健康美容EXPOは健康、美容の企業間取引サイトです。
TOPページ > 健康美容ビジネス日記
2011年05月27日
■権利教育

同じ仕事をしていても、イキイキとした表情で仕事をしている人と、苦痛に満ちた表情でイヤイヤやっている人がいる。

といっている私もA面な自分とB面な自分が共存している平凡な人間だ。

私は、この世に面白い仕事なんてないことに四十過ぎて気づかされた。

つまり、『この世に面白い仕事などというものもない』し、『つまらない仕事も存在しない』のだ。

「面白い仕事」と「面白くない仕事」が存在するのではなく、「面白そうに仕事をする人」と「つまらなそうに仕事をする人」がいるだけなのだ。

面白い仕事は最初から存在するものではなく、人が創り出すものだと私は思う。

とんでもなく退屈そうに見える不人気の仕事を、感動で涙が溢れるような仕事にすることができた時、「生きててよかった!」と思えるのではないだろうか。

子供の頃、どうしてあんなに何でもないことで笑い転げることができたのか。

子供の頃、どうしてあんなに単純なことを飽きもせずに延々と繰り返すことができたのだろうか。

子供にできて大人にできないはずがない。

自身で躓いていると思っている大人の方々にグットくる言葉があったので紹介したい。

勉強ほど贅沢な娯楽はない。

勉強ほど年齢に関係のないスポーツはない。

とことん集中して脳みそを使った後は、フルマラソンを走った後のように、ぐったりと疲れて昏々と熟睡できる。

もし人間の脳を100%フル回転させたら、原子力発電所ひとつ分のエネルギーを必要とするらしい。

社会に出ると解るが、勉強というのは義務なんかではなく、明らかに権利であることに気づかされる。学生時代は義務教育だったが、社会人になったら権利教育なのだ。

権利教育では教科も教材も無限にある。この世の中のありとあらゆるものが教科であり教材なのだ。

権利教育では先生は自分で選んでいい。

この世の中のすべてが先生である。

権利教育では締め切りなど存在しない。

すべての締め切りは自分で決めていいのだ。

権利教育に合格点は存在しない。

すべての合格点は自分で決めていいのだ。

仮に入院することになっても、会社に遠い家に引越しをしても、「これでたっぷり勉強できる」とワクワクし元気になっていくのが幸せな人生なのだ。

最近知り合った凄い人がいる。目をキラッキラさせて、世界中飛び回って勉強して、勉強したことを日本中の方々に惜しみ無く情報を教えて、市場をひっくり返そうとしている坂本龍馬のような人。

どん詰まっている人へ。

なんでもええから勉強してみ♪

変わるから・・・。

投稿者 Kenkou : 20:38 | トラックバック
2011年05月26日
■フリーミアム

私は食べログの『味検索』と『コスパ検索』(有料コンテンツ)の超ヘビーユーザーである。

ここ数年、夕食の8割は食べログを見て、地域1番店から順に選び、たまに味・コスパ共に1番店に入れると、何とも幸せな気持ちになるのだ。

店名検索しても、8割は『食べログ』が『ぐるなび』を凌駕しており、顧客満足度目線から見ても、検索推移(図 青・ぐるなび、赤・食べログ)から見ても、『ぐるなびは終わった』と思っていた。


が「ぐるなび」、が「食べログ」

しかし、『食べログ』と『ぐるなび』を比較したある記事を見て、その結果が非常に考えさせられるものだった。

いちばん驚いたのは『食べログ(2.9億PV)』に対し『ぐるなび(8.4億PV)』と3倍、それに伴い『食べログ(5.484百万円)』(四半期)に対し『ぐるなび(285百万円)』(四半期)と売上は20倍・・・(声が出ない)。

比べものにならないほど、食べログの方がユーザビリティーが高いのに、『ぐるなび(全広告)』と『食べログ(情報&広告)』というビジネスモデルの違いが、PV3倍なのに売上20倍という結果である。

『安くも旨くもない』店からも広告費を貰い優劣をつけないぐるなびに対し、旨い不味いとは関係なく広告費を払う一部の店からしか課金できない食べログの『あまりにも切ない』現実。

