緑イ貝なら「ニュージーランド産 緑イ貝」:マコマ株式会社【健康美容EXPO】

健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 原料 > ま行 > 緑イ貝 > ニュージーランド産 緑イ貝

健康美容業界最大の企業と企業を結ぶBtoBビジネスマッチングサイト キーワード検索

マコマ株式会社
原材料名 : ニュージーランド産 緑イ貝
形状 : フリーズドライ粉末

ニュージーランド農業省(MAF)に認定された自社の工場にてフリーズドライ加工した緑イ貝

ニュージーランド産 緑イ貝

緑イ貝[GREENSHELL MUSSEL]は、非常に綺麗な海を有するニュージーランドに特有の水産資源であり、栄養的にも優れた食品です。
また、近年、人の滑らかな動きをも補助する健康食品としても脚光を浴びて来ました。

Waitaki Biosciences 社は収穫直後の新鮮な緑イ貝を、ニュージーランド農業省(MAF)に認定された自社の工場にてフリーズドライ加工し、その粉末をアメリカ、ヨーロッパ、日本、オーストラリアなどの食品及び家畜/獣医市場へ向け供給しています。

Waitaki社は緑イ貝の主要養殖地であるマルボローサウンズにあるニュージーランド政府認定の養殖場でアメリカFDAの貝類加工工場基準に準ずる基準に従って加工された緑イ貝を使用しています。また厳しく管理されたシステムにより製品化され輸出されたすべての製品バッチごとに貝の生産収穫時期、収穫地域までトレースする事が可能です。

ニュージーランドで養殖されている緑イ貝をも含む貝類は海洋バイオトキシン(生体毒素)管理プログラム(Marine Biotoxin Management Programme)に従ってあらゆる貝毒が監視管理された環境で生産されています。この業界管理プログラムは世界で最も優れたプログラムと言われ収穫された貝類の安全性を保障しています。

【Waitaki社と 緑イ貝 GSMPパウダー】
Waitaki社は10年以上の緑イ貝粉末の生産経験を活かし、
現在では年間100,000kg以上のGSMPをヨーロッパ、日本、アメリカ、オーストラリア等に輸出しています。

緑イ貝は、収穫直後の新鮮なものを、決して抽出物としてではなくそのすべて(100%)を、
製品のメイラード反応他の褐変、たん白質の変性や酵素反応等を避けるためにフリーズドライ(凍結乾燥)したものです。


Waitaki社緑イ貝凍結乾燥骨粉末は、単体もしくは他の原料と配合され、カプセルや錠剤の形状で製品化いただけます。
またそのまま原料としての販売もいたしております。
どうぞ、お気軽にお問い合わせ下さい。

 
会社概要
会社名
マコマ株式会社
住所
〒141-0021
東京都品川区上大崎1-17-12
代表者名
代表取締役 増山 智一
設立年月
1962年9月
資本金
1,200万
従業員数
40名
事業内容
1.健康食品、化粧品、洗剤等の自社製品の製造販売
2.健康食品、化粧品、洗剤等の受託製造販売
3.凍結防止剤、防塵剤を官公庁、学校法人に製造販売
事業所
本社 〒141-0021
   東京都品川区上大崎1−17−12

工場 〒300-2521
   茨城県水海道市大生郷町字中丸6140−6
ホームページ
http://www.macoma.co.jp
その他の出展商材
ASCP鮫軟骨(サメ軟骨)
ニュージーランド産 サメ軟骨
クロム
クロム
セレニウム
セレニウム(セレン)
マグネシウム
マグネシウム
マンガン
マンガン
レスベラトロール
レスベラトロール
亜鉛
亜鉛
製造(受託、OEM、ODM)
ソフトカプセル,ハードカプセル,打錠,顆粒,容器充填,抽出
製造(受託製造、OEM、ODM)
化粧品受託製造
健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 原料 > ま行 > 緑イ貝 > ニュージーランド産 緑イ貝
■注目カテゴリ・コンテンツ
スキンケア  男性化粧品(メンズコスメ)  サプリメント  機能性成分  エステ機器  介護食品  基礎化粧品  青ミカン(青みかん)  青汁(トクホ)  アガリクス  コエンザイム  コラーゲン  ダイエット  エステ・サロン・スパ向け  大麦若葉  アルファリポ酸(αリポ酸)  ピクノジェノール  黒酢  特定保健用食品(トクホ)  医療機器(ゲルマニウム)  炭酸泉  プロテイン  ブルーベリー  豆乳  寒天  車椅子 
■注目カテゴリ・コンテンツ
決済代行  印刷  健康食品の製造(受託製造)  化粧品  健康食品の原料  美容・化粧品の製造  健康食品の機器設備 

健康食品自然食品健康用品・器具美容ハーブ・アロマ団体・学会介護・福祉ビジネス商材

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2016 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.