健康食品の自動マイクロ粘度計AMVnなら株式会社アントンパール・ジャパン【健康美容EXPO】

健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 機器・設備 > 自動マイクロ粘度計AMVn

健康美容業界最大の企業と企業を結ぶBtoBビジネスマッチングサイト キーワード検索

株式会社アントンパール・ジャパン
製品名 : 自動マイクロ粘度計AMVn

落球式粘度測定の原理に基づくDN53015とISO12058に準拠した使い易い粘度計です

自動マイクロ粘度計AMVn

【低粘度試料の高精度粘度測定に最適】
測定キャピラリーの傾斜角度が可変、せん断応力とせん断速度の両方の変化を導くことができます。ペルチェ素子による温度制御で高精度な測定を行います。
キャピラリーとボールの組み合わせによって測定システムが決まります。4組のシステムによって全粘度範囲(0.3〜20,000mPAS)をカバーします。150μlの極少量サンプルを測定するシステムも用意しています。

【特徴とメリット】
― 高精度で再現性が高い
― 極めて少量のサンプル(150μl)の測定も可能
― 密閉された測定システムで空気接触なし
― キャピラリーの傾斜角が可変でゼロせん断粘度の自動的な決定が可能
― 単体での制御あるいはPCでの制御が可能(Visiolab)
― オートサンプルチェンジャとの連結可能
― DMA/DSA/Beer Analyzer/RXAとの連結も可能

【品質管理および研究開発部門でのアプリケーション】
― 食品・飲料(ビール、麦汁、牛乳、糖液)
― 化学工業(高分子溶液、溶剤)
― 医薬品業(化粧水、エキス)
― インク
― 生物学的流体
― 洗剤(液体剤、界面活性剤)
― 血漿と血清
― 液晶(LCD)
― バイオテクノロジー(タンパク質溶液)

 
関連リンク http://www.anton-paar.com/粘度測定-自動マイクロ粘度計-AMVn/粘度計/60_Japan_ja?product_id=34
仕様
粘度範囲 0.3〜2,500mPas
繰返し再現性 < 0.1%
再現性 < 0.5%
時間範囲 0〜250s
分解能 0.001s
精度 < 0.002s
温度範囲 +5〜135℃
分解能 0.01℃
精度 < 0.05℃
重量/寸法 14kg / 270x340x310mm
電源 85〜264VAC、50〜60Hz
必要サンプル量 0.15mL〜2.5mL
会社概要
会社名
株式会社アントンパール・ジャパン
住所
〒140-0001
東京都品川区北品川1-8-11 Daiwa品川Northビル4F
代表者名
飯田 浩
設立年月
2008年10月
資本金
81,500,000円
従業員数
34名
事業内容
オーストリア・アントンパール社の物性測定・分析機器(振動式密度・濃度計、自動マイクロ粘度計、スタビンガー粘度計、粘弾性測定装置、ゼータ電位測定装置、小角X線散乱装置、マイクロ波試料調整装置、マイクロ波合成装置、等)の輸入及び販売、アフターセールスサービス
事業所
大阪営業所: 560-0082大阪府豊中市新千里東町1-4-2千里ライフサイエンスセンタービル1020号
ホームページ
http://www.anton-paar.co.jp
健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 機器・設備 > 自動マイクロ粘度計AMVn
■注目カテゴリ・コンテンツ
スキンケア  男性化粧品(メンズコスメ)  サプリメント  機能性成分  エステ機器  介護食品  基礎化粧品  青ミカン(青みかん)  青汁(トクホ)  アガリクス  コエンザイム  コラーゲン  ダイエット  エステ・サロン・スパ向け  大麦若葉  アルファリポ酸(αリポ酸)  ピクノジェノール  黒酢  特定保健用食品(トクホ)  医療機器(ゲルマニウム)  炭酸泉  プロテイン  ブルーベリー  豆乳  寒天  車椅子 
■注目カテゴリ・コンテンツ
決済代行  印刷  健康食品の製造(受託製造)  化粧品  健康食品の原料  美容・化粧品の製造  健康食品の機器設備 

健康食品自然食品健康用品・器具美容ハーブ・アロマ団体・学会介護・福祉ビジネス商材

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2016 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.