健康美容EXPOは健康、美容の企業間取引サイトです。
TOPページ > 健康美容ビジネス日記
2010年03月29日
■イケメンすぎるホームレス

手元に5ドルある。

2時間でできるだけ増やせと言われたら、みなさんならどうするだろうか。

これは、スタンフォード大学の学生たちにアントレプレナーシップ(起業家精神)を養うために実際に行った授業である。

クラスを14チームに分け、各チームには元手として5ドルの入った封筒を渡し、ゆっくり計画を練られるよう3日間与え、いったん封筒を開けたら2時間以内にできるだけお金を増やさなければならないという課題。

常識を疑い、チャンスを見つけ、限られた資源を活用し、創意工夫させるのが狙いだが、同じ状況におかれたらと質問すると、『ラスベガスでルーレットをやる』『宝くじを買う』という、リスクを取って大金を稼ぐという、ごくごく低いチャンスに賭ける人がいる。

次によくあるのは、5ドルで道具や材料を揃えて『洗車サービスをする』『レモネードスタンドを開く』という、ありきたりの方法を選択するというもの。

一部の学生グループは、ありきたりで常識の枠を越えられないグループとは違い、課題に真剣に向き合い、常識を疑った結果、豊かな可能性に気づく。

大金を稼いだチームは、元手の5ドルにはまったく手をつけなかった。お金に注目すると問題を狭く捉えすぎ、もっと大きな観点で、自分や他人が経験はして気づいてはいた問題だけれど、その時は解決しようとは思わなかった問題解決に着手し、多いチームは数千ドルも稼いだのである。

あるチームは夜の繁華街で長蛇の列ができるレストランの『イライラ解消事業』に着手。学生は2人1組に分かれ、いくつものレストランに予約を入れて、予約時間が近づくと並びたくない客に予約権を売り、最高で20ドルで売れた。

やりながら軌道修正したのは、男子学生より女子学生が列に売ったほうが効率がよいことを知り、男子が予約、女子が販売と効率化を図る。

次のチームでは、学生会館の真ん中で、自転車のタイヤの空気圧を無料で調べ、必要なら1ドルで空気を入れた。

好評だったので途中で料金請求をやめ、『無料でサービスをするのでお気持ちを寄付して下さい』と寄付をお願いすることに軌道修正することで、はるかに実入りが増えた。

最高額チームは、自分たちの使えるリソースは何なのかを考えた。

学生同士の3分間プレゼンテーションの時間を、学生を採用したい企業に売り『学生にその企業をプレゼン(レコメンド)』させコマーシャルしたのだ。

大学生=集団=マス(メディア)と捉えることで、身近な価値を商品化するというまさに発想の勝利である。

日本では『わらしべ長者』、欧米ではカイルマクドナルドのクリップ一個から、一軒家を手に入れた話が有名。

日本のような農耕文化で外敵の侵略が少ないと、動き回るより同じ場所にいたほうが富みは蓄積し、生存確率は高くなるという遺伝子を持っている。

公務員や大企業のサラリーマンもその含有率は高いし、キッザニアでも日本の子供はやたらと貯金好きだそうで、欧米の子供達と比べても危ない遊びを知らないという。

そこそこ頭の回転が速いが故に、障害ばかりが思い付き『できない理由』ばかりをこれ見よがしに語る人がいるが、これに打ち勝つには『失敗したら責任を取る』とリスクを負うことが1番の特効薬。

このリスクを取ると決断することこそがアントレプレナーシップそのものであり、様々な反対派を押しきって決断し、更には進退かけてまで責任を背負った時点で、その事業は既に成功したも同然なのである。

こんなにイケメンなホームレスなら、アントレプレナーシップを持てば、きっと成功できるはずだ。

投稿者 Kenkou : 09:38 | トラックバック
2010年03月24日
■当たり前

ピンポ~ン♪

祝日に、独身男子独り暮らし(弊社Kディレクター)のマンションのベルがなる。

どうせ何かの集金か宗教の勧誘だろうと思いチェーンごしに玄関を開けると、若いオネーチャンが近くにオープンする焼肉屋の宣伝に来たとのこと。

しかも、2万円分の食事チケットを5千円でという有料チラシを販売したいというらしい。

ベタな作戦だが、近隣商圏内の家族持ちのご家庭なら高確率でチケットを購入しただろう。

飲食業者の殆どは、折り込みチラシかフリーペーパーをうって、客が来るのを指をくわえて待っているだけ。

頑張っていても、力業でチラシを手配りする筋肉思考である。

そんな中で、福袋的にお得感のある『有料チラシ』を近隣住民に訪問販売するという、実に利にかなった戦略と戦術だ。

商圏住民にとって商圏内飲食店での消費は、肉嫌いを除き100%潜在客であり、その潜在客にお得チケットを押し売りし顕在客に引き上げている。

つまり、適正価格で余程不味くない限り、何軒訪問すれば何枚チケットが売れて、何百家庭に売れれば何百人来店し、何百人来店すれば何十人継続客になってくれると、すべて計算して経営ができるのだ。

