健康美容EXPOは健康、美容の企業間取引サイトです。
TOPページ > 健康美容ビジネス日記
2011年11月30日
■編集長宣言

一般的に、営業が生産部門と呼ばれ、制作は非生産部門と称されるのが常だが、弊社では制作部門が通常タスクをこなしながら、それ以外の時間で1人1サイト、計30のポータルサイト開発を開始し、生産部門としてオフェンスに乗り出した。

当然、健康美容領域で既存クライアントの売上支援を視野に入れた戦略であり、このサイトはあのクライアントのあの商材と、次いで営業を想定。

月平均最低100万円を売上げられるサイトを30開発し、年間3~5億円を目指す事業にする。

もうひとつの目的は、制作社員全員の名刺に『編集長』という肩書きをプラスするためだ。

ネット業界の仕事のなんたるかは、媒体を管理する責任を持ち、トラフィックはもちろんのこと、滞在時間からコンテンツの精度を認識し、キャッチコピーを再考し、検索順位に一喜一憂し、生きたサイトを管理統轄し、はじめて理解できるからである。

これらの経験を日常化し、統轄サイトの売上まで管理することで、すべての担当業務を俯瞰的に見れば、最適化思考が磨かれるだろう。これが全制作社員を編集長にする目的だ。

以下社員日報

【勝負】
高木さんが隣でちゃくちゃくと自社ポータルを制作されてます。

高木さんの、コーディングしつつ、イラスト描きつつ、原稿書きつつ、という
脅威のマルチプレーヤーぶりを横目で見ながら、ひたすら焦る私です。

どのくらい進んでるんですかぁー、と私(偵察)。
いやいやまだまだ。毎日少しずつでも作っていかないとね…。と高木さん。

うう、ここでほかのタスクを持ち出せば、完全に言い訳。

こういうときに、ぜったい踏ん張って納期どおりに良いものを仕上げるか、いろいろ言い訳して他の何かのせいにして投げ出すか、ビジネスマンとしても、人としても、勝負だな。

というわけで高木さんを見習って、終電までこつこつ1Pずつ、作って帰ります。

上記は、社員の日報だが、全員が通常タスクを抱えながら、タイトな開発を鶴の一声で押し付けた私からすれば、大変有り難い光景だ。

通常タスクをこなしながら、4ヶ月で30人でポータル(50~100頁)を30サイトを年末にローンチする『全制作社員編集長』企画の偉業にラストスパートだが、なんとか頑張っていただきたい。

※久々に新宿界隈(大久保)のイチオシグルメを紹介しよう。その名も『ベトナムちゃん』。ベトナム風お好み焼きが最強でした。





投稿者 Kenkou : 09:53 | トラックバック
2011年11月24日
■街コン

全国津々浦々の街で『街コン』という合コンイベントが盛んに開催されている。

街コンは、数名程度の普通な合コンではなく、『街おこし』『人おこし』もっと正確に言えば、結婚して地元に就職して納税してくれる『税おこし』の大型イベント『メガ合コン』である。

地域の商店街同士で数十店舗が集まり、客集めから各店で行うパターンの街コン。

パーティー主催会社のように会費収益目的で開催し、拡大に伴いプラットホーム化で広告事業を目論む街コン。

市町村や組合、会議所など行政が過疎化防止のための定住促進、それが地元納税に繋がると目論んだ街コンと、同じ街コンでも様々な意図で開催されている訳だが、適齢期の男女が数百、数千単位で集まれば、何らかの収益に繋がるのだ。

皮算用だが、50店舗で100人ずつ集めれば5千人、会費5千円なら『2500万円』、月1開催なら街コンは年間売上【3億円】のビジネスになる。

過疎化、納税額減少に悩む役人も、店舗経営者も、出会いを求める参加者も、街コン開催業者も、すべてがメリットであることも凄いが、行政が後押しできるというスキームだ。

マーケティング目線で見ても、『入学』『就職』『結婚』などの節目ビジネスであるため、街コンは確実に成長産業に発展するだろう。

通常のフィーリングカップル5対5のような合コンだと、お目がねに叶うのは1人いれば当たりであり、その他の雑音とも愛想笑いを浮かべながら2~3時間は付き合わなければならないため、帰りに『もう合コンはいかない!』という声を聞く。

