健康美容EXPOは健康、美容の企業間取引サイトです。
TOPページ > 健康美容ビジネス日記
2010年09月27日
■デメリット活用法

何も考えようとせず、直ぐに『できない』を口にする人がいるが、このような人は垂直思考型殆どだ。

有名な『エレベーターが遅くイライラする』というクレームを、大規模工事で速くするという垂直思考に対し、カガミを設置することでイライラクレームを解消したという水平思考の話がある。

表題は『すでにある前提をひっくり返す』思考法で、『古いから客が来ない』と課題解決したい店舗経営者は、『古い』から『客が来ない』と信じ込んでいるのだ。

これをロジカル(垂直思考)に解決しようとすると、『改装、改築する』という解決策になりがち。

この『古い』を水平に思考すると『伝統がある』『懐かしさがある』『味がある』となり、『伝統があるのに客が来ない』と見方を変えることで前提が変わり、『伝統を積極的に打ち出してみる』などのアイディアが生まれてくるのだ。

『値段が高い』『立地が悪い』も同じ。

老舗ハインツのケチャップの起死回生話も、トレードマークでもあるガラス瓶とドロっとした内容物のせいで、チューブ型の他者が急成長する中『出にくいケチャップ』という悪評を受け、シェアを奪われて劣勢に立たされていた。

ガラス瓶はトレードマークであり、それをやめることはブランドを捨てるようなもの。

内容物を出やすくすると、内容物の粘土を下げるしかなく、味わいが全く別物になれば、既存客が離れてしまうと、論議は迷宮入りしていた。

これを起死回生したのも水平思考で、ハインツが全米に向けて打ち出した起死回生の広告コピーがこれだ。

『ハインツのケチャップが振ってもなかなか出てこないのは、トマトをふんだんに使っているからです』

世間でマイナス面とされていることを逆手にとって、ポジティブに替えるキャンペーンをうったことで、『ハインツのケチャップこそ本物だ』という印象を与え、シェアを拡大することができた。

垂直営業マンが、お客さんのクレームを真に受けて、口から出た言葉(クレーム)に対して真っ向対処しようとすると、炎上を拡大させてしまうことがある。

これも、言い訳するのではなく、
『どうすればご容赦いただけますか?』
『どうすれば取引を継続してくれますか?』

と相手に回答を投げることで、どう対処したらよいか活路が見いだせる。

つまり、クレームであっても目の前で時間を割いて会ってくれているのだから、怒っている=謝ると思考するのではなく、相手にパスを出すという選択肢も水平思考ならではだ。

まだあなたの人生は何十年もあるのだから、水平思考していれば、このままの延長程度ではない『ぐぐっ』と急斜面な成功曲線が必ずくるはずである。

投稿者 Kenkou : 17:34 | トラックバック
2010年09月15日
■収穫逓増の法則

ソニー、パナソニック、日立、東芝、シャープなど、電機大手9社の営業利益合計は6400億円に対し、サムスン1社の売上高は10兆9000億円、なんと営業利益は8736億円。

なぜサムスンは日本の全電機メーカーの利益を上回るのか。

これほどまでに強いサムスンを語るのに『集中投資戦略』がある。

将来大きく成長すると判断した分野には、巨額の資金と人材資源を惜しげもなく投入してきたという。

日本企業なら投資を手控える不況期であっても、まったく躊躇しない。

優れたマーケティング力によって、消費者が求めているものを探りだし、それを具現化する優秀なマネージャーと、それを投資判断するトップマネージメントがいるのだ。

その情報収集力と意思決定の早さは、日本企業とは桁違いであるという。

更に驚くべきは広告宣伝費である。

世界の主要の空港、市街地へ向かう高速沿い、繁華街、スタジアム、交通機関など、あらゆる場所で『SAMSUNG』の文字が躍る。

その広告費は、パナソニックで900億円、好調時のトヨタでさえ1000億円に対し、サムスンは3000億円と、如何にブランドの浸透に力を入れているかがわかる。

ブランドを浸透させることで、トップシェアを奪い多額の利益を得る。この利益を原資として、さらなる追加投資を行い、市場や生産規模を拡大する。

サムスンは、トップ企業が最も効率的な生産を行い、最大の利益を稼ぐ『収穫逓増の法則』を教科書通りに実践している好例といえる。

【しゅうかくていぞうのほうそく】
生産規模が2倍になると生産がさらに効率的になり、生産量が2倍以上になるという法則。そして、その法則に基づいて行動し、一定の市場で最初に最大のシェアを奪った企業だけが最大の利益を得て、結果的には勝ち残るという考え方。

