健康美容EXPOは健康、美容の企業間取引サイトです。
TOPページ > 健康美容ビジネス日記
2013年01月25日
■上りのエスカレーター

事業部立ち上げ当初、ビジネスモデル開発は私の仕事だと思っていたが、
気がつけば多くの同志達から多くのビジネススキームが提案されるようになった。

みんなスゲーぜ(-゜3゜)ノ

さて、もうワンランク事業計画の精度をあげるため、チェックすべきポイントをお話しておきたい。

事業計画というと、『売り・金・PL』が三種の仁義だが、
そもそも優れたビジネスモデル(上りのエスカレーター)に乗りさえすれば、
参入障壁が低くなり、神経質に皮算用に時間を割かなくてもよいのだ。

上りのエスカレーターとは、

【マーケット】
ライフサイクルや、競合度合いにもよるが、大きいに越したことはない。

【ライフサイクル】
『黎明期』『成長期』『成熟期』『衰退期』と殆んどの商材にはライフサイクル(ビジネス寿命)があるが、
ライフサイクルがない事業もあり、もちろんそこでストック事業が理想。
石油、電気などはライフサイクルが長いが、ガスは衰退気味など。

【需要】
需要には
『①必要需要(エネルギーなど)』
『②緊急需要(故障、怪我、手術など)』
『③贅沢需要(モノ、その他なくても生活できる)』があり、
①②③の順で安定する。

【競合】
競合は少ないに越したことはないが、この時代に競合がいない=事業見通しを疑う必要がある。
リーダー、チャレンジャー、ニッチャー、フォロワーが存在していれば、
既に産業化している訳だから、そこに参入して活路を見いだせるのが理想。
(求人市場にジョブセンスが祝い金スキームで参入)(ブックオフが古本屋市場でパラダイムシフト)など。

【強み(競争力)】
競合を追い越せる、追い付かれない『技術力』『マーケティング力』『営業力』『利権力』などで優位に展開できるか。

【ライフタイムバリュー】
獲得コストが低く、顧客から生涯かけて得られる利益が高ければ高いほどよい。
ライフタイムバリューはきっかけとなった事業と関係のない事業で得られる利益も含み、
最初からクロスセル、アップセルがイメージできていれば、参入障壁を下げやすい。

【ターゲット】
検索需要がある、広告出稿などで判断できる。
つまりターゲットが顕在化していれば明瞭であるが、洗剤需要は二度手間がかかる。
地面から頭を出していないうちに掘る竹の子狩りのようなものだ。

これらを10点満点とし、すべてが50点越えていれば、能力、努力次第では成功できると思ってよい。
すべてが80点越えていれば、その事業こそ『上りのエスカレーター』であると言えよう。

『あったらいいな』から思考するゼロ発想、既に確立している事業を水平思考、
先進国で確立している事業を後進国で展開するタイムマシン経営と様々だが、
幸せの黄色いハンカチならぬ『上りのエスカレーター』探しの旅に出てみては如何だろうか。

以下は、同志から出たビジネスモデルだが、どれも素晴らしく不屈の精神があれば食べていくことはできる。

・サロンデザイン
・実名検索
・メロディEnglish
・ワークスタイル
・標準シラバス
・レストラン予約
・病院検索
・新作コスメ
・Web中華街
・行列くん
・SaaSマーケティング

これにひと味もふた味も加え、幸せの『上りのエスカレーター』にして欲しい。
※究極の上りのエスカレーター選びは、『結婚』と『就職』であることをお忘れなく(笑)。

投稿者 Kenkou : 15:22 | トラックバック
2013年01月16日
■コミュニケーションマーケティング

不景気でマーケットが疲弊してくると、なかなかモノが売れない、アポイントも取りにくい。
それを気合いだ根性だと力むほど、風評低下に離職率向上と負のスパイラルに突入する。

ソーシャル時代を迎え、買い手の情報収集力が増したことにより、売り手と買い手が対等、
もしくは買い手有利になったのだ。

更にスマホ普及によって移動中の検索需要が急成長した。
すなわち『今まで潜在化していた需要がスマホ普及によって顕在化した』新たなマーケットに
アプローチが可能になったのである。

