化粧品OEM製造 株式会社アンプリーの「常に新しさを追求する姿勢」

健康美容EXPO
健康美容EXPO:TOP > 特集一覧 > 企業特集 > 常に新しさを追求する姿勢 株式会社アンプリー
情報提供 : 株式会社アンプリー
常に新しさを追求する姿勢 株式会社アンプリー

市場ニーズが多様化する中で、製品のオリジナリティへの需要が高まっている。自社で製造拠点を持つ企業にとっては、ある程度柔軟性を持った対応も可能だが、製造を外部に委託する企業にとっては、悩ましい課題ではある。

化粧品OEMメーカーながら、「受け」に依存しないアンプリー。

その姿勢は、〈斬新な製品開発〉という確かな実績を伴いながら、着実に信頼を積み重ねている。

アンプリーは多様なオーダーに的確に対応

アンプリーは、商品実現化までのスピードと全てをワンストップで製造可能という点においては、国内屈指のOEMメーカーだ。最新ドクターズコスメからフレグランスまで、幅広いジャンルの製品化に必要な全てを提供できるノウハウを蓄積する。

化粧品OEM、容器開発、パッケージ

同社の強みのひとつが、グループ内に容器メーカーを持っている点だ。優れた製品をつくっても容器選定をイチからするとなると時間もコストもかかる。その点、社内に容器やパッケージデザインのデザイナーを抱える同社では、製品イメージにあわせた柔軟な容器提案が可能だ。工場には3次元フィルム充填機など最新の設備も取り揃え、多様なオーダーに的確かつ迅速に対応する。

厳しい体制で海外容器にも品質強化
三次元容器(3D)、スタンディングバック(自立型袋型容器)、エアーパッケージ

昨今は、コスト面のメリットなどもあり、海外容器も大量に活用されている。だが、デザインの多様性が目を引く一方で、品質の部分では課題もある。とりわけ、アジア諸国では品質管理の部分での懸念材料も多い。そうした点でも同社は、現地にスタッフを配置するなどで、品質管理を強化。見落としがちな製品と容器の相性などについても、入念なチェックを行うことで、海外品活用におけるリスクにも厳しい体制で万全を期す。

 
アンプリーは、市場環境やニーズにフレキシブルに対応
小ロットでもロスなく製造することが可能

同社がこれまでに培ってきたノウハウには、短期間で商品化するための開発力、必要なときに引き出せる基礎研究の蓄積、スピーディーに仕上げるために欠かせないクリエイティブの能力、そして小ロットでもロスなく製造することが可能な、少量多品種対応の工場などがある。めまぐるしく変わる市場環境やニーズにフレキシブルに対応する全ての資質を同社は、備えているといっていい。

 
受託メーカーとして、クライアントニーズへのハイレベルな対応力を有する同社一番の特長

受託メーカーとして、クライアントニーズへのハイレベルな対応力を有する同社一番の特長といえるのが、「攻撃型の提案力」だ。クライアントの提案に対し、期待以上の完成度で応えるのはもちろんだが、オーダーを単に受けるだけでなく、プラスアルファを提示することで、大きくその期待値を跳ね上げる。

 

なぜそんなことが可能なのか。決して、すぐれたシステムや秘伝のマニュアルがあるわけではない。個々の社員が、自由裁量で動き、情報収集し、どうすればよりいいものがつくれるのかを常にシミュレーションしているのが大きな理由といえる。言い換えれば、〈常に新しさを追求する〉という同社のポリシーを全社員が共有し、その上で社員間での情報交換を積極的に行うことで、現状維持でなく、常に最善の“情報”をキープし続けている結果ともいえる。だからこそ同社の提案は、他の追随を許さず、例外なくクライアントの心に突き刺さることになる。

 
株式会社アンプリー

「お客様から提案を受けて、言われた通りにつくるのは当然ですが、そこにプラスαの提案を付けるのも我々の仕事のひとつだと思っています。逆にクライアントから提案されたことが、技術的に難しいものとされていたとして、過去のデータからは無理と出ていても、“まずやってみる”という姿勢を大事にしています」と同社営業部長の平氏は、説明する。

 
オリジナリティへのこだわり
アンプリーの場合、自社工場以外に協力工場も積極活用

受託メーカーにとって、オーダーを処方通りつくることに徹するのは、ある意味ラクだ。製品の良し悪しはともかく、正確に作り上げてしまえばいいだけだからだ。一方、困難な提案を受けることは、期待値を上げるだけでなく、信頼を失うリスクも伴う。同社の場合、自社工場以外に協力工場も積極活用しており、無理なオーダーは、そうした工場との関係を考えても、より大きなリスクが伴う。それでも同社では、あえてオリジナリティにこだわり、困難な道を選ぶ。