命懸けで商売している人にとっては『当たり前』な発想と行動であろう。


滝川クリステル
画像はAERA別冊だが、滝川クリステルが好きだから買った訳ではない。

しかし、中国進出に潜在客な私は『滝川クリステルが見た上海』という小見出しに顕在化させられてしまったのだ。

そりゃ、田原総一郎や勝間和代より滝川クリステルの方が♂の海馬が刺激されてしまうのだろう。

これを『セクシャルマーケティング』というらしい。
雑誌不況と言い訳しない、いち編集者の『何とかしたい』当たり前なプロ意識に賞賛を贈りたい。

滝川さんの十八番『斜め45°』も拘ったのだろう見事な仕事だが、この編集者にとってはプロとして『当たり前』なことなのだろう。

投稿者 Kenkou : 12:13 | トラックバック
2010年03月15日
■死食

闘病中の友人からのメール。

『2人に1人』癌になる日本。

社員の身内を含めて、身近な方の中にも闘病している方は明らかに増えている。

太っていなくても、喫煙しなくても癌になる人はいる。

ならば、食べる、喫煙する満足感と引き換えに、命を削るのもまた人生。

栄養補助食品のことを『いわゆる健康食品』と呼んでいる厚労省、癌の因子である死食(欧米食)を、国家プロジェクトとして規制をかけてくれたら、癌は劇的に減ると思っているのは私だけだろうか。


・:*:・゜'★,。・:*:・゜'☆・:
この広い野原いっぱい

春ですね

小生、第二回抗がん剤治療中です。

なんと、明日25キログラムダウン達成できそうです。

入院して120日目の快挙。
美容を気にする医師(女医)たちが、どうやって統制しているか、興味津々だ。

本当は12箇条あるんだが、3つに絞ると

★ラーメンやめる
これはジョーク

☆ストレス解消に食事はご法度

①決意と継続確認
・小生の場合がんの再発防止

・規則正しい生活を定着させる(快眠、快便、快ストレス~笑い)

・一日一善としました

②かんたん下半身ストレッチ

両足、股関節、腕まわり30回を午前二回 午後二回

③アロエヨーグルトと緑茶で腹一杯にし15分後、野菜と果物適量(野菜だから大丈夫・・食べ過ぎると胃が大きくなり空腹感が日中漂う)

とにかく空腹感をいかになくすか!が大テーマだった。意外と①が効いている。なぜなら焦りがなくなった。

頑張ります。

・:*:・゜'★,。・:*:・゜'☆・:

私には花を生けるしかできないが、なんとか病気に打ち勝って欲しい。

野原

投稿者 Kenkou : 10:48 | トラックバック
2010年03月08日
■精神的支柱

企業にはライフサイクル『生命期』『成長期』『成熟期』『衰退期』に当てはめると、様々な時期に相当する商材がある。

成長期は、大笊ですくうが如く、雑な営業をしても新規客の開拓が可能。

生命期は競合が少ないが認知も少ないため、『よし、試してみよう』という信頼、つまり人間力を売れない営業マンでは太刀打ちできない。

成熟期は知力だけでなく、競合に打ち勝つ精神力が必要で、『要領の良さ』だけでは安定した売上は残せない。

衰退期はどんなに精神力があっても営業マンレベルでは通用しない。クライアントの状況を俯瞰的に分析し、戦略と戦術をコンサルティングできるアカウントプランナーでなければならない。

営業が未成熟な組織なら、成長初期に参入し成熟中期に撤退、成熟組織なら生命後期に参入し成熟後期に撤退するのがベスト。

俯瞰的思考ができず一喜一憂する社員のメンタリティーやリテラシーを教育する戦術も大切なことだが、自社の兵力を客観的に把握し上記のタイミングで商材を投入する戦略のほうがもっと重要である。

少子化マーケットで、弊社スクール事業で2千教室も展開できた最大の要因は、営業マンにとっての『精神的支柱』があったからだ。
普通ならマーケットの大きい(東京)(大阪)(愛知)(福岡)、または(新宿)(渋谷)(銀座)(池袋)と発想するのだろうが、弊社は東京なら駅の周辺人口に合わせて教室を展開してきた。

そんな狭いマーケットで月謝1万円で100人100万貰って成り立つのかと考えてしまうが、教室開校と同時に営業マンを投下し100人集まったら営業マンは次の開校に向け異動。

後は講師が既存生徒から紹介を貰って自動増殖していく。地域に根付く程に紹介や飛び込み客は増えてくるのだ。

これらを支えるのは、ギリギリの区域に教室を開校するため、『何としてでも通学商圏内の対象客を獲得するしかない』という精神的支柱があったからこそである。

この思考をSEMに当てはめると、精神的支柱はキーワード毎の検索回数、キーワード想定単価だ。

『買いたい』という潜在需要があるのだから、これに合致する商材に合わせた戦術を組み立てれば、需要は顕在化する。

営業という営みは、こどもが好き嫌いを克服するには、親の『食べなさい』という強制ではなく、『体に良い』という自覚であることと同じことかも知れない。

投稿者 Kenkou : 10:55 | トラックバック