明日葉(あした葉)なら「あした葉ポリフェノール CHALSAP(カルサップ)」:株式会社日本生物.科学研究所(東京支社)【健康美容EXPO】

健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 原料 > あ行 > 明日葉(あした葉) > あした葉ポリフェノール CHALSAP(カルサップ)

健康美容業界最大の企業と企業を結ぶBtoBビジネスマッチングサイト キーワード検索

株式会社日本生物.科学研究所(東京支社)
原材料名 : あした葉ポリフェノール CHALSAP(カルサップ)
形状 : 粉末、液状

検討中フォルダに入れる

日本生物.科学研究所は1999年に日本で初めてあした葉ポリフェノールの粉末化に成功し、新しい機能性素材として紹介しました。

あした葉ポリフェノール CHALSAP(カルサップ)

あした葉の葉や茎を切ると切り口からネバネバした黄色い汁が出ます。この黄汁は同じセリ科の植物でも見られないあした葉だけの特徴です。1本のあした葉の茎の切断面からは、一度に数ミリグラムしか採取できないたいへん貴重なものです。

あした葉ポリフェノールは、この黄汁中に高含有されるポリフェノール《カルコン/CHALCONE》で、10種類以上の存在が確認されています。

そのなかでも、2種類のポリフェノール“キサントアンゲロール”と“4-ヒドロキシデリシン”は黄汁中に非常に多く含まれ、その機能性が注目されています。

当社は1999年に日本で初めてあした葉ポリフェノールの粉末化に成功し、新しい機能性素材として紹介しました。当社ではその有用性、機能性の研究を進めています。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◎ CHALSAP(カルサップ)製品規格
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
あした葉の茎から採取した特有の明日葉エキス(カルコン含有)を加工した製品です。

【 CHALSAP(カルサップ)-P 8 】
・外観性状 : 黄色を呈する「粉末」で特有の芳香を有する
・総カルコン含量 : 8%以上
・製品特徴 : カルコン濃度が高く、長期保存安定性に優れる
・主な用途  : カプセル・錠剤・顆粒

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◎ CHALSAP(カルサップ)の機能性<当社研究結果>
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆ピロリ菌に対する抗菌活性(in vitro)
◆発癌イニシエーター・発癌プロモーター抑制作用(in vitro)
◆癌細胞対するアポトーシス誘導作用(in vitro)
◆神経成長因子(NGF,BDNF,GDNF)の産生を増強(in vitro)
◆抗酸化作用(in vitro)
◆ヒト試験による免疫賦活作用
◆抗メタボリックシンドローム作用
・アディポネクチン産生促進作用(in vitro)
・マウスにおけるレプチン産生促進作用
・マウスにおける内臓脂肪重量の低減作用及びそれに伴う体重増加の抑制
・ヒト試験による内臓脂肪断面積の減少
◆ガン細胞傷害活性

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◎ CHALSAP(カルサップ)の安全性
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆急性毒性試験 :
ラット(雌雄)、経口、CHALSAP-P8 2,000 mg/kg/日、OECD 423
→→ 影響なし

◆復帰突然変異試験 :
ネズミチフス菌(Salmonella typhimurium) 4株 及び大腸菌(Escherichia coli) 1株 、 OECD 471 Xanthoangelol, 4-Hydroxyderricin として 1,000μg/plate CHALSAP-P8として 12,500μg/plate)
→→ 陰性(但し、S. typhimurium TA100株に対しては抗菌作用が確認された。)

◆染色体異常試験 :
チャイニーズハムスター卵巣由来細胞(CHO)、 OECD 473
染色体異常 :
(短時間処理法,−S9mix) 0.250 mg/mL 陰性
(短時間処理法,+S9mix) 0.200 mg/mL 陰性
(18時間連続処理法) 0.075 mg/mL 陰性
(32時間連続処理法) 0.050 mg/mL 陰性

