健康美容EXPOは健康、美容の企業間取引サイトです。
TOPページ > 健康美容ビジネス日記
2007年12月28日
■後悔する事【林順之亮日記】

若い頃、レストランでアルバイトをした経験がある。
北九州市若松区東二島、国道194号線沿い、決して高立地ではないが競合店がないし、味も悪くないこともあってか、お昼時ともなれば列をなしていた。

その店はフランチャイズで、オーナーはリーマン上がりの役人タイプ、私は16才であった。

同店はお昼時以外はさっぱりで、今考えると潰れるべくして潰れた。

ダサい制服、バイト募集は貼り紙だけで求人費をかけない、ライスは少盛り、ただ指をくわえて客を待っているだけ。

私を含めて無能極まりないスタッフ陣ではあったが、それぞれは頑張っているという自負があった、いわゆる『茹で蛙』である。

若い女の子に呼び込みさせる、昼客にディナー割引チケットを付与、ライスはおかわり自由、やることはいくらでもあった。

フランチャイジー特有の、加盟料払えば成功するという甘さがあったのだ。

16才当時、エリアマーケティングの知識などあるはずもないのだが、これじゃあまずいのではという、負のスパイラルに陥っていることは感じていた。

だが、バイト料に影響のない、腹が痛まない立場にいる私は何もしなかった。

弊社にも『茹で蛙』がいるが、頑張れる時に頑張らないことを選択している自分を、いつか後悔する時が来るのだろうか。

投稿者 Kenkou : 10:15 | トラックバック
2007年12月27日
■癒着【林順之亮日記】

聞き慣れた言葉だが、癒着にも様々な内容があるようだ。

この時期、会社宛て、責任者宛てではなく、担当者宛てにお歳暮が届いているようであれば、それは癒着が起こるシグナルと考えるのは早計ではない。

私は、クライアントの立場で便宜を図って頂く立場にはあるが、業者担当者と呑みに行くなど、一年に一度あればよいほうで、それが現場担当者の飲食が頻繁にあるとすれば要注意である。

何故なら担当者の立場とは、常に業者側にプレッシャーをかけ、甘んじた仕事、価格を詰めていく、嫌われ役位が丁度よいのではないだろうか。

例えば、広告担当者がどこでも扱っている複数の広告代理店を使っているケースを、一社に纏めることで簡単に10%近く削減することができる。

代理店の利幅は、媒体取扱い額によって異なるため、纏めた発注により交渉は成立するのだ。

業者との人間関係を全否定する訳ではないが、社内以外の交流は管理者に報告させ、報告なき発覚は癒着と見なすくらいでよい。

会社の予算を預かる立場にいる=決済者に信頼されていることにはなるが、『決して腹は痛んでない』ことを忘れてはならない。

この年末、『癒着大掃除』をしてみては如何だろうか。

投稿者 Kenkou : 10:45 | トラックバック
■メリークリスマス【林順之亮日記】

5年生の長男が、サンタクロースにメッセージを書いたらしい。

『ダイヤモンドを下さい』ともみの木にメッセージカードをくくりつけるのを見た母親は、『そんなこと書く子供にはサンタさんはプレゼントくれないよ!』と一喝。

次に長男は、『いい加減に正体見せんと殺すよ!』とメッセージカードを書いた。

これに激怒した母親(私が選んだ女)は、イブ長男の枕元にプレゼントを置かなかった。

これって、ちょっとした『若年期障害』か!?

社会から隔離された専業主婦である女房は、息子に対する理想論者なところがある。

これも、典型的働きマンである私がもたらした症例なのかも知れない。

他人の夫婦事情、子育て事情は知らないが、明らかに私が言葉足らずなのだろうと反省するばかりだ。

翌朝、喜んでプレゼントを開く次男と、干された長男を前に『パパ、何とか言ってよ』と言われても、笑うしかなかった。

これは、長い夫婦生活がもたらす生活習慣病の一種だとすれば、自然治癒力のない私は、大事にならないうちに『夫婦円満講座』でも受講しなければ治りそうもない。

みんな『テンパって』生きているんだ。

2007年12月26日
■炭酸ヘッドスパ【林順之亮日記】

関西で『働きたい美容室No1』のマッシュで、炭酸を活用したヘッドスパを体験した。

河内小阪という下町にあるマッシュだが、140坪の店内は青山の有名店に負けないスケールである。

マッシュ増成社長は、育毛には血行が密接な関係があると、血行促進作用のある炭酸を導入。

『炭酸パーマ』『炭酸ヘッドスパ』『炭酸トリートメント』『炭酸フェイシャルケア』『炭酸ヘアマニキュア』と、その効果は今まで体験したことがないと、明らかな効果を体感でき、噂を聞き付けた有名人も次々と来店、京唄子、中村玉緒、メイクアップアーティストのTAKAKOさんも、その効果を絶賛したという。

私が驚いたのは、炭酸施術を導入したことで、セレブ層が来店、客単価が向上し、100万円弱の炭酸噴霧機材費が1ヶ月で償却できたのだ。

限られた来店客数の中で客単価を上げられる、客層が変わるとあれば、来年の美容室業界で大ブームが起こるだろう。

今回の取材で、炭酸シャワーメーカーで大阪の権力者でもある同社会長さんが、タイガー来日のラウンドで貰ったらしい『生サイン入り』ゴルフキャップを物欲しそうに眺めていたら『持っていけ!』と。