昨年より、必然的に一部有料コンテンツ化したら非難の声。『本当に旨い店』という堂々と有料化に値する情報を喜んで使っていたユーザーも有料化した途端、手のひらを返し文句を言う。

『情報』に金を払わない日本人の対質なのだろうが、ミシュランより遥かに精度の高い情報をもってしても、インターネット=無料という先入観とどう戦っていくかが課題だと感じた。
そう、食べログは『ユーザーに真実を伝えたい』という情熱から、不味い店(低点)から金をもらわないどころか、掲載を下ろせと訴訟までされている。

Cには無料で間口を広げ、Bからマネタイズが定説ではあるが、MBAの授業でも、マイケルサンデルの授業でも、食べログや@コスメのようなバイラルマーケティングの成功事例は出てこない。

実業化なら誰もが憧れる『フリーミアム』が全面広告に勝てないという私にとってはショッキングな事実だが、本質を見極めずにフリーに幻想を抱くとマネタイズに苦労するという教訓。

創業事業でフリーミアムに参入するのではなく、基盤が確立して挑戦するべきかも知れない。

※AKB総選挙のニュースを見るとなぜか下痢になる。

投稿者 Kenkou : 09:48 | トラックバック
2011年05月19日
■アポ電

アポ電(テレアポ)と言えば『気合いと根性』という暑苦しいイメージだが、これからアポ電(テレアポ)を始める方々に、『アポ電とはマーケティングである』ということを伝えておきたい。

マーケティングとは、売れる確率の高い見込み客を目の前に連れてくることだ。

婚活サイトの実態調査をする中、無料や定額制だと何通送っても同じ料金なので、男子が女子に片っぱしから『コピペメール』を送りまくることが判った。

女子は防衛本能的に『数打ちゃ当たる』アプローチには靡きたくないため、ゴミ箱行きとなるのだ。

アポ電も同じ。

『for me』なアポ電はガチャ切りの餌食となる。

このガチャ切りを突破する方法は1つ。【yes but yes方式】な内容の『for you』なアポ電をすれば、劇的にアポ取得率はアップするだろう。

yes but yes方式とは、御社のリスティング状況を拝見させていただいたのですが、現在複数のキーワードでリスティングをかけていらっしゃいますよね?(yes)

しかし、待ちうけるLPがすべて同じで、キーワード毎にLPO対策を採っていらしゃいませんよね(but)

御社商材に合わせたキーワード毎の情報サイトを低額で開発運用が可能なので、LPOが強化されて、更にはCVRもアップさせることができるんですよ!(yes)

という具合に【同調】【問題点】【解決策】と、見込み客が気づかない視点を提供するfor youなアプローチは、棒読みアポ電とは、訪問した時点で聴く姿勢まで違ってくる。

このような見込み客の現状を把握した内容のアプローチをするだけでアポ取得率は向上する。

さらに考えて欲しいのは、自社が訴求している商材が、どこにアプローチをすれば効果的なのか。アップセル、クロスセルが可能な規模の会社なのか?

最後にもう一度言う。

アポ電とは、売れる確率の高い見込み客を目の前に連れてくること。

頂を目指せ♪

投稿者 Kenkou : 18:10 | トラックバック
2011年05月17日
■やめないでよかった

表題は、日本プロゴルフ選手権(日本最古のメジャー大会)で、河井博大選手(39才 プロ16年目)の初優勝でのコメント。

中学3年でゴルフを始め、日本大学を経て広野GCで研修生となり1996年にプロテストに合格。

00年に初シードを獲得するが、翌年陥落。その後はQTでも失敗することが続いた。久しぶりに出場権を得た06年に再びシード入りするが、またも1年で手放してしまう。

06年にパーオン率1位に輝くなどショットの安定度は高いが平均パット数は例年100位台とグリーン上で苦戦。それが安定した成績につながらない原因だった。
通用する可能性が全く感じられなければ、さっさとレッスンプロに専念するのだろうが、まさに『神は乗り越えられない試練は与えない』の実例である。