サムスン崔志成(チェ・チソン)社長は、私の辞書には2位はない!と『世界制覇宣言』をしているが、これ大なり小なり同じ法則が当てはまる。

皆さんがその立場に立った時、『宣言』し、『徹底的』というトリガーを引くことができるだろうか。


投稿者 Kenkou : 10:13 | トラックバック
2010年09月13日
■231

表題は人間ドック中での私の名前。個人情報保護のため、1日中この番号を呼ばれる。

検査前には『便』と『痰』を採取、問診票を書いて挑む。

検査前日20時より、水か茶以外は厳禁、朝8時より空腹で検査開始。ダイエット中につき夕食もぬく。

オシッコ、血液、身長、体重、視力、眼圧、エコー、心電図、聴力と楽勝な検査が続く。

ちなみに身長174cm、体重62.8『ヨッシャ~ッ♪』1週間で4kg痩せに成功(笑)。
次に、序盤戦クライマックスの胃カメラだ。

昨年はバリュームを極め、『ゲップ』しない術を極めたのだが、今年は胃カメラに挑戦。

胃をきれいにするシロップを飲み、ゼリー状の喉麻酔を喉に含み5分耐える。

とどめに麻酔スプレーを喉に噴射、喉を通過する瞬間『オェオェオェ~』と耐えると、画面に『ミクロの決死圏』という映画のような世界だったが、灰じゃないからきれいなものだった。

次に、閉所恐怖症には苦手なMRIでオツムのチェック、人造人間になった気分。

最後は直腸診。『231番の方どうぞ~♪』1番可愛い看護士さんが笑顔のご案内。

『ベッドで壁際を向いて横になって下さ~い♪』

『体操座りのように膝を立てて下さいね~♪』

『ハイ、下ろしま~す♪』

「えっ、何を?」

『ブチュ~!』

「ヒィ~ッ!?」

『ハイ、直腸診終わりま~す』

おしまい。

※このストラップ、1・2・3・4と硬さが違い、4が1番硬く、バイアグラで4番になるよというPRストラップらしい。製薬会社でこんな稟議が通るのか(笑)。

投稿者 Kenkou : 17:46 | トラックバック
2010年09月06日
■非効率

BtoB年一番の閑散期である8月に今年最高(過去最高)の売上をマークした。

ゴルフには『オーケーパット』『プレイングフォー』など、プレイの遅延防止措置の甘いローカルルールがある。

その己に甘いルールでゴルフをしていても、連続OBの恐怖に打ち勝つ精神力や、震えるような横からのショートパットなどメンタリティーの精度は上がらない。

【決して人のせいにしない】

例えば、上司とそりが合わなければ、「あんな上司は早くいなくなってしまえばいいのに。」

夫(妻)との関係がうまくいかなければ「相手の愛が冷めているんだから、どうしようもない。」

こうした考えはすべて「他人のせい」にしている証拠。

よく考えてみれば、こんなに非効率なことはない。

なぜなら、「他人はコントロールできない」から。

コントロールできない対象について愚痴をこぼしてもどんなに努力をしても、問題はひとつも解決はしない。

状況を改善するひとつの方法。

それは、コントロールできる唯一の対象である「自分自身」を改善すること。

自分が変わり、自分が選択することを強く意識すること。

周りをかえることは、すなわち自分をコントロールすることから始まっていくのだと改めて感じました。

※一人の社員の日報を取り上げたが、一見『非効率』と思えるようなことも正しい選択と信じ、それをやり続けることで社員全体が強くなっているようだ。

心から誇りに思う。
『感謝』
(画像クリックで拡大)

投稿者 Kenkou : 13:02 | トラックバック