街コンは違う。

想像して欲しい。街コンは最低2名以上で参加できるため、然程仲がよくない同性から数合わせの必要もなく、ベストな2人で参加することができる。

1人じゃないため物怖じの必要もなく、雑音は軽くあしらえばいいし、数百名以上もいればヒューマンウォッチングだけでも飽きないし、僅か5千円前後で一度に数十軒の飲食店をハシゴできる機会など、的屋を回る祭りくらいではないだろうか。

そう、街コンとは公然とナンパが許されたお祭りなのである。

不謹慎発言だが、既婚者もOKなため不倫の出会いの場にもなるし、ビジネスチャンスにも、趣味友達も見つかるかも知れないスゴいメガ合コンが街コンなのだ。

みなさん、街コンで恋をしましょう。

街コンで誰かを好きになりましょう。

そして自分を好きになりましょう。

街コンは世界を新しくしますから。

街コンの出会いは知らなかった歌を好きになったりしますから。

ゴハンが美味しくなったりしますから。

深呼吸の意味を変えたりしますから。

それは嘘の悲しさを教えてくれますから。

例えそれが終わっても、きっと何かを残してくれますから。

さあ、街コンで恋をしましょう。

そんな全国の街コンを紹介する街コン検索サイト『まちコン』にアクセスが急上昇中、取材が殺到で、モノマガジンの来年のトレンドにも選ばれそうだ。


『まちコンポータル』を運営するチェンバーメディア社では、これから街コンを開催したいという方々に開催支援も行っているので、規模の大小に関わらず相談してみるといい。

前回のブログ『適当ですね』と読者に揶揄されたので、今回は暑苦しいくらいに『街コン』を連呼させてもらったが、深い意味はないので(笑)。

投稿者 Kenkou : 11:45 | トラックバック
2011年11月22日
■便利グッズ

私は、基本的に家電量販店にタレントのPOPと共に並んでいる、有名メーカーの『少しお高い』パソコンを買うメーカーや量販店にとっては『ありがたい』人種である。

だが、今回はドスパラ(アキバ系御用達)で自宅用デスクトップ(モニターなし)を購入した。

基本スペックは以下の通り。

【OS】Windows7 HP
【CPU】IntelCore i7-2600
【メモリ】8GB DDR3 SDRAM
【HDD】1TB(1024ギガバイト)
※HDMI端子搭載

画像では伝わりにくいが、モニターはフルハイビジョン40インチと、少々なサイトならスクロールなしで見られるビッグサイズ(笑)。

これだけ揃えて9.9万円!

これでパソコン以外でも『3Dゲーム』『TV』『映画』と考えてのスペック。

量販店では『HDMI端子搭載』のデスクトップは売っていないため、専門店で購入した。

この価格で大画面TVとパソコンを楽しめるお買い得なプランではないだろうか。

ちなみにハイビジョンではフォントが潰れるため、『フルハイビジョン』が必須なのでお間違いなく。

次いでにiPhoneが浴室でも使えるグッズ。スピーカー付なので音楽もOK!

最後に、『ピアンタ×スタンツァ』という製品だが、自宅で植物を起きたいが、スペースを取られるのが嫌という方にオススメ!


投稿者 Kenkou : 13:41 | トラックバック
2011年11月08日
■ソーシャルメディアマーケティング

アメリカではインターネットユーザーの93%がFacebookユーザーで、その数は『1億5200万人(日本の40倍)』と全人口の半数以上、大人の3/4が利用するゼネラルメディアとなった。

Twitterユーザーは22.5%『3675万人』と少ないが、若年層且つハイリテラシー層で『富裕層マーケティング』向きなメディアらしい。

メールの3倍も『SNSやブログ』に時間を費やしているアメリカの双方向ツールは、コミュニケーションツールだけでなく、企業のマーケティングツールとして日常化しているようだ。

マーケティング文化としても、総予算の5%(日本は1%もいかないのでは)も調査費用に投資し、3年でイーブンにもっていけない事業は即撤退するなど、リスクマネージメントのレベルが違う。