 
次世代型の化粧品OEMメーカー
株式会社アンプリー

こんなエピソードがある。同社が、炭酸関連の商品化を進める中、どうしても納得のいく結果が出なかった。ところが、開発を断念した数年後、類似商品が発売される。なんとその商品、当時同社での研究過程で到達していたレベルのままだったのだ。オリジナリティと品質にとことんこだわる同社ならではの裏話だが、そこまでの姿勢があるから、クライアントからも絶大な信頼を集める。

企画から開発、容器選定。ゼロからプラスαの製品を生み出す同社は、年々多様化する市場にあって、フレキシブルでマルチなノウハウを有する、まさに次世代型の化粧品OEMメーカーといえるだろう。

 
株式会社アンプリー 営業企画部部長 平 清隆氏に聞く
株式会社アンプリー 営業企画部部長 平 清隆氏(化粧品開発展にて)
アンプリーはオリジナリティを追求し、提案力を磨きあげていきたい。

私どもが常に意識しているのは、オリジナリティ。なぜなら、オリジナリティこそが、市場で輝く製品となる上で重要だからです。OEMメーカーは「受ける」ことでスタートするわけですが、それではオリジナルは生まれません。ですから、こちらから積極的に提案もします。それを可能にしているのは、これまでに積み重ねてきた経験とノウハウがあるからです。協力工場のコントロールも重要になります。うまくコントロールできないと、いいものはつくれませんし、なによりもスピードの面で大きなロスを生んでしまいます。そうした部分については、いろいろなところの協力があって成りっているということを常に意識しながら、社内外問わず、思いやりを持ってお付き合いすることなどで、ケアしています。こうしたことはマニュアル化できるものではないのですが、だからこそ簡単にマネができない強みでもあると思っています。これからも、社員間のノウハウの共有などを徹底するなどで、歩みを止めることなく、オリジナリティを追求し、提案力を磨き上げていきたいと思っています。

 

トピックス

農商工関連事業

同社は、平成23年度に経済産業省と農林水産省による「農商工連携事業」の認定企業にも選ばれている。同事業は、農林漁業者と商工業者等が通常の商取引関係を超え協力し、互いの強みを生かして売れる新商品・新サービスの開発・生産等を行い需要の開拓を図る。新しいものを作りだす力に長ける同社ゆえに選定されたといえるだろう。

経産省・農水省農商工連帯事業認定企業
お姉さんアゲハ

2014年5月には、美容雑誌「お姉さんアゲハ」を事業譲渡した。グループ内会社として、同社の運営とは線引きしているが、状況によっては柔軟に活用する意向。化粧品OEMメーカーとして、「発信」という武器も手にしたことで、同社の提案力との相乗効果も期待される。

美容雑誌「お姉さんアゲハ」を事業譲渡
 

【 株式会社 アンプリー 】

アンプリーロゴ
≪事業内容≫

化粧品、フレグランス等の受託製造及び研究開発☆受託製造でのオリジナリティを活かす商品作りを提案。オリジナル化粧品はもちろん、オリジナルのフレグランス、業務用化粧品、特殊原料を使ったドクターズコスメまで幅広く取り扱っている。容器、パッケージ、原料等についてあらゆるケースで相談できる。

≪所在地≫

〒104-0061
東京都中央区銀座4-8-12
コチワビル5F
TEL : 03-3567-8666
FAX : 03-3567-6668

企画・容器開発、化粧品OEM製造のお問合せはコチラ
 
株式会社 アンプリー
〒104-0061 東京都中央区銀座4-8-12 コチワビル5F
TEL : 03-3567-8666   Fax : 03-3567-6668
企画・容器開発、化粧品OEM製造のお問合せはコチラ
健康美容EXPO:TOP > 特集一覧 > 企業特集 > 常に新しさを追求する姿勢 株式会社アンプリー

■注目カテゴリ

健康食品  健康食品 原料  美容・化粧品 スキンケア  サプリメント  機能性成分  容器・パッケージ  健康食品 製造  健康食品 機器・設備  試験・分析  基礎化粧品  プラセンタ  業務用エステ機器  薬事法  特定保健用食品(トクホ)   化粧品 OEM  炭酸泉  介護衛生用品・消耗品  ネイル  スキンケア  医薬部外品  食品添加物  エステ化粧品

■オリジナルコンテンツ

特集一覧  冷え症改善素材  オリゴ乳酸(ラック)  Maca  医薬部外品 製造  Tie2 素材  小ロット  抗肥満素材  システマティックレビュー  アフリカマンゴノキ  機能性乳原料  機能性関与成分一覧表  便通改善 素材    5分でわかる機能性表示食品制度  睡眠改善素材  スーパーフード(superfoods)  マカ  ローヤルゼリー