N-アセチルグルコサミンなら「Bio-NAG®」:ビーエイチエヌ株式会社【健康美容EXPO】

健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 原料 > あ行 > N-アセチルグルコサミン > Bio-NAG®

健康美容業界最大の企業と企業を結ぶBtoBビジネスマッチングサイト キーワード検索

ビーエイチエヌ株式会社
原材料名 : Bio-NAG®
形状 : 白色の粉末で異物を認めないこと

検討中フォルダに入れる

肌の保湿をしっかりサポート ビーエイチエヌの美容・健康対応素材
Bio-NAG(N-アセチルグルコサミン)

Bio-NAG®

-------------------------------------------
◎ N-アセチルグルコサミン(NAG)
-------------------------------------------
【 保湿性の高いヒアルロン酸の合成に 】
NAGは、生体では皮膚、軟骨に存在する保湿成分ヒアルロン酸の構成糖として存在します。ヒアルロン酸の生合成についてはまだ完全には解明されていませんが、いくつかの合成経路が報告されており、ヒアルロン酸よりも吸収性が高いNAGを摂取した方が効率的に体内でヒアルロン酸が産生されると考えられます。

【 モイスチャーバランスを適正に保つ 】
美肌を作り維持する上で、肌のターンオーバーは重要です。表皮下層の細胞間の空間を天然保湿因子が維持し、上層の細胞への栄養供給と老廃物の排出に重要な働きをしています。
更にヒアルロン酸は水分を保持し、正常なターンオーバーに重要であると考えられています。

-------------------------------------------
◎ Bio-NAGの優れた特長
-------------------------------------------
【 完全酵素分解による天然由来素材 】
Bio-NAGは、原料キチンを塩酸などを使用することなく、酵素による完全分解で製造している天然由来のNAGです。

【 食品・サプリメントとして利用可能 】
天然由来のBio-NAGは、高純度NAG(98%以上)であり、化学合成のような不純物が含まれていないため、味が非常に良く、サプリメントをはじめ、一般食品への利用も容易です。また水にも良く溶解することから飲料原料としてもご使用いただけます。

-------------------------------------------
◎ Bio-NAGの美容効果(in vitro)
-------------------------------------------
皮膚繊維芽細胞をUVB照射するとヒアルロン酸が分解され産生量が低下してしまいます。一方、培養液にBio-NAGを添加すると、濃度依存的にUVB照射によるヒアルロン酸低下を抑制することが確認されました。
この結果は、Bio-NAGによるヒアルロン酸合成酵素ヒアルロン酸シンターゼ2(HAS2)の産生促進やヒアルロン酸分解酵素ヒアルロニダーゼ1(HYAL1)の産生抑制に起因するものと考えられます。

-------------------------------------------
◎ Bio-NAGの美容効果(in vivo)
-------------------------------------------
UVB照射によるヘアレスマウスの紅斑形成が、Bio-NAG投与群で軽減されることが明らかとなりました。
また、UVB照射による真皮組織のコラーゲンの分解抑制効果も確認されました。

 
生産国(地)または原産国
関連リンク http://www.bhn.co.jp/material/detail/137.html
■ ビーエイチエヌ株式会社  様に直接お問い合わせすることができます。(お問い合わせ無料)

出展者様への商材のお問い合わせは、健康産業関係者様向けの機能です。一般消費者の方はご遠慮ください。
また、自社商品のPRや営業メール等は固くお断りいたします。

企業名
全研本社株式会社
電話番号
※必須
03-1234-5678
連絡の取れる電話番号
090-1234-5678
部署名
健康美容事業部
担当者名
※必須
全研 太郎
メールアドレス
※必須
example@e-expo.net
メッセージ
※必須

全角0文字(全角1000文字まで)

上記の内容でよろしければ「確認」ボタンを押してください。

会社概要
会社名
ビーエイチエヌ株式会社
住所
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町1-16 いちご神田錦町ビル 6F
代表者名
代表取締役  石原 健夫
設立年月
1999年11月
資本金
8,000万円
従業員数
社員総数94名 ( パート社員46名含む ) ※2013年3月末時点
事業内容
医薬品、化粧品及び食品添加物、栄養補助食品の製造・販売
事業所
■大阪営業所
〒541-0048
大阪市中央区瓦町4-6-8

■播磨生産開発センター
〒679-5165
兵庫県たつの市新宮町光都1-472-41
ホームページ
http://www.bhn.co.jp/
健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 原料 > あ行 > N-アセチルグルコサミン > Bio-NAG®
■注目カテゴリ・コンテンツ
スキンケア  男性化粧品(メンズコスメ)  サプリメント  機能性成分  エステ機器  介護食品  基礎化粧品  青ミカン(青みかん)  青汁(トクホ)  アガリクス  コエンザイム  コラーゲン  ダイエット  エステ・サロン・スパ向け  大麦若葉  アルファリポ酸(αリポ酸)  ピクノジェノール  黒酢  特定保健用食品(トクホ)  医療機器(ゲルマニウム)  炭酸泉  プロテイン  ブルーベリー  豆乳  寒天  車椅子 
■注目カテゴリ・コンテンツ
決済代行  印刷  健康食品の製造(受託製造)  化粧品  健康食品の原料  美容・化粧品の製造  健康食品の機器設備 

健康食品自然食品健康用品・器具美容ハーブ・アロマ団体・学会介護・福祉ビジネス商材

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2016 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.