そのため、低コストで参入できるソーシャルメディアマーケティングから参入するケースが多く、成功事例も多々、日本よりかなり進んでいる。

米ヤクルトでは国土やコスト面の問題から『ヤクルトおばさん』が起用できず、ソーシャルメディアによって大人に『超改善』を徹底的に訴求。バーガー&コークで腸を酷使している意識が高いなどの理由から『大人の飲み物』として定着。
アメリカで格安航空会社(日本のスカイマークのような)は参入する度に撤退を強いられていたが、【jetBlue】という格安航空会社はソーシャルメディアだけで全米10位にまで急成長。

Twitterでチケットを販売するだけでなく、業者向けコンペを呼び掛けるなど、ソーシャルメディアを使った仕掛けで話題を創っている。

画像は米東芝サイトだが、右上に『Twitter』『Linkedin』『Facebook』『TOSHIBA Blog』『YouTube』『TOSHIBA Telecom』のアイコンが並び、顧客や株主だけでなく、まさにソーシャル(社会)と対話する姿勢をソーシャルメディアで具現化している。

それに大きな影響を与えたのが、米TOYOTAのリコール問題であり、水際で顧客と対話を怠り不満が情報暴徒化し、国を上げた問題にまで発展した。これはソーシャルメディアでのコミュニケーションで簡単に防げたと、悪しき前例と揶揄されているらしい。

日本でもTwitterやFacebookを活用し、フォロワーに自社商材を訴求するなど、断片的な訴求は行っているが、アメリカでは『CLO(ChiefListeniogOfficer)』などと呼び、専属のソーシャルメディア担当が配置され、地に足のついた業務として成り立っている。

『製品開発』『リサーチ』『CRM』『PR』『販売促進』『カスタマーサポート』『支援』『告知』と様々な活用例があるが、日本でのソーシャル世界はまだ『ブルーオーシャン』だらけではないだろうか。


投稿者 Kenkou : 09:53 | トラックバック
2011年11月07日
■王様ゲーム

私の頭の中はいつも『王様ゲーム』のことでいっぱいである。

ビジネスマンである以上、『チャレンジャー』『フォロワー』より、『リーダー』または『ニッチャー』でもいいから王様になりたい。

主戦場であるマーケットで一番だと、何より社員が楽だから。という理由から、頭の中はいつも王様ゲーム(笑)。

デファクトスタンダード(事実上の標準)を取りにいくには、自社の得意領域を活かしながら参入できるマーケットを探すのが理想である。

弊社の得意領域は、『SEO』『営業力』『マーケティング力』『健康美容』、このリソースを活かせ、且つ『成長市場』に参入すべきだろう。

(化粧品)(健康食品)(エステ)(ヘアサロン)(美容医療)をモルタル市場のリーダーでフィルターにかけると、『資生堂』『DHC』『TBC』『TAYA』『湘南美容外科』となる。

健康食品成分(ニッチャー)だと、にんにく卵黄なら『健康家族』、青汁なら不味いは『キューサイ』、旨いは『アサヒ緑健』、グルコサミンなら『世田谷自然食品』、黒酢は『えがお』、ブルーベリーは『わかさ生活』ということになる。

クリック市場なら『@コスメ』か『ケンコーコム』などがある。

さて、私が生まれた年にスタートした11PMだが、テレビの深夜番組などあり得ない時代に大成功。マスターズゴルフなど朝5時から中継でも『スポーツは生じゃなきゃ意味がない』と、これもまた当たった。

私なんか『シャバダバシャバダバー♪』という音楽が聞こえてきただけで【元気!?】になったものだ。

そんな『時代を創る』なんて仕事ができたら、どんなに人生が豊かになるだろうと思うと同時に、この人と共に時代創りができて幸せだったと思う、思われる人生が、本当に『裕福』と言える人生なのだろう。

