スピルリナなら「雲南スピルリナ原末」:サンライフ株式会社【健康美容EXPO】

健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 原料 > さ行 > スピルリナ > 雲南スピルリナ原末

健康美容業界最大の企業と企業を結ぶBtoBビジネスマッチングサイト キーワード検索

サンライフ株式会社
原材料名 : 雲南スピルリナ原末
形状 : 濃緑色 / スピルリナ特有の風味を有する

検討中フォルダに入れる

カルテノイドやフィコシアニンなどの色素成分と高い栄養価を誇るグリーンフーズ素材

雲南スピルリナ原末

雲南スピルリナ原末の特長
・中国雲南省にある高原湖「程海(ていかい)」の湖畔を利用したスピルリナ培養専用工場で生産
・公益財団法人日本健康・栄養食品協会 安全性自主点検 認証登録原材料
・豊かな太陽光と清浄な水に恵まれたオープン培養生産
・中国における優良食品の基準である「緑色食品」を取得
・天然のマルチビタミン・ミネラル素材
・カロテノイドやフィコシアニンなどの色素成分

■スピルリナとは?
スピルリナは、藍藻綱・紐子目(ネンジュモ目)・ユレモ科・スピルリナ属に分類される藻類です。藻体の大きさは0.3〜0.5mm程度で、らせん状の形状をしています。このスピルリナという名前は、ラテン語で「ねじれたもの」とか「らせん」を意味する“spira"を由来としています。葉緑体は形成していませんが、クロロフィルa 、カロテン、フィコシアニン、キサントフィルなどの色素を細胞内に有しています。 このスピルリナは、高温、強アルカリ、高ナトリウムというような、他の動植物が育ちにくい厳しい環境下でも繁殖することが出来るのが特徴のひとつで、中央アフリカのチャド湖、エチオピアのテルチュ湖、メキシコのテスココ湖などに自生が確認されています。古くから、これらの地方の人々が食用としていた記録があり、その最古のものとしては、数千年前に古代メキシコのマヤ人が食糧にしていたという記録が挙げられます。

■グリーンフーズとしてのスピルリナ
栄養学上の見地からスピルリナを見た場合、次のような特徴が見出されます。
・カロテノイドが豊富、β-カロテンに代表されるカロテノイド類を豊富に含んでいる。
・天然のマルチビタミンと呼べるほど、数多くのビタミン類を含んでいる。
・天然のマルチミネラルと呼べるほど、数多くのミネラル類を含んでいる。
・食物繊維を約4g〜8g/100g程度含んでいる。

これら栄養学上の特徴を、緑黄色野菜と比較してみたものが次項の表となります。この表からもスピルリナの持つ栄養学上の価値=グリーンフーズとしての魅力が高いことが良くわかります。

■クロレラとの違い
スピルリナと同じようにグリーンフーズとして販売されている製品として「クロレラ」があります。スピルリナとクロレラは製品の外観も良く似ていることから、同じようなものと捉えられることも多いのですが、植物学的には全く異なる藻類です。しかし栄養面では「ビタミン、ミネラルを豊富に含む」という同じ特徴を有していますし、機能性の面でも同様の機能性を有しています。但し、機能性を発揮する作用機序が異なり、これがクロレラとの最大の違いと考えられます。クロレラの機能性は、クロレラ中の核酸成分が体内の免疫細胞(マクロファージやNK細胞)に働きかけて、免疫系統の機能を高めることにより得られるものと考えられています。一方、スピルリナはフィコシアニンを中心とした色素成分が、体内の活性酸素を除去することによって同様の機能性を発揮していると考えられています。従ってスピルリナとクロレラは、どちらかが優れていてどちらかが劣っているというものではありません。

■スピルリナの有用性
スピルリナはグリーンフーズとしての価値(栄養学上の価値)以外にも、主として含有色素やカロテノイド(色素=フィコシアニン、クロロフィルa/カロテノイド=β-カロテン、アスタキサンチンなど)の働きによるものとされる様々な保健作用が研究・解明されてきています。一例を挙げますと、血清脂質調整作用(コレステロール値の正常化)、腸内細菌叢(腸内環境)の改善作用、血圧上昇の抑制作用、免疫賦活化作用、抗ウィルス作用などが挙げられます。 これらの作用は含有色素やカロテノイド持っている抗酸化作用(一重項酸素=活性酸素の消去能力)によるものと考えられています。

【製品用途】 サプリメント(錠剤、顆粒、カプセル)
【梱包形態】 10kg(5kg×2袋)   外装 段ボールケース   内装 ポリエチレン袋  

 
■ サンライフ株式会社  様に直接お問い合わせすることができます。(お問い合わせ無料)

出展者様への商材のお問い合わせは、健康産業関係者様向けの機能です。一般消費者の方はご遠慮ください。
また、自社商品のPRや営業メール等は固くお断りいたします。

企業名
全研本社株式会社
電話番号
※必須
03-1234-5678
連絡の取れる電話番号
090-1234-5678
部署名
健康美容事業部
担当者名
※必須
全研 太郎
メールアドレス
※必須
example@e-expo.net
メッセージ
※必須

全角0文字(全角1000文字まで)

上記の内容でよろしければ「確認」ボタンを押してください。

会社概要
会社名
サンライフ株式会社
住所
〒465-0015
愛知県名古屋市名東区若葉台101 サンライフビル
代表者名
大倉 康冶
設立年月
1966年9月
資本金
6,400万円
従業員数
80人
事業内容
●各種食品素材の輸入および販売
●健康補助食品の加工および販売

【主要マテリアル製品】 サンライフクロレラ原末、細胞壁破砕クロレラ原末、CGFパウダー、雲南スピルリナ原末、スピルリナ原末TW、コラーゲン、香酢(米酢)、香酢粉末、エラスチンPROLASTIN、ヒアルロン酸
事業所
ホームページ
http://www.sunlife-rm.com/
健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 原料 > さ行 > スピルリナ > 雲南スピルリナ原末
■注目カテゴリ・コンテンツ
スキンケア  男性化粧品(メンズコスメ)  サプリメント  機能性成分  エステ機器  介護食品  基礎化粧品  青ミカン(青みかん)  青汁(トクホ)  アガリクス  コエンザイム  コラーゲン  ダイエット  エステ・サロン・スパ向け  大麦若葉  アルファリポ酸(αリポ酸)  ピクノジェノール  黒酢  特定保健用食品(トクホ)  医療機器(ゲルマニウム)  炭酸泉  プロテイン  ブルーベリー  豆乳  寒天  車椅子 
■注目カテゴリ・コンテンツ
決済代行  印刷  健康食品の製造(受託製造)  化粧品  健康食品の原料  美容・化粧品の製造  健康食品の機器設備 

健康食品自然食品健康用品・器具美容ハーブ・アロマ団体・学会介護・福祉ビジネス商材

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2016 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.