ゴーヤー(ニガウリ)なら「モモルディシン」:株式会社サビンサ ジャパン コーポレーション【健康美容EXPO】

健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 原料 > か行 > ゴーヤー(ニガウリ) > モモルディシン

健康美容業界最大の企業と企業を結ぶBtoBビジネスマッチングサイト キーワード検索

株式会社サビンサ ジャパン コーポレーション
原材料名 : モモルディシン
形状 : 粉末

健康野菜「ニガウリ」エキス

モモルディシン:モモルディカチャランティア抽出物
内臓脂肪 32成分
機能性関与成分
届出件数
インドアーユルヴェーダ処方薬の中で、植物インスリンとしてよく用いられています。


有効成分はチャランティンです。


糖尿病患者の耐糖能を顕著に改善した事例も有ります。
na

サビンサ社のモモルディシンはモモルディカチャランティア抽出
物としてチャランティン0.5%含有で規格化(エタノール抽出)


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ 糖尿病の測定
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
糖尿病の診断:グルコースの経口負荷試験
空腹時にグルコース75g摂取。摂取前と2時間後の血糖値の変化を測定

空腹時値
[正常値]110mg/dl未満◆[糖尿病域]126mg/dl以上

75gOGTT 2時間値
[正常値]140mgdl未満◆[糖尿病域]200mg/dl以上

75gのOGTTの判定
[正常値]両者を満たす正常型◆[糖尿病域]いずれかを満たす糖尿病型
[正常値][糖尿病域]正常型にも糖尿病型にも属さない境界型


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ モモルディカチャランティア
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
モモルディカチャランティアの血糖値降下のための2つの作用

チャランティンは、果実のアルコール抽出によって得られる結晶である。アロキサン投与されたウサギの血糖値をさげる働きが報告されている。

P-インスリン:V-インスリンとも知られており、長いポリペプチド構
造を持ち、薬理学的に牛インスリンと類似している。

 
生産国(地)または原産国 インド
関連リンク
会社概要
会社名
株式会社サビンサ ジャパン コーポレーション
住所
〒171-0022
東京都豊島区南池袋2丁目32番地12号  第4タクトビル6階
代表者名
梅原 良之
設立年月
2000年11月
資本金
6,000万円
従業員数
12名 (2021年1月現在)
事業内容
健康食品、化粧品原料素材を中心に販売。今後は特殊化学品にも販売着手。原料は南インドの都市バンガロール本社自社工場にて製造。臨床試験、毒性試験、残留農薬検査の他、超臨界抽出施設を自社に構え安定で安心できる原料を供給。マーケティング支社は、米国(ニュージャージー州)2社、日本を中心に、ヨーロッパ、オーストラリア、中国、ドバイ、南アフリカに展開。
事業所
東京(東京都豊島区)、米国(ニュージャージー州/ユタ州), ヨーロッパ(ドイツ、ランゲン)、オーストラリア(シドニー)中国(南京)、UAE(ドバイ)、南アフリカ
詳しくは http://www.sabinsa.co.jp/about/worldwideoffice.htmlをご覧下さい。
ホームページ
http://www.sabinsa.co.jp
その他の出展商材
健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 原料 > か行 > ゴーヤー(ニガウリ) > モモルディシン
■注目カテゴリ・コンテンツ
スキンケア  男性化粧品(メンズコスメ)  サプリメント  機能性成分  エステ機器  介護食品  基礎化粧品  青ミカン(青みかん)  青汁(トクホ)  アガリクス  コエンザイム  コラーゲン  ダイエット  エステ・サロン・スパ向け  大麦若葉  アルファリポ酸(αリポ酸)  ピクノジェノール  黒酢  特定保健用食品(トクホ)  医療機器(ゲルマニウム)  炭酸泉  プロテイン  ブルーベリー  豆乳  寒天  車椅子 
■注目カテゴリ・コンテンツ
決済代行  印刷  健康食品の製造(受託製造)  化粧品  健康食品の原料  美容・化粧品の製造  健康食品の機器設備 

健康食品自然食品健康用品・器具美容ハーブ・アロマ団体・学会介護・福祉ビジネス商材

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2020 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.