健康美容ビジネス日記
林 順之亮ブログ

医師免許

先週末、若い獣医さんとお会いする機会があった。

これから開業するらしいが、その1番の理由が、現院長と診療方針のギャップだという。

簡潔に言えば、何でもステロイドで片付けてしまうらしい。

これは怠慢ということでもなく、限られた治療手法しか知識を得ていないのである。

これは、人間医療も同じで、少数派ではあるが、高度最新医療を常に勉強している医師、様々な代替医療を試す医師もいる。

これらの傾向は、ITなど他の業界にも言えることである。

受験体質の日本人は、合格まで必死に詰め込んで、専門家の称号を得たら、そこで胡座をかく傾向があるからではないだろうか。

私の場合、アトピー初診の際、

皮膚科医「酷いねぇ、薬強弱と種類があるけど、どれがいい?」

私「1番効くのを下さい」
これが、強ステロイド剤(デルモベート)との出会いである。

医師は70代、ステロイドは麻薬のように慢性化する。
初期症状時の使用には、細心の注意をはらって欲しい。

 
⇔゙ログ内検索

wメールでURLを送る
健康美容ビジネス日記TOP

健康美容NEWSモバイル健康美容JOBモバイル結婚相談所サンマリエ美容室さがそディセンシア
健康美容EXPO(c)