健康美容EXPOは健康、美容の企業間取引サイトです。
TOPページ > 健康美容ビジネス日記
2010年11月26日
■お値段以上

はニトリだけではない。

ユニクロの服を着て

ABCマートの靴を履いて

サイゼリヤで食事をして

ニトリで買った家具と

ヤマダ電気で買ったTVで
生活している人がどれくらいいるのだろうか。

数十万人、いや数百万人いるかも知れない。

この数字は、『品質の悪さを安さでカバーする』時代の終わりを意味している。

幸せな時代であることは良しとして、大切なことはこれら世界レベルの小売業者の企業努力を忘れてはならないということ。

良いものはコストがかかる。だから大量なロットで単価を落とし安値を実現する。安いから大量に売らなければ利益が出ない。そのためには流通コスト、社員教育と簡単ではない。

かといって、ユニクロやABCマートが家賃の安い裏通りにあるだろうか。すべて一等地である。

アルバイトの時給300円でもなければ、新卒の初任給が最低賃金であるはずもない。

彼らの創業から起動に乗るまでにかかった重圧は、どれ程のものだったのだろうか。

どれくらい残業したのだろうか

どれくらいボーナスを払えなかったのか

どれくらい『やってらんねぇよ』と逃げ出した人がいるのか

どれくらい『いらねぇよ』と断られたのか

どれくらい『お願いします』と頭を下げたのだろうか

『もう諦めよう』と涙したことはないのか

彼らは、自分たちのサービスや商品を顧客目線で見て、『こんな品質の商品がこんな価格なら絶対欲しい』という顧客満足しか見えていなかったのだろう。

『この品質をこんな価格にしたら倒産するわ!』などと、目先の利益だけを見ている経営者からすれば、彼らのしていることは『リスク』以外のなにものでもない。

しかし、値段相応で『妥当』な商品やサービスを提供し続けることこそがリスクだと考えているのだろう。

『うわっ、安っ!』

『マジでこの値段!?』

『めっちゃ旨っ!』

と、信頼を積み上げていくほうが『リスク』が低いと考えているのだろう。

私も『お値段以上』を提供できる会社にしたい。

師走が近いほどそんな想いが強くなる今日この頃だ。

投稿者 Kenkou : 09:59 | トラックバック
2010年11月22日
■肌感

週末、複数の宇宙人と遭遇した。

《その1》
表参道で3時間程の用事があって、買い物すれば駐車場代がタダになるだろうと、表参道ヒルズに駐車してBEAMSで息子のスニーカーと私物合わせて2万円以上買い物した。

2万円も買えば3時間くらいタダになるだろうと『駐車券下さい』と言ったら、なんと1時間無料券だけ。

『えっ、3時間分無料にするにはいくら買い物しなきゃならないの?』と大阪のおばちゃんのノリで聞くと、『当店では5000円~2万円で1時間無料券となっております』とのこと。

『じゃあ一店5000円ずつ3店で15000円買い物すりゃ3時間無料になるってこと?』
『ハイ、そういうことになります』

『わざわざ、衝動買いしてまで2万円分買ったのに、それじゃあキャンセルした方がいいじゃないですか』とまで言ったのに、『ハイ~っ、決まりですからぁ~』だって。

《その2》
ゲーセンでクマのピルケースをGETしようと、(1)上、(2)横でピッタリ止めて、『引っかけて落とす』ゲームにトライ。

2mmズレたらアウトとタイミングを要するゲームだが、2度目のトライでドンピシャで獲物を捉えた。

すると、ハサミ状の先端が獲物を下にずらし落とすはずが、グニャっと曲がって失敗。

『マジでぇ~!?』ともう一度トライ。又もドンピシャでGETしたはずがグニャり。

落胆の悲鳴をあげながら店員に先端が壊れていることを説明、アルバイト店員が確認のためテスト。やはりグニャりと壊れていたことを確認。

当然、手で取ってくれるのだろうと楽しみに様子を見ていたら、グニャりとならないよう先端部を調整し『ハイ、どうぞ』と。

『へっ!?』(鳩豆)

