その他なら「発酵古代米(オリザロース)」:株式会社オリジン生化学研究所【健康美容EXPO】

健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 原料 > その他 > 発酵古代米(オリザロース)

健康美容業界最大の企業と企業を結ぶBtoBビジネスマッチングサイト キーワード検索

株式会社オリジン生化学研究所
原材料名 : 発酵古代米(オリザロース)
形状 : FD末

質の高いシルバーエイジを過ごすために!

発酵古代米(オリザロース)

発酵古代米とは、古代米の機能成分であるアントシアン、ギャバ(GABA)を有効に取り出し、新たにオリザロース(低分子米ぬかアラビノキシラン=糖鎖アラビノキシラン)を含有する、LEM・AHCC・バイオブラン(MGN-3)の研究開発者 前田弘明農学博士の最新機能性食品素材です。
マクロファージとNK細胞を活性化することで、老化による「何となく具合が悪い」方から自己治癒力を強化して健康な生活を取り戻したい方までサポートします。
(高齢者の免疫機能状態はがん患者の状態と似ているという新潟大学医学部 安保徹教授の研究発表があります。)アントシアニンの抗酸化作用とギャバ(GABA)の精神安定作用が加わり、体感の速さも特徴です。

《古代米とは?》
古代米とは、米が黒い・香りがあるなどの特長があるため栽培種としての品種改良の対象とならず、昔ながらの性質を保持してきた品種群です。赤米や紫黒米、香り米などがあり、どれも栽培が難しいという特長があります。収量が少ないため今や貴重なお米になっています。
古代米にはミネラルやポリフェノール類が豊富で、楊貴妃が食べていたという話もある「健康米」として注目を浴びています。

《発酵古代米とは?》
発酵古代米は、国立大学法人弘前大学教育学部食物学研究室とオリジン生化学研究所の共同開発により誕生した抗老化機能性食品です。

発酵古代米は古代米の一種である紫黒米(しこくまい)を原料としています。品種は農林水産省東北農業試験場において、インドネシア・バリ島在来の紫黒米と日本のうるち米を交配して
冷涼な地域で栽培できるよう作り出された「朝紫」を用いています。また安全・安心のため契約栽培した無農薬のお米を使用しています。

古代米の特長は、可食部(精白部)が少なく、糠の部分の割合が高いことです。このような特長は炊飯米としては食味が悪くマイナスの要因となります。ですから一般的には玄米のまま通常のお米に5%程度を混ぜて炊飯し“健康ご飯”として利用されています。古代米の健康に利する成分すなわち機能性成分はほとんどすべて糠の部分に存在していますから玄米として食するのは正しい有効な食べ方です。

しかし、紫黒米を機能性食品素材として考えたとき、そのまま炊飯して摂取してもその機能性成分は充分に利用されない可能性があります。色素やミネラル、植物性ステロール等は難消化性成分で構成される表皮や果皮(ぬか部)の組織中に存在していますので、消化管内を素通りしてしまう可能性があるのです。また、難消化性成分が多いことから食味は決して良くありません。そこで古代米の糠の部分を発酵させる事により繊維質の部分の構造が緩み、機能性成分が利用され易くなり食味も改善されます。そして発酵産物としてγ−アミノ酪酸(GABA)や新規ヘミセルロース誘導体=低分子米ぬかアラビノキシラン(オリザロース)が生成されています。

《発酵古代米の機能性成分と作用》
1. アントシアン
ポリフェノールの一種で青紫色の色素です。(一段下げました) 近年植物性色素がファイトケミカルとしてその機能が注目されています。トマトのリコピンとともに注目度が高まっているのがこのアントシアンです。

2. γ−アミノ酪酸(GABA)
古代米の発酵過程で生成されるアミノ酸の一種です。発芽直前の玄米にも増える成分で、近年、機能性食品原料として着目されています。

3. 低分子米ぬかアラビノキシラン(オリザロース)
オリザロースは古代米の発酵過程で米ぬかが酵素分解されることによって生成されたヘミセルロース誘導体です。ガラクトース、アラビノース、キシロース、マンノース等から構成されるヘテログリカンで複雑な構造を有しています。 従来のものの1/3〜1/10の大きさに低分子化され、活性も従来のアラビノキシラン誘導体の数倍高くなっています。

《発酵古代米の機能性食品としての応用の可能性》
原料として用いている「朝紫」は紫黒米(しこくまい)の一種です。紫黒米は中国では健康米として知られ健康的な体づくりに役立つ食品に位置付けられていました。発酵古代米は紫黒米の成分を無駄なく利用し、進化させた食品です。粉末、錠剤、カプセル、リキッド等の各種形状に加工ができます。医療機関でも使用されており、質の高いシルバーエイジを過ごすために大変有用な食品として広く普及される事を確信しております。

 
生産国(地)または原産国
関連リンク
会社概要
会社名
株式会社オリジン生化学研究所
住所
〒183-0027
東京都中央区日本橋2-1-1  櫻正宗ビル6階
代表者名
前田 浩明
設立年月
2005年2月
事業内容
・保健機能食品ならびに健康食品の製造販売及び輸出入。
・食品栄養学に基づく健康維持・増進に関する情報の提供と啓蒙。
事業所
その他の出展商材
アラビノキシラン
スーパーオリマックス
アントシアニン
スーパーオリマックス
ギャバ(GABA)
スーパーオリマックス
乳酸菌類
すし乳酸菌
健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 原料 > その他 > 発酵古代米(オリザロース)
■注目カテゴリ・コンテンツ
スキンケア  男性化粧品(メンズコスメ)  サプリメント  機能性成分  エステ機器  介護食品  基礎化粧品  青ミカン(青みかん)  青汁(トクホ)  アガリクス  コエンザイム  コラーゲン  ダイエット  エステ・サロン・スパ向け  大麦若葉  アルファリポ酸(αリポ酸)  ピクノジェノール  黒酢  特定保健用食品(トクホ)  医療機器(ゲルマニウム)  炭酸泉  プロテイン  ブルーベリー  豆乳  寒天  車椅子 
■注目カテゴリ・コンテンツ
決済代行  印刷  健康食品の製造(受託製造)  化粧品  健康食品の原料  美容・化粧品の製造  健康食品の機器設備 

健康食品自然食品健康用品・器具美容ハーブ・アロマ団体・学会介護・福祉ビジネス商材

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2016 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.