健康美容ビジネス日記
林 順之亮ブログ

MBA

私は15年ほど前に、当時日本初というMBAスクールの一期生でマーケティング講座を一年間受講した。

かなり端折ったが、内容はこのようなものである。

■総論
マーケティングとは、市場の変化を受け、それに対応して組織内に「買ってもらえる仕組み」を構築すること。

■PEST
企業独自のマーケティング機会を見極めることが必要。自社が競合他社にまねできない強みを発揮できる領域の発見。

■セグメンテーション/ターゲティング
どのようにアプローチするか。競争上最も優位を保てるセグメントを選び集中する。

■ポジショニング
ターゲット市場において自社製品が競合製品より相対的に魅力的にであると顧客に認知してもらうために行う。
ターゲット顧客に自社製品をどう認知させるかを決定するもの。
ポジショニングはマーケティング・ミックスの方針を最終的に決定づける。

■マーケティングミックス
各要素が独立したものでなく、相互に密接にかかわりあっている。
マーケティングとは「買ってもらえる仕組み作り」。セリングは短期的に売上を上げるための「売り込む手段」マーケティングを一機能として独立して捉えるのではなく、全社的な視点でマーケティングと他の様々な企業活動との関係を捉えなおすとともに、組織全体にマーケティングの意識を浸透させる必要がある。

■市場機会の発見
マーケティング環境分析の目的は、自社の市場における機械と脅威を見出し、マーケティング上の戦略課題を明らかにすること。

■セグメンテーション・ターゲティング
企業が市場に効果的にアプローチするためには、「セグメンテーション」と「ターゲティング」という2つの手順を踏む。

■製品戦略
パッケージングは、デザインの良さで消費者を引き付けるとともに、競合に対する差別化の機会でもある。

■価格戦略
価格設定とはアートであり、ゲームでもある。価格はダイレクトに消費者に訴えることができるメッセージ手段であり、同時にそれは競合企業に対するメッセージにもなる。

■カスタマーバリュー
製造コストより低い価格設定がされる例、ロスリーダー価格政策:より大きな注文を取るための客寄せとして利用

■ペネトレーションプライシング
生産量を増やすことによって単位コストを低減、後に価格を上げて利益を得る。


と、こんな感じで大企業向きというか、受講者も私以外は一流大卒の大手リーマンばかりだった。

次回は、中小向けに説明しよう。
 
⇔゙ログ内検索

wメールでURLを送る
健康美容ビジネス日記TOP

健康美容NEWSモバイル健康美容JOBモバイル結婚相談所サンマリエ美容室さがそディセンシア
健康美容EXPO(c)