さて、弊社のリソースを活かせ、且つ成長市場と言えば『脱毛』だと思う。

『全身』『脇』『脛』『腕』『背中』『V』『O』『ヒゲ』『胸毛』と、女子が生えて欲しいのは脱毛は『睫毛』だけで毛はいらない。

男子の『ひげ脱毛』市場など上昇の一途であり、総じて安定マーケットであることは明白だ。

人材参入から観ても、医学部で、美容皮膚科、美容外科は『死なない』『儲かる』『女にモテる』の三拍子。

海外は伸びている、日本は遅れている。

さらに、レーザー機器は『未承認』だから大手が参入していない、大学病院で学問として学んでいない。

ほんでもって、既に認知されているし、潜在マーケットは数千万人いる。

しかも、『痛くて効きにくい』IPL脱毛(エステ)が脱毛マーケットの多くを占有している『ねじれ現象マーケット』であり、正しい情報の啓蒙(エステより病院の脱毛が効いて痛くない)と価格破壊を行うことで、脱毛マーケットのリーダーになることができる。のではないだろうか。

駅前に安価でチケット制の脱毛サロン(千円理髪店のような)を、数千円程度で駅前に展開すれば、必ず流行るだろう。

脱毛機器は型落ちでも効果はあるので、ネックはエステティシャンの10倍近い医師の人件費で、これをクリアできた時点で弊社はかなりリーチをかけられる。

脱毛と、医師バイトのネットマーケットを抑えられるため、クリックなら数十憶、モルタルなら数百憶の事業規模を制することができるだろう。

もう1つは『学会ライブ』。学会に来られない会員に向けたライブ中継ポータル。

以上、王様ゲームのマスターベーションを公開したが、皆さんの事業リソースを活かしながら参入できるリーダーかニッチャーマーケットを探してみては?



投稿者 Kenkou : 09:49 | トラックバック
2011年11月01日
■佐藤洋平

ブログタイトルにフルネームは初!?

この佐藤洋平は、ゴルフ歴1年で『ハーフ39』80代でラウンド。皆で敬意を表したワンショットとフルネーム(笑)。

最近、社内のゴルフ人口が急増した。

初心者は尚のことだが、殆どのゴルファーは腰をキレず『腰を開いた』スイングをしている。

私も十数年『腰を切れない』ゴルファーで、『白ティーシングル』だった。

腰を開くと、ヘッドを手元が追い越さないままダラダラとヘッドを開いたままのスイングになり、一番の醍醐味である飛距離アップの大きな妨げとなる。

しかし、腰を切ろう思っても簡単にできるものではないので、参考にしてほしい。

飛距離アップで重要なのは、①ヘッドスピードを上げること、②芯に当てることである。

インパクトでヘッドスピードを上げるヒントは『電車のつり革』だ。

つり革につかまって電車が急ブレーキをかけたら『前につんのめる』。つまり、猛スピードで急ブレーキをかけたらつんのめる、その『つんのめる』=(急加速)するということ。

イスに腰かけて大股開きの上体でスイングすると、腰を使えないため腕だけで振るしかない。

すると、グリップが体の正面を通過する時、左手を右手が追い越していく(開閉する)ことに気づくはず。

右足の上でテークバックし、ダウンもフォローも右足の上で行う『明治の大砲』のイメージでスイングするイメージも効果的だ。

もっと簡単な修正法は、右足の親指を地面に突き刺したまま、思いっきり普段の『腰開き』スイングをすると、腰が開けないことを体感できるため、アレコレとチェックポイントを意識しなくてよいため、ラウンド中は是非トライしてほしい。

繰返すが、ゴルフスイングは腰を開かず、腰をキラなければならない【画像参照】。

開く(左に流れる)人は、ゴルフバッグを左腰の10センチ左に置いてスイングするとバッグに左腰が当たり倒してしまうが、キル(回転する)人は腰がそのまま後ろに回転するから倒れない【画像参照】。

だから、足→腰→腕→ヘッドの順にリリースされ、ボールに最大値のパワーでインパクトできるのだ。

おさらい。

右足の親指を地面に突き刺したまま、グリップが体の正面を通過する瞬間、左手に急ブレーキをかけると、電車でつんのめる同様に右手が急加速(開閉)し、ヘッドスピードの最大値を得ることができる。

この感覚をテニスで表現すると『体を開きクロスに打つ体制から、ラケットを開閉しネットぎりぎりのストレートに打つ』感じ。

野球だと『ファースト方向にライナー性の当たりを打つ』感じ。

さぁ、頑張ってね手を返す練習をして、画像のおじさんのような悲しい左肘を撲滅しよう!


投稿者 Kenkou : 16:11 | トラックバック