それが優勝のコメントに現れている。

『続けててよかった』という言葉ではない。決してやめたいと思ったのではなく、家族のために仕方なく『やめなければならない』と何度も思ったに違いない。

それが思わず『ここまでながかった』『やめないでよかった』という言葉になったのだろう。

さて、私も食えない時代があって、幾度となく諦めたい気持ちに苛まれたことがあったが、カルビー松尾社長の言葉に救われた。

当時甘いお菓子が主流な中で、これからは好景気に伴いビールが普及する。その場合甘いお菓子よりカッパえびせんに勝機ありと考えたらしい。

しかし、『そんな揚げて塩ふっただけの安っぽいスナック菓子が売れるわけがない』と、問屋回りして2年間断わられ続けたという。

その時、周囲の反対や社員の消沈に、何度も沸き上がる『諦めるしかないのか』という感情を封印するため【諦めることを諦めた】と周囲に公言した。

何年費やしても、心に逃げ道を用意して頑張ったふりをしている人には、このような栄冠は訪れないのかも知れない。

この魔法のメソッド【諦めることを諦める】を新卒諸君に贈りたい。

投稿者 Kenkou : 09:51 | トラックバック
2011年05月16日
■プロとアマ

どんな組織でも、二通りの人間しかいない。

『プロフェッショナル』と『アマチュア』である。

『セミプロ』というものはこの世に存在しない。

もしセミプロというものが存在するとしたら、それはアマチュアより質の悪いアマチュアだ。

組織におけるプロフェッショナルとアマチュアの比率は、プロが2割に対してアマが8割である。

この8割のアマチュアは、常に2割のプロフェッショナルたちに飯を食べさせてもらっている。さらに厳しい言い方をすれば、アマチュアの家族は、本当は2割のプロフェッショナルたちに間接的に養ってもらっている。

プロフェッショナルとアマチュアの決定的な違いは何か。役職でも労働時間でもない。

関わっている仕事すべてにおいて【当事者意識】を持っているか否かである。

プロフェッショナルが新卒の中にいることだってあるし、アマチュアが40代、50代にだっているのだ。

当事者意識を持っていると、短時間でものごとの本質に迫ることができると、最近つくづく感じる。

※プロを目指す彼女(女子高生)は、トップの位置はここで、ポールのどのあたりにクラブをコンタクトさせて、どの高さにフィニッシュするかまで考えながら打っている。

私を含め、無様なスイングでただ気持ちよく打っているオジゴルファーと、同じスポーツをしてるとは思えない(笑)。








投稿者 Kenkou : 11:29 | トラックバック
2011年05月13日
■羊のチカラ

震災時、ディズニーランドのクレドが紹介されて、社内でも話題となっている。

緊急時、社員はおろかアルバイトまでが、売り物のぬいぐるみを防災頭巾変わりにし、落ち着いた言動、誘導と共にお客様に配布した。

『ゲストを守れ』というミッションが、売り物を配布するというクレドの徹底ぶりだと称賛していた。

トップがいない状況でも、社員がやるべきことを理解して動ける会社は『企業』、でなければ『商店』であると戒めている会社は成長するのだろう。

どんな会社も1割の狼と9割の羊で構成されているのではないだろうか。

弊社では、羊のチカラを最大化するため、マネタイズスキームも可視化することにした。それが『自社媒プロジェクト』だ。

社員全員がポータルをひとり1サイト以上で100サイト運用していくというもの。

社員全員で参入価値のある『境域』ロングテールマーケットを探し、100人で100サイト運用を目標に掲げ始動した。

境域マーケットとは、例えば美容分野なら「美容外科、美容皮膚科」というものではなく、「シミ」「たるみ」「ニキビ跡」などの症状ワード、更には「フラクセル」「フォトフェイシャル」「サーマクール」というレーザー機器ワードまで、確実にSEOの投資対効果が見合う境域媒体を開発。

「靴修理」などのマーケットは、ユーザーが検索しているその瞬間靴が壊れて困っている、複数サイトを見比べることはせず1位をとりあえずクリック、店舗の場所を知るためにその広告枠をクリック、という広告主に有利な展開も見込める『緊急需要』マーケット。

客単価が非常に安い業界だが、1枠千円ほどの広告枠なら無数にターゲットが確保できる。というように、どんな境域でも月10万以上で100サイトで1000万以上の広告費が見込める。

