!

疲労の種類

疲労は大きく分けて3種類


疲労とは

疲労(ひろう)とは、痛み、発熱と並んで生体の3大アラームと言われ、身体にとって生命と健康を維持する上で重要な信号のひとつです。健常者における生理的疲労は、精神あるいは身体に負荷を与えた際に作業効率が一過性に低下した状態と定義できます。通常、休息を求める欲求と不快感(いわゆる倦怠感)を伴うことが多いです。病者における疲労(病的疲労)では、悪性腫瘍や糖尿病、慢性疲労症候群のように、負荷の少ない状態でも慢性的な作業効率の低下や倦怠感を認めることもあります。

肉体疲労とは

活動量が多くてスタミナ切れや
肩こりや腰痛など筋疲労を感じる

体が重かったり、だるさを感じる肉体疲労。 加齢に伴う体力の低下とも言えます。以前と同じ運動をしても疲れ方が違うと感じる。 たとえば駅の階段を上るのに最近は息が切れる というのもその表れです。 他の営業職などで活動量が多いための疲れや 同じ姿勢を続けて肩こりになるような筋肉の疲労も このタイプの疲労に該当します。

精神疲労とは

ストレスやプレッシャーによって
心身ともに疲れている状態です。

仕事のプレッシャーや将来への不安、家庭・夫婦のこと、 人間関係など人によって原因はそれぞれさまざまです。 心配ごとが多くて眠りにつけず昼間に睡魔に襲われる、 逆になかなか起きられない、やる気が出ない、 小さなことでイライラするなどの不調に悩まされる事があります。

疲労が溜まると
免疫力は低下

食生活の乱れによって
胃腸の機能がダウンする

細菌やウイルスなどの外敵から自分の体を守る力「免疫力」。日本にも上陸して多くの感染者が出ている 新型インフルエンザもこの免疫がない若い人が多く感染していて、大人でも免疫力が低下している人ほど 感染しやすいのです。 つまり免疫力が低下すると、細菌やウイルスなどの外敵から身を守れなくなり 風邪や不調から始まり、やがて病気を引き起こすことになります。免疫力低下の原因は ・疲労や加齢 ・暴飲暴食、飲酒、食品無添加物、偏食などの食習慣 ・睡眠不足やストレス、喫煙などの生活習慣 ・抗生物質の多用 などさまざまな理由が考えられます。

精神疲労で必要な
栄養素

まずは自分の疲労度を知るために、疲労のタイプをチェックする。精神疲労を起こしていると予想できるのであれば、以下の栄養素を含む食材、サプリメントの摂取をお試しください。

アミノ酸

食材例=肉(赤身)、魚、大豆、ブロッコリー

アミノ酸の成分の中でも、グルタミン、アラニンは特に糖新生を活発にする働きがあり、 アルコールやアセドアルデヒドの代謝を早めてくれるため、肝臓器を助けます。

乳酸菌

食材例=発芽玄米、大豆

食材例=ヨーグルト、キムチ、漬物
胃腸の疲れにより栄養の消化吸収が滞って腸内の腐敗菌が増殖します。 これを乳酸菌が抑えて腸内環境を整え、下痢、便秘などを防ぐのです。

ビタミンB群

食材例=豚肉、魚

糖質をエネルギーに変える補酵素として働きます。 糖質、タンパク質、脂質が分解されエネルギーに変わる 際に必要。不足するとエネルギーは産生されなくなります。

ビタミンA・C・E

食材例=ニンジン・カボチャ

糖質、タンパク質、脂質が体内でエネルギーになるとき、 転換の手助けをする
ビタミンA・C・E。 その際に体内が酸化して老化するのを防いでいます。

サプリメントとは

サプリメント(Supplement)とは、日常の生活・食事で不足する栄養成分を補う目的で摂取される食品で、このうち形状が、錠剤・カプセル状・リキッドタイプなどのもの。米国では、1994年に成立したDSHEA法によってサプリメントは「ハーブ、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養成分を1 種類以上含む栄養補給のための製品」として明確に定義され、形状は錠剤(タブレット)やカプセル、パウダー状、ソフトカプセル、液状など、通常の食べ物の形以外のものとされている。日本ではこの定義はあいまい。サプリメントの製造、受託製造、原料も探せます。

内臓疲労セルフケア
効果的なサプリメント

特に補給したい原料、栄養素。
・アミノ酸
・乳酸菌
・ビタミンB群
・ビタミンA・C・E

 
 
 
健康美容EXPO:TOP > 「内臓疲労」をセルフケア! 対策と、賢いサプリメントの利用法
ページの先頭へ
 
■注目カテゴリ
スキンケア  男性化粧品(メンズコスメ)  サプリメント  機能性成分  エステ機器  介護食品  基礎化粧品  青ミカン(青みかん)  青汁(トクホ)  アガリクス  コエンザイム  コラーゲン  ダイエット  エステ・サロン・スパ向け  大麦若葉  アルファリポ酸(αリポ酸)  ピクノジェノール  黒酢  特定保健用食品(トクホ)  医療機器(ゲルマニウム)  炭酸泉  プロテイン  ブルーベリー  豆乳  寒天  車椅子  仕入れ 
■注目コンテンツ
決済代行  印刷  健康食品の製造(受託製造)  化粧品  肉体疲労の対策  肌のたるみ!そのメカニズムを解明  健康食品の機器設備  健康美容EXPOニュース  冬の乾燥肌対策

健康食品自然食品健康用品・器具美容ハーブ・アロマ団体・学会介護・福祉ビジネス商材

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.