レバーペプチドなら「レバーHi」:ILS株式会社【健康美容EXPO】

健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 原料 > ら行 > レバーペプチド > レバーHi

健康美容業界最大の企業と企業を結ぶBtoBビジネスマッチングサイト キーワード検索

ILS株式会社
原材料名 : レバーHi
形状 : 粉末

肝臓エキス(レバーペプチド):肝臓の健康維持・向上やアルコール対応にレバーHiを!

レバーHi

『レバー』
レバーは栄養価の高い食品であることが知られており、栄養補給として食されてきました。
健康維持・向上や肝臓にお役立て下さい。

『肝臓には肝臓を』
古くから「肝臓には肝臓を」と言われるように肝臓疾患にも使用されております。飽食の時代やストレス社会と呼ばれる現代では、肝臓に負担がかかることが多くなっており、「物言わぬ肝臓」には、気づかないケースが多くあります。

『吸収性のよい肝臓エキス』
レバー特有の臭いを除去した水溶性のペプチド粉末のため吸収性が優れており、様々な方に役立て頂けます。
・ 肝臓の健康に
・ 滋養に
・ 健康維持・向上に
・ 中年の方へ
・ スポーツパフォーマンスの方へ
・ 一日の元気に
・ シルバーエイジの方へ

『ILSのレバーHi特徴』
1.レバー特有のにおいを除去
 レバーを酵素分解し、特有の臭いを除去した水溶性のペプチド粉末です。
2.水溶性
 水に溶けやすく、ドリンクにも適しております。
3.ペプチド
 分子量3,000以下のペプチドとなっており、吸収性に優れたレバーペプチドとなっております。
 また、低分子過ぎずないため、苦みが少なくなっております。
4.栄養
 レバーHiは高タンパク質であり、肝臓特有のタンパク質やアミノ酸も含まれております。
5.国内一貫製造
 国内産の豚レバーを使用し、国内にて製造してます。

『人の組成に近い動物由来を改めて重要視しましょう』
私たちは、食事に手お肉など動物から恩恵を受けて元気に過ごしております。
しかし、素材の活用は、植物由来や魚由来のイメージがよく使用が多くります。
だが、本来、人の組成に近いのは動物由来です。
豚や牛などは施設で管理されて育ち、検査を受けて食用となっており、
安心して食べられるような仕組みとなっております。
動物由来で私たちの不足した栄養素・組成をリカバリーすることで、
健康維持に役立てられます。

ぜひ、お問い合わせ下さい。

 
生産国(地)または原産国 日本
関連リンク http://www.ils.co.jp/seihin/liver.html
会社概要
会社名
ILS株式会社
住所
〒101-0041
東京都千代田区神田須田町2-6 ランディック神田ビル8F
代表者名
吉田 耕三
設立年月
2003年5月
資本金
40億円(資本準備金含む)
事業内容
ILS株式会社は、「ヒューマンライフサイエンス」をキーワードに、機能性食品分野、医薬品分野での研究を通じて新たな成果を生みだし、人々の健康と幸福に貢献できる企業を目指します。

●機能性食品事業
機能性食品事業では、「食の分野から健康を創る」をコンセプトに天然物から有効成分の研究開発して得られた機能性食品素材「L-カルニチン」、「ヘム鉄」、「肝臓エキス」をセルフメディケーションに向けた新たな健康づくりに役立つ素材として供給しております。

●医薬品事業
医薬品事業では、分離精製及びペプチド合成技術によりこれまで後発医薬品を開発し、提供してきました。これからも医療用医薬品、動物用医薬品および原薬の開発に取り組んでいきます。
事業所
守谷事業所
〒302-0104
茨城県守谷市久保ケ丘一丁目2番地1
ホームページ
http://www.ils.co.jp
その他の出展商材
健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 原料 > ら行 > レバーペプチド > レバーHi
■注目カテゴリ・コンテンツ
スキンケア  男性化粧品(メンズコスメ)  サプリメント  機能性成分  エステ機器  介護食品  基礎化粧品  青ミカン(青みかん)  青汁(トクホ)  アガリクス  コエンザイム  コラーゲン  ダイエット  エステ・サロン・スパ向け  大麦若葉  アルファリポ酸(αリポ酸)  ピクノジェノール  黒酢  特定保健用食品(トクホ)  医療機器(ゲルマニウム)  炭酸泉  プロテイン  ブルーベリー  豆乳  寒天  車椅子 
■注目カテゴリ・コンテンツ
決済代行  印刷  健康食品の製造(受託製造)  化粧品  健康食品の原料  美容・化粧品の製造  健康食品の機器設備 

健康食品自然食品健康用品・器具美容ハーブ・アロマ団体・学会介護・福祉ビジネス商材

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2020 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.