面食らった顔で『何これ、機械故障を今確認したよねぇ?それで既に300円払っている客にまた100円入れてトライしろって言うの?』

『ハイ、お願いします』


《その3》
車で新宿伊勢丹の駐車場を利用したことのある方はご存知だろう。

新宿通りから明治通り、靖国通りを得て、駐車場側に入るのだが、駐車まで土日は30分以上は駐車渋滞に並ぶ。

20分並んで明治通りから靖国通りに入る曲がり角で、前のタクシーが乗車で停車、私はタクシーを抜かして横断歩道を渡る歩行者待ちでテレテレしていた前の車を抜いて靖国通りの列に着いた。

すると、後ろの運転手が並んでない車が割り込んだと思い込み警備員に密告、私に横入りは困るから列から離れろと警備員。

私は『コレコレこういう訳で後ろの勘違いで並んでましたから』勘違いですよとニッコリ。

『そうでしたか』と1人目の秋葉系の若い警備員、後ろの運転手に事情を説明に走る。

バックミラー越しに見ると運転手が納得していない様子、今度は体育会系の警備員が『あの~後ろの運転手が並んでないとおっしゃるので離れいただけませんか』と上から目線、まるで私が割り込んだものとバイアスがかかっているではないか。

『私はちゃんと並んでましたよ、明治通り側にいる警備員に無線で聞いてみてくださいよ』と反論。

体育会系警備員が無線で確認、『いやぁ~、並んでないと言ってます。すみませんが離れていただけませんか』と、キレぎみに私に言うではないか。

『・・・・・』

『いいよ、だけど私が本当に並んでいたら責任取ってくれますか』と文句を言うと、『ではビデオで確認してみます』とのこと。

『やった、ビデオあるんだ』と、後ろの運転手の車まで行って『あなた、私が割り込んでなかったらどう責任取るつもりですか?とにかく私が割り込んだかどうかビデオで確認しましょうよ』と警備員室へ。

全員の前でビデオ再生、私と車がナンバー含めバッチリ。

後ろの運転手と警備員3人は愕然、『すみませ~~~ん』と、土下座でもさせたいくらいだった。

駐車券やゲームの景品くらい渡せばいいし、駐車場にしても互いに引かないなら、片方を一旦列から外した後に違う駐車場に誘導すればいいし。

ハンドルの遊びがない杓子定規な宇宙人たちに『肌感で分かれ』という私が酷なのだろうか。

厳しい今年の新卒内定者は、この肌感がある人なのだろう。

くだらない話で恐縮ですが、書かずにはいられませんでした。人間ちっちゃくてすみません(笑)。

投稿者 Kenkou : 09:53 | トラックバック
2010年11月19日
■モテたい

最初に断っておくが、私は二丁目通いの『薔薇族』ではない(笑)。

『脱ゆるんだ身体』で始めた加圧トレーニングだが、禁断の400圧に突入、加圧初心者だと血管が破壊される領域である。



私的には『イビョンフォン』や『ヨン様』がベストだが、

日本女子的には『細マッチョ』が高評価だそうなので、同世代のお三方を目標に頑張っている。




そう『モテたい』のである(笑)。

この『モテたい』は、未来ある若者に『何のために仕事してるんだ?』と聞いたところ『モテたいんです』と、どストレートに返ってきた彼の座右の銘。

コイツ、人が密かに内に秘めるようなことをなんて素直に口に出来るんだ。実に素直なヤツである。

新規事業を立案するのも、起動に乗せるために現場に出るのも、みんな誉められたい、『ドヤ顔』したいから。

そう、この『モテたい』こそ、異性に対してだけでなく、子供に、部下に、上司に、お客に、健康においても、人生すべてにおける原動力なのだ。

私見だが、モテる人、モテない人の違いは『否定する人』か『肯定する人』の違いが一番大きい気がする。

来年は『できない』と口にしない一年にしては如何だろうか。

※弊社恒例の女子が選ぶ『結婚したい男子ナンバー1』『付き合いたい男子ナンバー1』で、個人的には某『松●部長』が選ばれて欲しい。

彼ほど社内が盛り上がる空気清浄器として『モテたい』キャラに徹し、『禁煙サークル』『ダイエットサークル』を創り、社員の美と健康にまで気を使い、人のため、組織のために貢献している人はいないから。

