納豆菌・納豆キナーゼ(ナットウキナーゼ)なら「納豆菌培養エキス末TW (ナットウキナーゼ)」:株式会社中原【健康美容EXPO】

健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 原料 > な行 > 納豆菌・納豆キナーゼ(ナットウキナーゼ) > 納豆菌培養エキス末TW (ナットウキナーゼ)

健康美容業界最大の企業と企業を結ぶBtoBビジネスマッチングサイト キーワード検索

株式会社中原
原材料名 : 納豆菌培養エキス末TW (ナットウキナーゼ)
形状 : エキス末

検討中フォルダに入れる

ナットウキナーゼ活性 20,000FU 以上を含有する、豆菌培養液の凍結乾燥粉末。線維素(血栓の主成分フィブリン)溶解作用が確認されています。

納豆菌培養エキス末TW (ナットウキナーゼ)

ナットウキナーゼ(nattokinase)は、納豆に含有されるたんぱく質分解酵素の一種で、大豆を発酵させる納豆の生産過程で納豆菌が体外に分泌する酵素です。線維素(血栓の主成分フィブリン)溶解作用が確認されています。ナットウキナーゼは、須見洋行博士が発見、命名された成分です。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ 納豆菌培養エキス末TW とは?
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ナットウキナーゼ活性20,000FU 以上を含有する、豆菌培養液の凍結乾燥粉末です。
(FUとはフィブリン分解ユニットの略であり、ナットウキナーゼ活性を示す単位)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ エビデンス  ※[ ] 内は論文
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【血栓溶解について】
・血栓症のイヌにナットウキナーゼを経口投与し、血管造影でイヌ血栓溶解が確認された。
[ Acta Haematol. 1990;84(3):139-43. ]
・ラット大腿動脈における内膜肥厚を抑制し、内皮損傷後の壁血栓の溶解を調節することが確認された。
[ Life Sci. 2003 Jul 25;73(10):1289-98. ]
・注射投与でラットの血栓形成を抑制する効果を示した。
[ Acta Haematol. 2010;124(4):218-24. ]
・健康男性における繊維素溶解と抗凝血作用の増強
[ Sci Rep. 2015; 5: 11601. ]

【血圧降下について】
・コントロール群と比べ、ナットウキナーゼ摂取群は収縮期および拡張期の血圧降下が有意に認められた。
[ Hypertens Res. 2008 Aug;31(8):1583-8. ]

【血流改善について】
・血小板凝集と血栓形成を阻害することによって血流を改善することが確認された。
[ Lab Anim Res. 2013 Dec; 29(4): 221–225. ]

(実験結果)
・コラーゲンを添加したコントロールの凝集率を100%として、コラーゲンと納豆キナーゼの添加は血小板凝集率をコントロールの約60%まで抑制した。
・ナットウキナーゼの投与は、濃度依存的に実験的に誘導されたラット血管閉塞の時間を延長した。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
(実験結果)
・塩化第二鉄でラット動脈閉塞を誘導した後、ナットウキナーゼ投与群には頸動脈の血流が改善された。【 右上:グラフ 】
・顕微鏡写真で塩化第二鉄の誘導で形成したラット頸動脈の血栓の閉塞状態を改善したことが確認できた。【 左下:写真 】

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ その他の期待される効果・エビデンス
※[ ] 内は論文
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【脂質低減効果について】
・原発性高コレステロール血症を持つ成人に対してナットウキナーゼは低コレステロール食と組み合わせて血清コレステロールを低減する効果を示した。
[ Acta Cardiol Sin 2009;25:26-30. ]

【アルツハイマー病症状の軽減】
・ラット経口投与実験によって、ナットウキナーゼがアルツハイマー病の症状を軽減する効果があることが確認された。
[ Hum Exp Toxicol. 2013 Jul;32(7):721-35. ]

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ 期待出来る効果
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ナットウキナーゼは血栓を分解させる効果、血流改善作用や血圧降下作用、血小板凝集抑制作用などが確認されて、心筋梗塞の予防や脳梗塞の予防及び生活習慣病の予防などが期待できる。