頑張っていると良いことがあるものだ。

投稿者 Kenkou : 10:26 | トラックバック
2007年12月20日
■企業買収【林順之亮日記】

弊社は、実は数十サイト運営している、ちょっとしたIT企業である。

そのため、IT系社員の慢性求人需要がある。
人材確保には、求人媒体や人材紹介意外に、最も有効な手段なのは『企業買収』だ。

今、まともなIT系社員の獲得コストは100万円以上で、企業ごと買えばビジネスモデルまでついてくる。

IT企業とはいっても99%が10名前後のベンチャーであり、設立一年以内に9割は倒産するため、投資なり買収なり声をかけておけば、資金難に陥った途端、冷静な判断を狂わせ意外に好条件で買収でき、知られざる人材確保手段といえる。

当たり前の話だが、ほとんどのIT系人材は技術力アップのため、健康美容企業より、小さくてもIT企業に就職したいだろう。

仮に優秀な人材を採用できたとしても、指導者不在なため、長続きしないという悪循環なのである。

その点、潰れそうなIT企業(資本1000万円)に、2000万円資本を入れれば会社も人材も手に入る。

潰れるIT企業のほとんどは『優れたスキーム』を持ちながら、『営業力』が弱く、泥臭い仕事が苦手であり、頻繁な来客もないが、高立地のため求人の応募率は高いのだ。

人材難でお困りの中規模企業は『企業買収』考えてみては?

投稿者 Kenkou : 18:25 | トラックバック
2007年12月19日
■薬事法【林順之亮日記】

グループのクレジット会社の担当者が、バストアップ商材の広告を持ってきて、「これは薬事法に違反していますか?」と。

「●●成分が乳腺に働きかける」と記載、特定部位への効果を標榜していますと説明。

私の一言でこの会社とのクレジット契約が解除されてしまった。

【そんなつもりではなかったのに】

最近では、行政からいきなりレッドカードがきて、しかも皆同罪になるため、リスクを負いたくないようだ。

しかしながら、相変わらず薬事法違反な広告は後を絶たない。

テレビやリスティングなど、グレー広告に対して即日掲載停止命令が来てもいいように、ホワイト広告を用意しておかないと、大きな損失を防ぐという用意周到ぶり。

確かに、行政1人あたりに違反広告は『万』はあるため、見つからない限りは売れる広告を使いたいのだろう。
彼らが動くのは『消費者』か『同業者』からの密告が主である。

つまり、違反者を特定できない場合、行政は動きようがないのが実情なのだ。

巧妙に薬事法を掻い潜ったスキームがあったので紹介しよう。

『疾病情報サイトを病名で上位表示させ、特定成分の効果を標榜』→『特定成分名でのYahoo検索画面にリンク』→『●●成分なら○○製品と特定成分で製品サイトを上位表示』と導線を作ることで、安定的に売れてしまうというもの。

つまり、検索画面へリンクを貼っているため、疾病サイトと製品サイトの関係性が特定できないのだ。

よくやるよ!というより、優秀なビジネスマンといえるかもしれない。

投稿者 Kenkou : 09:42 | トラックバック
2007年12月14日
■健康美容JOB【林順之亮日記】

『エステ 求人』 1位
『エステティシャン 求人』 1位
『エステシャン 求人』 1位
『美容 求人』 1位
『美容師 求人』 8位
『薬剤師 求人 』 5位
12/14 Yahoo!検索調べ

弊社が運営する数百サイトからのリンクの影響により、猛烈な勢いでキーワード検索順位が上がってきた。

求職者は就職活動の際、「リクナビ」「とらばーゆ」「エンジャパン」など、認識している求人サイトで掲載企業を探す。

希望する企業、沿線のミスマッチなどがあれば、他を探すわけである。

次なる行動として、上記検索行為を行い目的の仕事を探すのだ。

つまり、これらの行動をするユーザーの多くは、その職種からの転職組、求人企業がもっとも求めている、いわゆる『経験者』である。

ブログ読者様=健康美容EXPOは、業界人=経験者なわけで、これらの要因も高い確率で『経験者』を効率よく獲得できる求人媒体である由縁。

実際に経験者の応募がほとんどだと、掲載企業担当者からもお褒めいただくのだが、宣伝しない効用だと思う。


投稿者 Kenkou : 10:26 | トラックバック
2007年12月03日
■シズルの天才【林順之亮日記】

シズルの天才といえば、親しみのある話術で1080億企業を作った天才セールスマン、ジャパネットたかたの高田社長だ。

佐世保でカメラ屋の息子だった高田社長は、黙って待っているだけでは売れないと、近くの旅館で宴会の写真を撮りまくり、直ぐに現像して売りに行き飛ぶように売れたという。

さらに味をしめ、旅館でお年寄りを相手にビデオカメラを持ち込み、解りやすく説明し、ここでも売れた経験から、『シズル感』=『体験を売る』ことを学んだ。

TVCMでは、再春館のドモホルンリンクルも『染み込む染み込む』『潤う潤う』と、シズル感を出している。
ユーザーがその商品を使っているかの如く、『感情のスイッチ』を入れる。

シズルの天才達は、映像もカタログもWEBも、どうやっ『体験を売る』かを考えている。

しかし、世の中の制作マンの90%は商品を売っている。

しかも、自身がユーザーの立場に立てばシズルに反応しているにも関わらず、制作者の立場からそのことに気付かない。

よい商品を造る、『欲しい』⇒『買う』⇒『開ける』⇒『使う』⇒『感じる』⇒『伝える』と、ユーザー目線に立てばこのようになる。

これら一連の行動には『感情』があり、この感情を表現できれば、反応する広告表現となるはず。

商品の良さを伝えるには、商品を売るのではなく、その商品を購入したユーザーの『感情を売る』のだ。

投稿者 Kenkou : 13:19 | トラックバック