『いやいや、それ松●部長が自分の目的達成のために周りを巻き込んでるだけっしょ!?』という声もあるが・・・。

投稿者 Kenkou : 10:59 | トラックバック
2010年11月16日
■中日野球

組織には『逸材』と呼ぶに相応しい人がいる。

逸材と呼ばれる人は、ヘッドハントされるような頭が切れる、技術が秀でている、いわゆる仕事ができる人。管理職に多く、まぁ目立つタイプである。

サッカーで言えばセンターフォワード、野球ならピッチャーかクリンナップで、組織のコアコンピタンスを支えるまさにスタープレイヤー。

逸材タイプは自分の能力の最大化を目指すが故に、転職、独立の可能性も高く、組織にとってはある意味リスキーな存在。

組織にとって『宝』とは、目立ちはしないがコツコツと犠打を積み重ねる、常に組織の都合を優先できる人。

契約公開で自身への評価に納得できないと、契約を『保留』したりは絶対にしない『強い心』を持っている人である。

この宝人が弊社にも数名いるが、『要求しない』『駆け引きしない』『愚痴を言わない』『悪口を言わない』何故か皆そうである。

要求されたり、駆け引きされたり、揺さぶられたりしたとき、この宝人が精神的支柱となりマネージメントがブレずに済んだ。何度この人達に救われただろうか。

宝人はヘッドハンティング市場にはいない。ならばどうすればこの人達を育てることができるのか。

それは、言葉巧みな人、声の大きな人に決して揺さぶられないで、『コツコツ』に目を向けて評価し続けることだと思う。

私見だが、逸材のプライドは『高い』のに対して、宝のプライドは『硬い』。

この宝がたくさん育った時に『中日野球』が完成し、大義が成し遂げられるのだろう。

投稿者 Kenkou : 09:52 | トラックバック
2010年11月15日
■指名検索

検索ユーザーには『衝動客』『潜在客』『顕在客』『指名客』がいる。

そう、指名客とはデパートの外商から買う『金持ち奥様』くらいありがたい人。

(1)衝動客とは、適当にネットを徘徊しYahooショッピングや楽天、通販やオークションで衝動的な消費者。

(2)潜在客とは、留学には行きたいが何処に行きたいかも決まっていない漠然とした意識の消費者。

(3)顕在客は、アメリカの何処かの都市で短期ホームステイに行くと、明確に需要が顕在化した消費者。

(4)指名客とは、留学先のいくつかの学校名まで絞り込んでいる、まさに渡航日程まで決まって、あとは決断材料だけという最優良見込みの消費者。

ごくごく当たり前の話たが、この指名検索するユーザーに『ふりかけ』したら、どれくらいCVR(成約率)になるか。

なんと【70%】

ほとんどのマーケティング担当者は潜在客と顕在客に広告を出し、CVR1%前後、高くても10%前後ではないだろうか。

【興味】→【検索】→【比較】→【検討】→『指名検索』→【決断】
これらの消費行動を経ている指名客にふりかけ(口コミ)をかけてあげると、CVRが跳ね上がるのだ。

さて、どうやって指名客を自社サイトに流入するかだが、食べログで説明しよう。

新宿でHotPepperに載っている『焼肉ハヤシ』に訴求され指名検索をしたとしよう。

すると、『焼肉ハヤシ(食べログ)』と、焼肉ハヤシのサイトより食べログのほうが上位にあり、口コミ評価は2.7ポイントと低い。

となると、同じ値段なら低評価より高評価の店に乗り換えるのは必然である。

そう、あなたの商材で食べログを作ってテール(社名、店名、商品名)を取りにいけば、指名客流入マーケティングの出来上がり♪

※これ以上旨くて安い串揚げ【莫莫(新宿区大久保)】の『二度漬け禁止ソース』があったら大阪の方教えて欲しい。

しかも串揚げはWBSトレたま金賞の『ウォーターフライヤー』でサックサク♪

投稿者 Kenkou : 11:15 | トラックバック
2010年11月11日
■境域媒体

これからは『境域媒体』の時代。

百貨店神話が崩壊し、『ユニクロ』『スタバ』『ABCマート』など専門店に破竹の勢いであるように、ネット社会も『広域媒体』から『境域媒体』の時代が到来した。

ネットユーザーが検索不慣れだった頃は、マスメディアの力で認知度の高い広域媒体にアクセスが集中したため、広域媒体一人勝ち時代が続いた。

しかし、テールの弱い広域媒体から、境域媒体へ乗り換え需要が起こる。

境域が強い理由は、