飲食でも、学校でも、病院でも、チェーンと組んで地域テールを獲得することもできる。

このスキームがなぜ羊に向いているのか。それは、「杉並 靴修理」で上位に上がったところから営業をかけることができるため、販売障壁も低く電話だけで契約を獲得することができるからだ。

1サイトだけ運用し、数社から100万だと不安定だが、数百、数千のクライアントから得る月10万、100万は大きい。

自社で商品を抱えている会社は尚のこと着手すべきである。

※多勢が輝いてこそ美しいし、それでこそ商店でなく企業である。

投稿者 Kenkou : 13:20 | トラックバック
2011年05月09日
■勝ち場

ブランド企業と駆け出しベンチャーとで、どちらに入社しようかと迷っている若者と話す機会があった。

あるBloggerの言葉だが、私も同感なので彼に届けたい。

組織はピラミッド型であり、上に行くほど価値ある仕事を任される人は少なく、それ以外の人も終身雇用風土で辞めさせず、何らかの仕事をあてがい給料を払い続けていく。

『あてがわれた仕事』が面白いわけもないが、ローンも老後準備もあり簡単に転職しなくなり、つまらない仕事と思いながらもひたすら定年の日を待つ中高年が増えてしまう。

これは、分不相応な会社に滑り込み、勝てない場所で何十年もぶら下がることで起こる末路ではないだろうか。

昨今大注目のインド市場で自動車業界トップは『スズキ』である。

当時混沌としたインド市場に早期進出するのは、どんな企業にとってもリスクだが、トヨタ、ホンダが注力する日米欧中では勝てないと考えたのだ。

敢えてリスクがあるインドを『勝ち場』と考え、状況が思わしくなくても踏ん張り続けトップになった。

憧れの一流企業から青田買いにあうほどの学生は、数千人の一人として入社し、入社した中で数百人の一人として、明るい未来を掴めるだろう。

しかし、友達から『スゲ~ッ』と驚かれるような人気企業に入るより、『なんでそんな会社に入るの?』と言われるような企業に入ったほうが、鶏口(トップ)になれるチャンスは相当高くなるのは明白である。

若者が言っていた。

『十年後どうなっていたいの?』という面接官の質問に、適当に取り繕った言葉を並べてはみるものの、全てが嘘になる気がしてならないと。

でも、『Bigにはなりたいんすよね~っ』『日経ビジネスで誰かと対談したい』などと、彼の中で既に答えは出ていた。

彼のモチベーションは、世の中ではなく、自分であるという答えが。

おそらく彼はベンチャーでさえも予想もしなかった苦労を強いられるだろうが、それを乗り越えた時に彼の言う『Big』の後ろ髪が見えて、信じられないくらいの『ゾーン』を経験することだろう。

若者よ、また会おう!