ここでオススメしたいのが『コミュニケーションマーケティング』。

意中のターゲットを対象としたメディアで囲い込み、そこでコミュニケーションをはかり、
参入障壁を軽減させてからアプローチすれば、格段にアポ率は向上する。

2ステップアプローチとなり、買い手の警戒心を解き、効率よくマーケティングできる有効な手法ではないだろうか。

ここでいうコミュニケーションメディアとは、検索需要さえあればマネタイズが微妙なジャンルでも可。
むしろマネタイズが微妙=ブルーオーシャンな可能性が高いのだ。

例えば、新卒採用の求人サイトを立ち上げ、新卒採用の人事担当者にアプローチを開始するわけだが、
その前段階として『採用サイト』のキュレーションサイトを開発中。

求職者は求人サイト(Rナビ、Mナビなど)を経由し、最後に必ず採用サイトを閲覧する習性があるため、
それらのまとめポータルがあれば無料で応募を獲得することができる。

業種、地域と検索できるキュレーションが完成し、
そこに競合が掲載されていれば自社の採用サイトも掲載して欲しいとインバウンドが起こる。
これがコミュニケーション。

アプローチしたい対象を仕掛け網で囲い込み、無料で餌を提供し養殖場化し、信用を信頼に変え主提案を行う。
これが限られた市場を効率よく攻略する戦術だと考えている。

海外事例だが、アートディレクター採用の仕掛けとして、ストックフォト(写真素材)をまとめた販売サイトを作り、
その写真素材集自体に求人募集記事を打ち出すというユニークな発想。
http://blogtimes.jp/blog/2013/01/22017.html
これもコミュニケーションマーケティングそのものではないだろうか。

ちなみに、弊社の営業力(地上戦)はかなり高いレベルにあると自負している。
だからこそ海上戦、空中戦を駆使し、『超効率』なスキームを探求し続けていきたい。

投稿者 Kenkou : 15:33 | トラックバック
2013年01月07日
■当事者意識

さぁ今年も飛ばして生きましょう!
表題は弊社事業本部の2013年スローガンである。

私を筆頭に、まだまだ邪気のある事業部なので、
社員全員が顧客、同僚、会社の立場で思考できる組織を目指したいという思いから。

今年わが社は更なる成長曲線を描くために開発ラッシュとなる。

婚活マーケットにクリック&モルタル型のアプリを開発。
理工系専門の求人サイト、リクルートサイトのキュレーションサイト、
新たなマッチング概念の仕組みを開発。
新作コスメをオピニオンリーダーがオススメするポータルサイト開発。
企業データバンク、業界瓦版開発。
小学校、学童保育4万頁規模のポータルサイト開発。
更に買収案件を含めると数億円の投資となるが、
常に『金のなる木』を創り続けることこそが企業活動そのものであり、留まってはいられない。

特に新卒採用元年でもあり、彼らを育て活躍できる土壌を創り、
何度空振りしてもいいから、たくさんの打席に立たせてあげたい。

そんな想いで自己解釈ではあるが、真摯さをもっと噛み砕けば『当事者意識』になると考えた。

海外のレストランで客感情を軽視した接客を体験すると、
日本人が持つホスピタリティが如何に高いレベルにあるか、感じたことがあるだろう。
気持ちよい接客をして良質な商材を提供すれば、
顧客満足は向上しリピーターとなり、オピニオンリーダーとなり、
バイラルは拡散し売上の連鎖に繋がることもすべて判りきっているのに、
それらは当事者意識の欠如が招いているから。

企業がノウハウを公開することは、百害あって一利無しと周りに揶揄されることもあるが、
医学の世界は違う。
常に新しい研究や術式が公開され、世界中で共有し医療技術は進歩してきたように。

2013年社員一同で当事者意識に人事を尽くしたい。

投稿者 Kenkou : 16:53 | トラックバック