【1日摂取目安量】
ナットウキナーゼ 2000FU以上
(日本ナットウキナーゼ協会の推奨する摂取量)

【摂取のタイミング】
どのタイミングで摂っても良いですが、夕食後や就寝前の摂取がより効果的です。
(血栓は深夜から早朝にかけて出来やすいため)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ 製法及び規格
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【製造工程】
納豆菌発酵培養→培養液回収→濃縮・殺菌→混合→乾燥→粉砕→混合→篩過→製品・検査→包装・保管

【原材料】
デキストリン、納豆菌培養エキス(大豆を含む)

 
ラット頸動脈の血栓の閉塞状態を改善したことが確認

▲ラット頸動脈の血栓の閉塞状態を改善したことが確認

大豆を発酵させる納豆の生産過程で納豆菌が体外に分泌する酵素

▲大豆を発酵させる納豆の生産過程で納豆菌が体外に分泌する酵素

ナットウキナーゼは、納豆に含有されるたんぱく質分解酵素の一種。

▲ナットウキナーゼは、納豆に含有されるたんぱく質分解酵素の一種。

 
■ 株式会社中原  様に直接お問い合わせすることができます。(お問い合わせ無料)

出展者様への商材のお問い合わせは、健康産業関係者様向けの機能です。一般消費者の方はご遠慮ください。
また、自社商品のPRや営業メール等は固くお断りいたします。

企業名
全研本社株式会社
電話番号
※必須
03-1234-5678
連絡の取れる電話番号
090-1234-5678
部署名
健康美容事業部
担当者名
※必須
全研 太郎
メールアドレス
※必須
example@e-expo.net
メッセージ
※必須

全角0文字(全角1000文字まで)

上記の内容でよろしければ「確認」ボタンを押してください。

会社概要
会社名
株式会社中原
住所
〒336-0022
埼玉県さいたま市南区白幡3-12-16 中原ビル3F
代表者名
劉 連城
設立年月
2001年3月
資本金
1000万円
従業員数
21名
事業内容
1.健康食品原料の輸入・卸販売
ローヤルゼリー、ヒアルロン酸、グルコサミン、サメ軟骨抽出物、大豆イソフラボン、石蓮花、
銀杏葉、老陳酢など様々な健康食品原料の輸入卸販売
※ 全国ローヤルゼリー公正取引協議会 会員
2.健康食品新素材・原料の研究開発
関連大学や専門技術者と共同開発、研究、新素材の研究、開発
3.健康食品、健康関連グッズの企画、開発
ダイエット関連、美容健康関連、お悩み対策など
4.健康関連事業の企画
漢方主題の健康旅行の企画など
5.一般食品及び健康グッズの輸入・卸販売
事業所
ホームページ
http://www.nakahara2001.co.jp/
その他の出展商材
健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 原料 > な行 > 納豆菌・納豆キナーゼ(ナットウキナーゼ) > 納豆菌培養エキス末TW (ナットウキナーゼ)
■注目カテゴリ・コンテンツ
スキンケア  男性化粧品(メンズコスメ)  サプリメント  機能性成分  エステ機器  介護食品  基礎化粧品  青ミカン(青みかん)  青汁(トクホ)  アガリクス  コエンザイム  コラーゲン  ダイエット  エステ・サロン・スパ向け  大麦若葉  アルファリポ酸(αリポ酸)  ピクノジェノール  黒酢  特定保健用食品(トクホ)  医療機器(ゲルマニウム)  炭酸泉  プロテイン  ブルーベリー  豆乳  寒天  車椅子 
■注目カテゴリ・コンテンツ
決済代行  印刷  健康食品の製造(受託製造)  化粧品  健康食品の原料  美容・化粧品の製造  健康食品の機器設備 

健康食品自然食品健康用品・器具美容ハーブ・アロマ団体・学会介護・福祉ビジネス商材

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2019 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.