健康美容ビジネス日記
林 順之亮ブログ

精神障害

粗食時代にはアトピー性皮膚炎は存在しなかった。

精神科が心療内科などとイメチェンし『心』という領域まで食い物にしはじめてから、ゾンビのように精神患者が急増した。

『甘え』『身勝手』に病名を与え擁護する、今まで認められなかった甘えが、病名を与えられた日から正当化されるのである。

ここから薬ずけの日々が始まるのだ。

薬を飲まなければ眠れないと正当化癖の精神二次障害が起こり、負の連鎖となる。

メスを使わない彼らの主収入は薬を売ることである。
甘えている人、身勝手な人に申し上げたい、我慢している人、忍耐している人に失礼だとは思わないのですか?

『頑張らない勇気』『我慢しない美徳』これらは本当に病気な方の言葉であり、心の弱さを薬という麻薬に逃げ、負けないで欲しい。
野菜と魚を食し、体を動かし汗をかき、強い心を育てて欲しい。

『心の病の最大の良薬は、一切の逃げ場を排除することである』と言った人がいるが、人は生命の危機にさらされた時、心は筋肉質になるのではないだろうか。
追い詰められた時、他人を攻撃して自己を正当化する人もいるが、そのほうが余程病気だと思う。

何か感じたあなた、『頑張って』欲しいのです。頑張って頑張って頑張りぬけば、強い人達があなたを認め、信頼し勇気を与えてくれるはず。

本文は現代精神医療を否定するものではなく、『甘えに薬を処方する医師を否定』する個人的見解である。
【合掌】
 
⇔゙ログ内検索

wメールでURLを送る
健康美容ビジネス日記TOP

健康美容NEWSモバイル健康美容JOBモバイル結婚相談所サンマリエ美容室さがそディセンシア
健康美容EXPO(c)