健康美容EXPOは健康、美容の企業間取引サイトです。
TOPページ > 健康美容ビジネス日記
2012年02月23日
■クレド

組織改革、新卒採用、中国人採用などに伴い、新たなクレド(経営理念)開発をスタートした。

皆さんは、クレドの発祥をご存知だろうか?

弊社の知財SAKAKIBARA氏の受け売りだが、アメリカでは企業経営においてキレイごとなど通用しないと、時には競合経営者を暗殺してでものし上がろうという時代に、そうした考え方に反発する勢力が現れたらしい。

当時、そのような正論を主張する派閥を『甘っちょろい思想』と軽視される中、株式市場で成長する企業の多くがクレドを掲げていることが成功要因であることが判ったらしく、それに習う企業が増えていったとか。

私も30年愛煙人生の中で、禁煙本、禁煙外来など、幾度も禁煙にトライするもやめられなかった。

だが、息子が中学生になったとき、『おまえのためにタバコやめるから、吸ったら殺すからな!?』という息子に喫煙させないというミッションを掲げた瞬間から4年が経過、いとも簡単にやめられた。

これも理念の力と言ってよいのではないだろうか。

さて、社内クレド会議で『目的と目標は違う』目的なき企業がいくら目標を掲げても大義は為し遂げることはできないと、弊社hashimoto氏が名言。

彼は限られた市場規模を認識し、ユーザーにとって、クライアントにとって、社員にとって、こうあるべきという媒体を創ると、目的がブレたことがない。

それが組織にも伝わっているのだろう。女性中心の組織だが、安定したメンタリティーを持つ社員が育つ。

彼の目的が『組織の腹に落ちている』から、社員が目標に向かう中で気持ちが折れにくいのだと思う。

クレドとは、掲げただけでは絵に書いた餅であり、企業理念が腹に落ち、経営理念を信じ、はじめて行動指針が機能するのではないだろうか。

クレドはマネージメントを強くする一方、頑張れない、勉強しない社員は居心地が悪くなる淘汰促進剤でもあるからだ。

世の中には、スープに入れたら溶けてなくなるような骨のない社員もいる。

人の上に立てない管理職もいる。

売上は鸛が運んできてくれると思っている役職者もいる。

全員大切な仲間であり、我々らしい、皆が奮い立つようなクレドを完成させたい。

投稿者 Kenkou : 11:28 | トラックバック
2012年02月15日
■スーパーロングテール

無駄な広告コストをかけたくない!

だから、キーワードツールで検索ニーズを確認し、コンバージョンしそうなキーワードを抽出し、そのキーワードでリスティング広告を出稿する、もしくはSEO対策を施す。

これ、インターネットマーケティングの基本中の基本である。

例えば、インドアゴルフスクールがコンバージョン商材なら、

「ゴルフ場」は×
「ゴルフ練習場」△
「ゴルフスクール」○
「インドアゴルフスクール」◎

となり、みんながみんなそう思っているから、当然母数の多い、コンバージョン率の高いワードは、リスティングにしても、SEOにしても競合とバッティングは避けられないため、パワーゲームを強いられてしまう。

弊社が運用するサイトをアクセス解析してみたところ、弊社のアカウントプランナーTATSURU MOTOMURAがうれしい事実が報告してくれた。


大きいサイズで表示

キーワードツールで10以下のキーワードは、通常「ニーズがない」と判断され、SEO対策ワードからは確実に外されており、リスティングの「部分一致」で1単語が一致することで表示されたとしても、コンバージョン率が低いことが判った。

例えば「薄毛に効くシャンプー」と実際に検索してみて欲しい。するとリスティングの部分一致では「薄毛」と「シャンプー」の部分一致が表示されるが、クリックしたくならないことがお分かりいただけるはずだ。

それに引き換え、オーガニック検索(SEO)は「薄毛に効くシャンプー」という完全一致ワードが多々表示され、明らかにクリック意欲をそそられる。このようなパターンで、SEOライティングに優れたライティングをしておけば、競合のない組み合わせワードが1サイトで数千ワードの組み合わせで流入していることが判り、「スーパーロングテール」であればあるほど、競合が少なければ少ないほどコンバージョンしていることがわかる。


大きいサイズで表示

キーワードツールで10以下のワードなのに、10以上の訪問が起こっているということは、キーワードツールの精度がアバウトであることを示していると同時に、無視、軽視されるワードであるが故に、意識的にそのワードを文章に盛り込もうとしない=そのワードから訪問が得られないことになる。

逆に言えば、リンクなどあてなくても、スーパーロングテールを文中に入れておくだけで、ロボットが拾ってくれて、競合がなければ楽々1位表示されコンバージョンするというわけ。

ということは、既にコンバージョンのあるページに、あらゆるスーパーロングテールを盛り込むだけで、楽に上位が奪取でき、訪問数が増加し、コンバージョンがアップするのだ。