(1)SEO成熟期によって、広域ミドルワードが、境域メインワードに勝てない。

(2)YahooのGoogleエンジン採用で検索が賑わう。

(3)リスティング入札額の高騰により広域のコスパが合わず『実績』か『価格』に秀でない商材は数に埋もれる。

つまり、世界10位より日本1位、日本10位より関東1位という具合に、母数よりコンバージョンに繋がる『質』を問うは必然。

そもそもキーワード検索という行為は、目的とする有益な情報にたどり着くまでに取捨選択をしているのである。

そう、取っては捨て、取っては又捨てるを繰り返し、目的にたどり着きたいのだから、最初から優劣をつけて訴求してあげれば、捨てる必要なく目的に到達できるのだ。

飲食店メニューのオススメがそれ、『当店の人気ナンバー1』とあれば『じゃあそれ!』とバイアスがかかる。

私がいつもクライアントに申し上げるのは、広告媒体(賃貸)にお金を払い続けるか、自社境域媒体(分譲)を立ち上げるかは、住宅なら『その土地に30年以上住む可能性は何%ですか?』だろうが、商材なら『5年後もこの商材を売っている可能性は何%ですか?』となる。

仮に開発コストが500万円、運用費(SEO含)が20万円だとしても、開発費を5年償却すれば『月30万円弱』となり、月30万円を広告投資して競合と横並びで露出される手法と、自社商材に『人気ナンバー1』と優劣をつけてレコメンド訴求される手法とでは、仮に同じ誘引数なら後者の方はバイアスがかかっているため十倍近いコンバージョンなのだ。

境域媒体業者は、コンビニオーナーが入れ替わるのと同様、クライアントが撤退すれば、その境域媒体を競合に入れ替えるだけ。

また、境域タイアップ媒体モデルは少数オーナー制なので、いわゆる媒体営業部隊がいらない、タイアップなら開発リスク、運用リスクもなく、さらには撤退リスクがないどころか、新たなマネタイズが始められる。

個別サイトなので、コンビニのような統一ブランドでないため風評リスクもない。

私の言う境域は、洋服が広域ならTシャツ、ジーンズ、セーターが境域、靴が広域、スニーカー、ブーツ、サンダルが境域。

※参考まで、『オーガニック』『無添加』『ロハス』とGoogleトレンドで出してみたが、ロハスのみ境域媒体には不向きなワードである。

投稿者 Kenkou : 13:58 | トラックバック
2010年11月05日
■グルーポン

フラッシュマーケティング(割引クーポン共同購入サイト)の本家が『グルーポン』ということから、マスコミが『グルーポン系サイト』という総称を使って取り上げている。

割引クーポン共同購入サイトの総称を『フラッシュマーケティング』と『グルーポン系サイト』で争っており、今日現在においては、『グルーポン』に分があることから、テレビでグルーポン系サイトが取り上げられると、『グルーポン』というキーワード検索が急騰する。

現在、Yahoo、Googleで『グルーポン』と検索すると、(1)グルーポンを取り上げているニュースサイト、(2)グルーポン系サイトを取りまとめているアグリゲーションサイト、(3)グルーポン系サイトでひしめき合っている。

そんな中『グルーポン』というキーワードで『グルーポン系サイト』の中でYahooで最上位にあるのが、グルーポンにして『Grou(グルー)』という冗談のようなナイスなネーミングのサイトだ。

キーワード検索において、例えば西新宿というキーワードで争っている歯科があるなら『西新宿歯科』と銘々すれは、当然ドメインは(nishishinjuku.com)などになるだろうし、堂々とサイト内コンテンツに『西新宿歯科』という単語を当たり前に使用することになる。

外部から披リンクをもらう場合、バナーを張られる場合も、当然『西新宿歯科』となり、それをYahoo、Googleのクローラーは認識し、『西新宿 歯科』というキーワードで上位に表示すべきサイトは(西新宿歯科)というサイトにしようと判断されるわけだ。

大人向けの英会話スクールは(1)『英会話スクール』、(2)『英会話教室』、(3)『英会話学校』の順に検索回数が多いから(1)の『英会話スクール』を選択するべきだし、子供向けなら『子供英会話スクール』ではなく『子供英会話』と検索されるケースが多いため、スクール名称自体が『子供英会話のミネルヴァ』としているスクールもあるくらいだ。誰がやっているのか顔が見てみたい。

