アルギン酸なら「アルギン酸」:株式会社キミカ【健康美容EXPO】

健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 原料 > あ行 > アルギン酸 > アルギン酸

健康美容業界最大の企業と企業を結ぶBtoBビジネスマッチングサイト キーワード検索

株式会社キミカ
原材料名 : アルギン酸
形状 : 粉末

キミカは、海藻から生まれる安心の天然物質「アルギン酸」を世界に供給しています。

アルギン酸

豊かな海の恵み、海藻から生まれた天然素材「アルギン酸」。
キミカのアルギン酸は、国内シェアの80%以上を占めています。

アルギン酸は、コンブ、ワカメに代表される褐藻類に特有の食物せんいです。海藻の体の30〜60%(対乾物海藻)を占めるアルギン酸は、いわば海藻の主成分とも言える存在です。藻体中のアルギン酸は、海中に含まれる様々なミネラルと塩を形成し、ゆるやかなゼリー状態で細胞間隙を満たしています。波に揉まれ海水中を揺らめきながら生長する海藻のしなやかさは、このアルギン酸がもつ独特な物性によるものといわれています。

19世紀に英国で発見されたアルギン酸は、20世紀初めに工業的生産が始まり、次々に新たな使い道が考案されました。アルギン酸はそのユニークな物性と素材自体の安全性から、食品、医薬品をはじめ、化粧品、繊維染色、製紙、溶接棒、ペットフード、農業、水産業など様々な分野で活発に研究され、用途開発が進んでいます。21世紀を迎えた今日、アルギン酸は我々の暮らしのあらゆる場面で活躍しており、欠かすことのできない素材となっています。

◇食品分野への応用
アルギン酸は、食品の増粘剤、ゲル化剤、安定剤などに利用されています。
アルギン酸とCaを組み合わせると、アルギン酸に特有の耐熱性ゲル(ゼリー)をつくることができます。この性質は、焼き菓子のフィリングや、缶詰め・瓶詰めなどの具材に耐熱性を持たせるゲル化剤として多くの食品に利用されています。
また最近特に注目を集めているのは、麺やパンなどの小麦粉製品に対する品質改良効果です。アルギン酸を加えた小麦粉生地は適度な保水性が付与され、生地の伸展性が向上して、麺やパンにソフトな食感をもたらします。また小麦粉中のデンプンやタンパク質に作用して、調理後、あるいは焼成後の組織を補強し、食感をめざましく改善するとともに、食品の外観を整え、商品価値を高める効果を発揮します。
アルギン酸はナトリウムやカリウムなどと塩を作り、アルギン酸エステルなどに加工されることで、それぞれに特長のある性質を発揮します。詳しくは弊社HPをご覧下さい。

◇アルギン酸の安全性
アルギン酸とその塩類の安全性は国連機関(JECFA:FAO/WHO合同食品添加物専門委員会)で評価され、
ADI(一日許容摂取量)は「特定しない」という結果になっています。
天然海藻由来のアルギン酸は、BSEや遺伝子組換え、残留農薬、食物アレルギー等の影響のない安全な物質です。

◇医薬品への応用
医薬品分野では、錠剤の崩壊剤や、胃壁の保護薬などにアルギン酸が使用されています。
また、歯科治療の際、歯型の採取に使うアルジネート印象剤は、アルギン酸が主成分です。
海外では、褥瘡治療などに用いる創傷被覆材の基材としても使われています。

◇化粧品への応用
アルギン酸は、化粧品原料として増粘、保水などの目的で利用されています。
「落ちない口紅」にも配合されており、唇の表面にアルギン酸の被膜をつくって、口紅が移るのを防ぎます。

◇アルギン酸の各種グレードについて
キミカのアルギン酸製品は、基本的に水溶液の粘度によってグレードが分けられています。
また、粘度の他にもゲル強度(=M/G比)、精製度、管理規格などによって、細かく分類されています。
弊社の商品アイテムは500以上。一言で「アルギン酸」といっても、様々な品質、価格帯の商品がございますので、
目的に応じて適宜ご選択いただくことができます。詳しくは弊社営業部までお問い合わせ下さい。

