健康美容ビジネス日記
林 順之亮ブログ

出前持ち

日本人ゴルファーは、トップオブスウィングで、「出前持ち」のカタチを作れと教わった人が多い。

この教えが、日本のゴルフを10年遅らせたらしい。

このカタチは、テークバックの最中にコックを作る感性なきスウィングであり、ヘッドが体の正面から右(右利き)に外れ、右肩下がりの原因を作り、必ず振り遅れる。

又、トップからの切り返しの際、左腰から始動せよ。
この教えも、間違いと言ってよいだろう。

正しくは、トップまでにコックを完成させ、左親指の上にクラブが乗り、その左親指から切り返しの始動をすれば、絶対に振り遅れない。

更に、テークバック時にコックを入れながら、スウィングプレーンに沿ってトップを作れば、クラブが体正面に納まり、左脇甘く、右脇が締まった状態で、体から離れた位置にクラブが上がる。

そして、左親指から切り返しが始動できれば、完全にクラブが立って降りて、右脇が開き、左脇が締まる理想のインパクトを迎えられるのだ。

現在のレギュラーツアープロのトップ写真を見ると、左手コックによる腕と甲に角度なく見えるが、体正面から右に外れていなく、実際には綺麗にコックが完成している。

因みに、タイガーウッズは左手甲が外に折れる時があり、それを強靭な筋力でヘッドを引き戻しているが、やはりフェアウェイキープ率は悪く、この修正が課題だとブッチハーモンが解説していた。

アマチュアが参考にすべきトップは、解りやすい例としては、手嶋多一、深堀圭一郎などは、左手甲に角度があり、ヘッドが遅れるミスが起こりにくい。

さて、冬ゴルフに最適グッズを紹介しよう。

これは、遠赤外線による襟巻き風ハイネックだ。



これ、とにかく温かい。

重ね着は、上級者など体の近くにクラブを通すゴルファーには大きなストレスであり、ラウンド中に暑くなれば、直ぐに脱げる。

まるで、首元に「カイロをあてているような」保温力があり、ゴルフ、スキー、釣りショップなどに流通すれば、大ヒットするだろう。
 
⇔゙ログ内検索

wメールでURLを送る
健康美容ビジネス日記TOP

健康美容NEWSモバイル健康美容JOBモバイル結婚相談所サンマリエ美容室さがそディセンシア
健康美容EXPO(c)