だから『アップル歯科』などにすると、可愛いリンゴのキャラクターを作れば子供に好まれることはあっても、Googleに好まれることはないのだ。

特化型求人サイトなら、『美容室求人なう』とか、『エステ求人ナビ』という名前にすりゃいいものを、『健康美容JOB』なんて検索されない中途半端な名前にするアホがいるもので、現場が耐えきれず『美プロ』というカッコよい名前に変更されてしまったりと。ホント顔が見てみたい。

『グルーポン』のように、メディアの後押しがある場合など、特にサイト名称が重要であり、グルーはテレビで『グルーポン』と取り上げられる度に、サーバーがパンクするほどのアクセスで漁夫の利を得ているそうだ。

ツイッター頼みのグルーポンマーケティングもそろそろ飽和状態、SNSとは違い独り勝ちにはならないだろうが、次の一手を打たなければ確実に淘汰されるだろう。

投稿者 Kenkou : 09:55 | トラックバック
2010年11月01日
■日本一

食べログで『味』検索でジャンル毎の『日本一』を検索してみた。

口コミの精度をどうのこうのと言いたいわけではない。必死で『美味しい』を追求した結果、世論が『日本一』と認めてくれたのだ。

点数順に並べてみた。

【和食】
1.未在
(京都市祇園)
味:4.68

【フレンチ】
1.エスペランス
(東京都六本木)
味:4.5

【寿司】
1.多田
(大阪市北新地)
味:4.46

【焼肉】
1.金竜山
(東京都白金)
味:4.43

【天ぷら】
1.美かさ
(川崎市宮崎台)
味:4.43

【和菓子】
1.越後屋若狭
(東京都両国)
味:4.43

【郷土料理】
1.柳家
(岐阜県瑞浪市)
味:4.42

【イタリアン】
1.アロマフレスカ
(東京都銀座)
味:4.39

【スペイン】
1.Ca sento
(神戸市元町)
味:4.38

【ステーキ】
1.哥利歐
(東京都築地)
味:4.36

【うどん】
1.須崎
(香川県三豊市)
味:4.35

【鰻】
1.かぶと
(東京都池袋)
味:4.35

【ホルモン】
1.やまがた屋
(大阪市北新地)
味:4.34

【蕎麦】
1.慈久庵
(茨城県常陸太田市)
味:4.33

【中華】
1.チャイニーズレストラン わさ
(東京都都立大学)
味:4.32

【とんカツ】
1.幸楽
(静岡県浜松市)
味:4.32

【ケーキ】
1.HIDEMI SUGINO
(東京都銀座)
味:4.3

【焼鳥】
1.鳥重
(東京都渋谷)
味:4.29

【コーヒー】
1.コヒア アラビカ
(東京都赤坂)
味:4.27

【串揚げ】
1.あ~ぼん
(大阪市、芦屋)
味:4.26

【洋食】
1.レストラン吾妻
(東京都浅草)
味:4.24

【ジンギスカン】
1.成吉思汗 大黒屋
(北海道旭川)
味:4.24

【ラーメン】
1.開化亭
(岐阜県名鉄岐阜)
味:4.19

【河豚】
1.龍文
(名古屋市新栄町)
味:4.17

【カレー】
1.トマト
(東京都荻窪)
味:4.17

【餃子】
1.金久右衛門
(大阪市深江橋)
味:4.16

【お好み焼き】
1.黒田屋
(東京都六本木)
味:4.14

【野菜料理】
1.クッチーナ ベジターレ マルヨシ
(栃木県宇都宮市)
味:4.13

【豆腐】
1.奈良町豆腐庵こんどう
(奈良県奈良)
味:4.12

【タイ】
1.タイ国料理 バンタイ
(東京都新宿)
味:3.96

【ちゃんこ鍋】
1.川崎
(東京都両国)
味:3.91

【もんじゃ焼き】
1.大木屋
(東京都日暮里)
味:3.73

ミシュランも1/3近く食べたが、間違いなく食べログのほうが精度が高いことを付け加えておきたい。

投稿者 Kenkou : 12:53 | トラックバック