【アルギン酸関連製品】

[アルギン酸ナトリウム]
●高純度 食品・医薬品グレード キミカアルギン Iシリーズ
●高純度 工業用グレード キミカアルギン Bシリーズ
●高ゲル強度 特殊グレード キミカアルギン High・Gシリーズ
●低ゲル強度 特殊グレード キミカアルギン High・Mシリーズ
●超低粘度 特殊グレード キミカアルギン ULVシリーズ
●スーパークリア、超高清澄度グレード キミカアルギン SKATシリーズ
●汎用工業用グレード アルギテックスシリーズ

[アルギン酸]
●高純度 食品・医薬品グレード キミカアシッドSA
●高純度 食品用膨潤グレード キミカアシッドG

[アルギン酸エステル]
●高純度 食品・医薬品グレード キミロイドシリーズ

[アルギン酸カリウム]
●高純度 食品・医薬品グレード キミカアルギン Kシリーズ

[その他塩類]
●アルギン酸カルシウム キミカアルギン CAシリーズ
●アルギン酸アンモニウム キミカアルギンNHシリーズ

[昆布酸]
●食品用アルギン酸製剤「昆布酸」
 昆布酸100シリーズ(アルギン酸製剤)
 昆布酸200シリーズ(水溶性アルギン酸製剤)
 昆布酸300シリーズ(増粘安定剤製剤)
 昆布酸400シリーズ(ゲル化剤製剤)
 昆布酸500シリーズ(アルギン酸エステル製剤)

 
生産国(地)または原産国
関連リンク http://www.kimica.jp/products/Algin/
会社概要
会社名
株式会社キミカ
住所
〒104-0028
東京都中央区八重洲2-4-1 常和八重洲ビル8F
代表者名
笠原 文善
設立年月
1941年5月
資本金
1億円
従業員数
122名
事業内容
キミカは、1941年、豊かな海の恵み“海藻”から「アルギン酸」の工場的製造に日本で初めて成功しました。以来69年、時代と社会ニーズに俊敏に対応しつつ、品質の向上や安定供給、関連製品の開発に努力を重ねてまいりました。
アルギン酸は今、食品、繊維製品、化粧品、医薬品、など多彩な分野で活用されています。また、さらに新しい領域へも新たな可能性が拡がっています。その一つひとつを形にすることが、私たちの使命であり、社会貢献だと考え、さらなる前進を続けています。
事業所
■千葉プラント
〒293-0001 千葉県富津市大堀1029

■大阪営業所
〒532-0011 大阪市淀川区西中島3-23-16

■キミカチリ(サンチャゴオフィス)
KIMICA Chile, Ltda.
Pedro Leon Gallo 844 Providencia, Santiago, CHILE

■キミカチリ(パイネプラント)
KIMICA Chile, Ltda.
Camino Lonquen s/n Parcela 12 Paine, CHILE

■キミカアメリカ
KIMICA America Inc.
55 East 59th Street,Suite 19A,New York
NY10022,U.S.A.
ホームページ
http://www.kimica.jp/
その他の出展商材
キトサン
キトサン
健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 原料 > あ行 > アルギン酸 > アルギン酸
■注目カテゴリ・コンテンツ
スキンケア  男性化粧品(メンズコスメ)  サプリメント  機能性成分  エステ機器  介護食品  基礎化粧品  青ミカン(青みかん)  青汁(トクホ)  アガリクス  コエンザイム  コラーゲン  ダイエット  エステ・サロン・スパ向け  大麦若葉  アルファリポ酸(αリポ酸)  ピクノジェノール  黒酢  特定保健用食品(トクホ)  医療機器(ゲルマニウム)  炭酸泉  プロテイン  ブルーベリー  豆乳  寒天  車椅子 
■注目カテゴリ・コンテンツ
決済代行  印刷  健康食品の製造(受託製造)  化粧品  健康食品の原料  美容・化粧品の製造  健康食品の機器設備 

健康食品自然食品健康用品・器具美容ハーブ・アロマ団体・学会介護・福祉ビジネス商材

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2016 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.