健康美容EXPOは健康、美容の企業間取引サイトです。
TOPページ > 健康美容ビジネス日記
2014年01月09日
『一流の努力』で『決定的な成果』を出す。

明けましておめでとうございます。

2014年は、

『一流の努力』で『決定的な成果』を出す。

がスローガンです。

8年連続で前年比130%増、計常32%を達成できたのは、ひとえに社員の努力ですと、一言で纏められるものではありませんので、多少長くなることをお許しください。

これらの成果は、ITという成長産業であることは言うまでもありませんが、一般的なIT広告(アフィリエイト、バナー、リスティング、etc)とは一線を画した戦術でありクライアントに他の広告より成果を残せたこと、収穫逓増型モデルであり未来への積み上げとなること、続けるほど価値が上昇すること、それに伴い社員が成長できる事業であること。

平たく申しますと、私たちの仕事はITメディア事業です。

結婚事業者が1番欲しいメディアは何かと聞かれれば、迷わずゼクシィと答えるでしょう。
不動産ならSUUMO(スーモ)、調味料ならクックパッド、飲食なら食べログ、化粧品なら@cosme(アットコスメ)と、その業種を代表するメディアを口にするでしょうし、紛れもなくこれらは各業界を代表するメディアです。

しかし、検索エンジンの特性上、入力キーワード毎に1番上位に適したページは何かという判断をするため、化粧品という大きな括りでは@cosmeが1番という判断をしますが、スキンケア、更には美白、美容液、化粧水となれば、そのキーワードで最適なメディアを上位に表示しますし、絞り込んだミドルキーワードの方がリスティングも高額であるように、コンバージョン(成約)する可能性も高いのです。

だとすれば、このミドルキーワード市場で次々とメディアを立ち上げれば、他よりコンバージョンする可能性が高い広告メディアを保有することができるという理念『そこにない未来を創る』のもと、我々は自社グループ、又はビジネスパートナー、濃いクライアントとのシナジー効果を得られるジャンル次々と参入し続けているのです。

そのような目線で国内外を見れば、あらゆるミドルマーケットへ参入が可能であり、広告費は企業が生きていくために必要な投資であり続ける限り、景気に左右されることが多少あったとしても、我々の事業領域が衰退する可能性は限りなく低く、20年ぶりに国がデフレを解除するという名言は、後押し以外のなにものでもないというわけです。

一部自社メディアをご紹介します。

・健康美容ビジネスのマッチングサイト(健康美容EXPO

・美容ビジネス専門の求人サイト(美プロ

・メガ合コンポータルサイト(まちコンポータル

・サプリメント総合ポータルサイト(サプリ

・スクール動画紹介サイト(入門ネット

・留学情報ポータル(ステップアップ

・化粧品体験コミュニティ(コスメニスト

・理系専門新卒採用サイト(リカジョブ

・働き方探求メディア(瓦版

・キュレーションサイト(ランディングページ集めました採用サイト集めました化粧水集めました洗顔クレンジングコンシェルジュ、美侍、他)

etc、相当数のサイト開発、運営、広告営業までを全て内製で対応しています。

苦しいからと、上場益を期待させ他人資本を集め、見せかけの筋肉をつくるのもひとつの経営手法ですが、それでは苦しい時を耐え抜いていける強い足腰をつくることにはなりません。
自分達で努力して得た利益の範囲内で財務まで内製で新たな投資をする
だからこそ、一流の努力で、決定的な成果を出し続けなければならない

それが(どこまでいっても営業会社)という全研グループのDNAなのです。

世間では、評価されなきゃ頑張れない、生産性を追求しても給料は変わらないから頑張りたくないとか、目線の低いそれこそ生産性のないことを言ってる人も少なくありません。

市場に評価されようと高い目線で頑張ってる人には、(たまにアホな上司にヤル気を削がれることがあっても)、ぜ~ったいに市場に評価される一流な人財となり、その時に外部資本を得れば、期待に応えることのできる組織になるのだと考えているのです。

私は、インターネット産業の最大の魅力は、時間も場所も限定されず事業参入が可能なことだと思います。

今年は新たなメディアの認知向上と、それらの特性を生かし、ASEAN進出を果たすべく数カ国でテストマーケティングを実施します。

2014年7月から10年目に入る後期は、10年連続130%成長への足がかりとなるよう『決定的な成果』を達成し、ピッカピカの新社屋で祝杯をあげましょう!

投稿者 Kenkou : 2014年01月09日 12:44