オルニチンなら「L-オルニチン塩酸塩協和」:協和発酵バイオ株式会社【健康美容EXPO】

健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 原料 > あ行 > オルニチン > L-オルニチン塩酸塩協和

健康美容業界最大の企業と企業を結ぶBtoBビジネスマッチングサイト キーワード検索

協和発酵バイオ株式会社
原材料名 : L-オルニチン塩酸塩協和
形状 : 白色の結晶性粉末

シジミの滋養成分として注目のアミノ酸、オルニチン

L-オルニチン塩酸塩協和

オルニチンはアミノ酸の一種で、たんぱく質を構成しない遊離アミノ酸として体内に存在しています。肝臓のオルニチン回路の重要な成分として、有害なアンモニアの代謝に関与していることが知られています。
協和発酵バイオではオルニチンの物性評価や機能研究を通じ、幅広いデータを取得しています。

<食品中のオルニチン>
オルニチンはたんぱく質の構成成分でないため、他のアミノ酸と異なり食品中の含量はあまり多くありません。しじみには比較的多く含まれていますが、それでも他のアミノ酸と比べると食品から摂取できる量はあまり多くありません。

食品に含まれるオルニチン量
食品名    オルニチン量(100g あたり)    食品100gの目安
 シジミ      10.7〜15.3mg ※1        約35個
 ヒラメ       0.6〜4.2mg ※2          約1切れ
 キハダマグロ  1.9〜7.2mg ※2         さしみ7〜10切れ
 チーズ      0.8〜8.5mg ※2        約5枚(スライスチーズで)
 エノキタケ    14.0mg ※2              約1.2袋


※1:総オルニチン量
※2:遊離オルニチン量

<L-オルニチン塩酸塩協和>
協和発酵バイオ独自の発酵技術により生産したオルニチン塩酸塩の高純度品です。オルニチン塩酸塩として98.0%以上含有する白色の結晶性粉末です。飲料、打錠、顆粒など様々な食品に応用できます。

荷姿・・・10kg
含量規格・・・98.0%〜102.0%

<協和発酵バイオの研究開発>
協和発酵バイオでは発酵技術を生かしたユニークで有用な素材の提供をしています。また、原料素材の物性の改良や優れた加工適性を持つ素材・製品の加工開発、安定性の確認等まで幅広い研究開発体制を敷いております。さらに、素材の機能性に関する情報収集や取得、提供などを行なっており、幅広くお客様をバックアップさせていただきます。

 
研究拠点となるヘルスケア商品開発センター

▲研究拠点となるヘルスケア商品開発センター

アミノ酸発酵タンク群

▲アミノ酸発酵タンク群

ヘルスケア土浦工場

▲ヘルスケア土浦工場

 
会社概要
会社名
協和発酵バイオ株式会社
住所
〒100-8185
東京都千代田区大手町1-6-1
代表者名
代表取締役 社長 石野 修一
設立年月
2008年10月
資本金
100億円
従業員数
1,717名(連結)
事業内容
医薬品原料、各種アミノ酸、健康食品、植物成長調整剤の製造、販売
事業所
〒100-8185東京都千代田区大手町1-6-1
ホームページ
http://www.kyowahakko-bio.co.jp/
健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 原料 > あ行 > オルニチン > L-オルニチン塩酸塩協和
■注目カテゴリ・コンテンツ
スキンケア  男性化粧品(メンズコスメ)  サプリメント  機能性成分  エステ機器  介護食品  基礎化粧品  青ミカン(青みかん)  青汁(トクホ)  アガリクス  コエンザイム  コラーゲン  ダイエット  エステ・サロン・スパ向け  大麦若葉  アルファリポ酸(αリポ酸)  ピクノジェノール  黒酢  特定保健用食品(トクホ)  医療機器(ゲルマニウム)  炭酸泉  プロテイン  ブルーベリー  豆乳  寒天  車椅子 
■注目カテゴリ・コンテンツ
決済代行  印刷  健康食品の製造(受託製造)  化粧品  健康食品の原料  美容・化粧品の製造  健康食品の機器設備 

健康食品自然食品健康用品・器具美容ハーブ・アロマ団体・学会介護・福祉ビジネス商材

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2016 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.