私のブログを読んで、「そんなの当の昔から知っているよ!」と思って対策している人も少数いるだろうが、それを理解し意識してライティングして流入を稼いでいる人は、おそらく圧倒的に少ないのではないだろうか。

確かにあなたも「あれ これ それ」と検索窓に入力してはいないだろうか。

弊社のSEOライティングチームの精度の高さに関心すると同時に、営業部TOPがそれを熟知し、クライアント商材に詳細に対応したコンサルティングが実践できていることに、心からうれしく思う。

投稿者 Kenkou : 15:32 | トラックバック
2012年02月08日
■パーソナルアロマ

アロマテラピーの世界でブルーオーシャンを確立した私の戦友、アロマティスト小泉美樹を紹介したい。

ブログを書きはじめて7年程経つが、個にFOCUSするのは美容ジャーナリストの齋藤薫さんに次いで二人目である。

あまりにも身近にいた人間なので、優れたビジネスパートナーと認識はしていたものの、離れてみて改めて彼女の本当の凄さに気づかされた。

アロマティストとしてTV雑誌で活躍する傍ら、モーニングビジネススクールの校長として運営に携わる、走攻守揃った優れたビジネスウーマンであり、パイオニア思考溢れる経営者に成長していたのだ。

彼女は、アロマテラピーをパーソナル化したパイオニアとなった。

アロマといえば『ラベンダー』『ペパーミント』『グレープフルーツ』etc、ほぼ既製品だが、このマーケットで『香りをID化』、パーソナル化したのである。

あらゆる業界に『特注』『オリジナル』という分野があるように、個々をイメージした香りを調合してくれる。世界でひとつだけの林順之亮の香りを提供してくれるのだ。

これをFC化、ネットワーク化することで水平展開し、パーソナルアロマの提唱者を育成し、世界でひとつだけの香りを求めるマーケット、そうブルーオーシャンを見いだしたことになる。

彼女は、アロマを『癒し』と提唱する気はないというところがビジネスマンであり、すべて独りで構想を具現化し、しっかり商標まで出願してるあたりも抜け目なし(笑)。

ひとりひとりに香りがID化され、イチローがバッターボックスに入る前に必ず同じ香りをルーチンに導入しているように、個人が家紋を持つように香りと生きて欲しいとのこと。

やがてはチョコレートではなく、パーソナルアロマ(調合レシピ付)を贈りあう素敵な恋人達が日常化する日も近いだろう。

※これだけ褒めちぎっても、ヤツは私からもお金を取るんだろうな(笑)。

投稿者 Kenkou : 12:16 | トラックバック
2012年02月06日
■タン、タン、ターン

コンバージョンの上がるサイトの作り方を紹介したい。

インターネットユーザーは目的の商材に到達する過程で、様々な競合商材と比較し購入を決定する。

距離の概念がないため、リアルより短時間で多くの比較検討を行うことができ、商品の場合だと価格コムで最安値店を確認し、より安く買えるルートを探す。

サービスだと該当ジャンルのサイトや、地域に絞り込み、やはり比較検討して来店を決定する。

ユーザーが購買決定する過程で、いくつかの競合サイトと比較して、それらに勝っていれば、必ずコンバージョンはアップするのだ。

エステで例えるなら、レディースは『効果』『価格』『ビジュアル』。

メンズエステなら『価格』『効果』『ちょいエロ』『癒し』を意識してほしい。

さらにブランド価値が競合に勝るか劣るかによって価格を調整したり、営業力の有無もコンバージョンの要素となる。

ブランド価値は低い、価格は高い、営業力はない、ビジュアルもイマイチなまま、リスティングやSEOにお金を払い続けている悲劇的な会社も少なくない。

スーパーやコンビニでも店舗レイアウトの必勝パターンがあるように、インターネットも導線設計によってコンバージョンは上下するのだ。

インターネットにはいくつかの鉄則があるので、実際にイメージできるようラフもお見せして紹介しよう。

◆全てのサービスにトップページから1クリックでジャンプできる。

◆施術サービスなら、レンタルポジは使わない、客目線で撮影する、明らかにモデルと判る人よりスタッフに見える人を使う、メンズは『ちょいエロ』を忘れないなど。

◆右上に『お客様の声』いわゆる口コミを載せる。

◆画面範囲内に参入障壁の低い、体験やキャンペーンを載せる。

◆お店がイチオシするメニューと、その根拠を展開する。

◆悩みから施術メニューに1クリックで。

などなど。

要するに、トップページから全てのサービスページに1クリックでジャンプし、サービスページは、まるで施術を受けているかのように『タン、タン、ターン』とLPのようなページでアクションさせればよい。

作品:エリカ様

●メンズ(大きいサイズで表示

●レディース(大きいサイズで表示

投稿者 Kenkou : 18:25 | トラックバック