 
1999年に日本で初めてあした葉ポリフェノールの粉末化に成功しました

▲1999年に日本で初めてあした葉ポリフェノールの粉末化に成功しました

CHALSAP-P 8(粉末タイプ)/CHALSAP-L3(乳化タイプ)

▲CHALSAP-P 8(粉末タイプ)/CHALSAP-L3(乳化タイプ)

CHALSAP-L3(乳化タイプ)用途例・ゼリー/ドリンク /チョコレート等

▲CHALSAP-L3(乳化タイプ)用途例・ゼリー/ドリンク /チョコレート等

 
■ 株式会社日本生物.科学研究所(東京支社)  様に直接お問い合わせすることができます。(お問い合わせ無料)

出展者様への商材のお問い合わせは、健康産業関係者様向けの機能です。一般消費者の方はご遠慮ください。
また、自社商品のPRや営業メール等は固くお断りいたします。

企業名
全研本社株式会社
電話番号
※必須
03-1234-5678
連絡の取れる電話番号
090-1234-5678
部署名
健康美容事業部
担当者名
※必須
全研 太郎
メールアドレス
※必須
example@e-expo.net
メッセージ
※必須

全角0文字(全角1000文字まで)

上記の内容でよろしければ「確認」ボタンを押してください。

注目の原料特集

抗メタボ対応素材 あした葉ポリフェノール カルサップ

抗メタボ対応素材
あした葉ポリフェノール
カルサップ [CALSAP]

あした葉の健康効果は古くから知られるが、昨今は、葉や茎の切り口からしみ出す黄色い粘り気のある汁に、あした葉ポリフェノールが高含有されていることが分かり……

会社概要
会社名
株式会社日本生物.科学研究所(東京支社)
住所
〒101-0042
東京都千代田区神田東松下町12番地2 JBSL神田ビル6F
代表者名
東 健一郎
設立年月
1974年9月
資本金
6,000万円
事業内容
・納豆菌培養エキスの研究開発・製造販売
・植物発酵エキスを主原料とする飲料等の製造・加工・販売
・あした葉の栽培とバルク供給
・胡麻ミネラルの研究開発・製造販売
・動物飼料添加液の製造販売
・藻類及び微生物の食品化に関する研究開発
事業所
■大阪本社
〒553-0003
大阪府大阪市福島区福島1丁目4番40号
JBSL梅田ビル5F

■東京支社
〒101-0042
東京都千代田区神田東松下町12番地2
JBSL神田ビル6F

■九州工場・研究室
〒873-0212
大分県国東市安岐町大字塩屋2022番地

■京都工場
〒613-0024
京都府久世郡久御山町大字森小字3丁55

■上海事務所
〒201103
中国上海市龍柏一村佳信花苑
ホームページ
http://www.jbsl-net.com/
その他の出展商材
酵素類
植物発酵エキス ビオチーム(BIOZYME)
納豆菌・納豆キナーゼ(ナットウキナーゼ)
納豆菌培養エキス「NSK-SD」(ナットウキナーゼ高含有)
明日葉(あした葉)
あした葉パウダー
健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 原料 > あ行 > 明日葉(あした葉) > あした葉ポリフェノール CHALSAP(カルサップ)
■注目カテゴリ・コンテンツ
スキンケア  男性化粧品(メンズコスメ)  サプリメント  機能性成分  エステ機器  介護食品  基礎化粧品  青ミカン(青みかん)  青汁(トクホ)  アガリクス  コエンザイム  コラーゲン  ダイエット  エステ・サロン・スパ向け  大麦若葉  アルファリポ酸(αリポ酸)  ピクノジェノール  黒酢  特定保健用食品(トクホ)  医療機器(ゲルマニウム)  炭酸泉  プロテイン  ブルーベリー  豆乳  寒天  車椅子 
■注目カテゴリ・コンテンツ
決済代行  印刷  健康食品の製造(受託製造)  化粧品  健康食品の原料  美容・化粧品の製造  健康食品の機器設備 

健康食品自然食品健康用品・器具美容ハーブ・アロマ団体・学会介護・福祉ビジネス商材

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2016 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.