健康美容EXPOは健康、美容の企業間取引サイトです。
TOPページ > 健康美容ビジネス日記
2013年05月10日
■伝える力

内向けな話で恐縮です。

私は口下手だが、幸い同志は天性の伝える力を持っている。

弊社営業M原さんの結婚・産休発表の際、
『K太係長の結婚式で、
二人の産まれた時の体重と同じウエイト米を両親に贈るシーンに感動しましたので、
M原さんの入社時の体重と同じウエイト米を持って来ようと思ったのですが、
重くて持って来れませんでした(爆)』(結婚発表)と、こんな感じ。

彼とは二十年の付き合いだが、別に準備して喋っている訳でもなく、
いつも咄嗟にキレキレな(笑)や(感動)を入れてくる『さんま』のような天才肌だ。

こうした人間を見ていると
『天性だから自分には真似できない』と思う方も多いのではないだろうか。

だが、こうした会話や文章のセンスは一定の公式を使えばレベルアップできると、
コピーライター佐々木圭一氏の話が刺さったので紹介したい。

A:『デートして下さい』
これだと、その人の現時点での評価が(恋人候補)に値しなければ玉砕しやすい。
B:『驚くほど旨いパスタどう?』
要するに同じくデートの誘いに変わりないのだが、『食事というから付き合った』という大義を与え、
且つ『旨いパスタ』という相手にメリットを与えることで、
デートに誘える可能性は飛躍的に上がるという。

ファーストフードで『4分かかりますが』より、
『できたてをご用意いたします。4分ほどお待ちいただけますか』の方が断られにくい。

着陸時の機内で
『後方のお客さま、お時間がかかってしまいますので、ごゆっくりお支度ください』
と言われると、イライラしなくて済む。

同志も
『このロングパット入れたらウォシュレット付けて下さい』
と、満面の笑みで突然切り出してくる。
目くじらを立てない程度のものを、入る確率の低いロングパットを前に、突然満面の笑みで(笑)。

スノボ合宿全日にLINEで複数部屋を作り、きれいどころな女子社員を並べて
(しかもメインに私が一番断りにくいであろう努力賞な女の子を巧みに人選)、
『スノボ合宿カンパよろしくお願いしま~す♪』と。

別にウォシュレットもカンパも、何としてでも欲しいと計画的にではなく、
御新香のように咄嗟に付け足してくるのだ(笑)。

こうすれば断られにくいと体験の中で染み付いているのだろうが、
タイミングがあまりにも上手い(笑)。

さて、佐々木氏は以下のように伝える力を体系化している。

————————————————
【1】サプライズ法
【2】ギャップ法
【3】赤裸々法
【4】リピート法
【5】クライマックス法
————————————————

【1】サプライズ法
『京都に行こう』→ 『そうだ 京都、行こう。』
(そうだ)というサプライズな単語を入れているJR東海の有名なコピー。

【2】ギャップ法
『あなたが好き』→ 『嫌いになりたいのに、あなたが好き。』
スタート時(嫌い)と下げて、(好き)とギャップを持たせる。

『これは、あなたの勝利だ。』→ 『これは私の勝利ではない。あなたの勝利だ。』
オバマ大統領の有名なスピーチ。

『私は味方です。』→『誰もが敵になっても、私は味方です。』

『ここのラーメン旨い』→『他の店がまずく感じるほど、ここのラーメン旨い。』

【3】赤裸々法
『あなたが好き』→ 『くちびるが震えてる。あなたが好き。』

『お腹がすいた』→ 『何も考えられない。お腹がすいた。』

赤裸々な気持ちを単語に乗せて感情を伝える手法。

【4】リピート法
『さいた さいた チューリップのはなが~♪』
『桃太郎さん 桃太郎さん お腰につけた~♪』

最も伝えたい言葉を決めて繰り返す手法で、
有名なのがリンカーン大統領の『人民の 人民による 人民のための政治』がある。

【5】クライマックス法
いきなりメインの話をするのではなく
『これだけは覚えてほしい』+『メインの話』という組み立て。

『ここだけの話ですが』
『誰にも言わないでください』

冒頭に紹介した同志のウエイト米の話は、このクライマックス法である。

一番伝えたい言葉を決めて、前後にアクションを加えることで
主役を引き立たせられることがお分かりいただけただろうか。

私を含め、伝える力に乏しい人は体系的に学ぶ価値有りかと。

投稿者 Kenkou : 2013年05月10日 13:28

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.e-expo.net/mt/mt-tb.cgi/1194