投稿者 Kenkou : 10:39 | トラックバック
2011年05月02日
■ダンボ

明らかに結婚相談所もしくは『おみあい初デート的』空気の二人の会話に『耳ダンボ』になってしまった(笑)。

やっぱり女性はイタリアン♪と『カファアロマティカ(食べログ3.96)』をチョイスしたのだろうこの男性。

会話から感じるところ、あまり女性経験がなく結婚にあせる草食男子。

そして、条件の良い男性を求めて気付いたら30代の肉食女子。

女『ステキなところですね』

男『気に入っていただけてよかったです。今日はありがとうごさいます。』
~店員、メニューを持ってくる。~

男『何飲まれますか?』

女『ワインでもいいですか!?』
酒豪らしい…

男『お酒飲まれるんですね』

女『はい。いろいろと。』

男『お酒、お好きなんですか?』

女『日本酒と焼酎はちょっとだめですが・・・』

~店員がお水をいれにきて、話中断~

女『シャンパンにしようかな・・・』

店員『それでしたら、オススメのスパークリングワインが・・』

女『(男に向かって)お任せします』

狙ってかな…

男『では、それを二つで』

店員去る・・・

男『何を召し上がりますか?』

女『(慣れていない様子で)うーん、お任せします。』

男『これが前菜、パスタ、リゾット、メインなのでこの中からいくつか選んでシェアしましょうか?』

女『…』

男『食事はどうしますか?お好きなものとか・・・』

女『あーリゾットとか久しぶりです。』

男『では、パルミジャーノリゾットとパスタは渡り蟹とか・・』

女『(すかさず)いいですねー渡り蟹!』
本当は これが食べたかったんだ(笑)。

男『では、パスタはこれですね。メインはお魚とお肉一つずつにしましょうか。それでシェアしましょう。』シェアしろと相談所で伝授されたのか(笑)。

女『そんなに食べれますか。』

男『そしたら、メインを減らして、前菜をもう1つ選ぶのはいかがでしょう。』

~店員くる~

女『メールとか結構されたんですか?何人か会われてます?』

男『いろいろとメールしても返信がないケースも多いですよね。私もすぐに返信ができるわけではないのでその間に連絡取れなくなったり。』

女『そうですねー。変な方も多いですし。』

結構活動してるんだ、この二人。

男『どんな方からアプローチがありました?』

女『たくさんメールいただいたなかでビックリしたのは、最近母親が亡くなりさびしく過ごしています。この寂しさを埋めてくれる女性に出会いたくてメールしましたってきたんです。』

男『それ、思っても言っちゃだめですよね!?』

あんたも思うのか(笑)


女『そうですよねー。プロフィールが良くても、ちょっとないですよね。』

この辺でやめておこう。

頑張れ!
マザコン草食男子♪

投稿者 Kenkou : 21:47 | トラックバック
■婚活パーティー

写真の通りごったがえしの会場では、着飾った独身男女40対40で多いに盛り上がった。

女性陣は合コンプランナー安藤京花氏が全員面接済みで、一流企業ばかりを集めた男性陣と、それなりの粒が揃ったパーティー。ファーストインプレッションでは5組のカップルが誕生し、第一回『まちコン』は盛況に終わった。

・・・・・かのように見えた。

しかし、 この中でゴール(結婚)まで成就するのは何カップルだろうか。

一席ずつつぶさに観察すると、すでに女性の肩を抱きこのまま『お持ち帰り?』なオーラな男性、男性同士、女性同士くっついたままグループトーク、間に一人入れるのではないかと思うくらいの距離で話す男女。

う~ん、男女の心の中はどうなっているのだろう。

第一印象が『◯対◯』のテーブルもあれば、『◯対×』『△対△』もいるはず。

ただ、この80人の男女の中で、必ずベストパートナーはいるはずだ。

まちコンでは、テクノロジーがカップリングを促進するツールを提供していくスキームを開発中。

会場の全員がモバイルでまちコンPlat'Homeにログインし、ルーレットで5分毎にランダムにカップリングさせる。

また、事前に理想の希望条件を吸い上げておき、カップリングが決まった瞬間に相手が自分にとってデータ上『理想度何%』なのか、相手の職業、家族構成、年収まで事前に理解すれば、トークは弾むか沈むかが明瞭化されるのではないだろうか。

5分毎に数十名と話をして、その中でポイントの高い相手、話が出来なかった、話足りなかった人も胸につけたナンバーでデータを確認できる。

このリアル婚活が終了後、『まちコンweb(SNS)』で引き続き婚活が再開されるという『クリック&モルタル型』モデルだ。

そう、『おせっかいおばさん役』をテクノロジー(SNS)が行うことで、既存の相談所、婚活サイトの数十分の一の価格でプライスダウンできる。

レストランや旅館と連携し、近隣地域でまちコン開催中レストランがあれば、会員が何人、誰が参加しているか判るようフラグを立てお知らせすることも可能。

会員が増えれば、街で数百メートル圏内に会員がいればフラグが立つなど、よりクリック&モルタル型が究極化されていく。

『独身証明書』という障壁、事前に情報公開すれば一部に人気が集中する、先入観が入るなど何がベストなのだろうか。

パーティー運営会社の一説では、様々なパターンを試したが、短い時間でも参加者すべてと会話させるパターンが一番満足度が高いらしい。

これらをクリアして少子化対策、定住促進に貢献したい。

投稿者 Kenkou : 11:25 | トラックバック