鮑なら「アワビの貝殻エキス」:株式会社龍榮総研【健康美容EXPO】

健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 原料 > あ行 > > アワビの貝殻エキス

健康美容業界最大の企業と企業を結ぶBtoBビジネスマッチングサイト キーワード検索

株式会社龍榮総研
原材料名 : アワビの貝殻エキス
形状 : エキスパウダー

検討中フォルダに入れる

白内障や緑内障にアタック!和漢素材「アワビの貝殻エキス」※OEM限定になります。

アワビの貝殻エキス

最近、白内障や緑内障の方が増えています。このような症状の対策として経験的に用いられてきたのがアワビの貝殻の真珠層なのです。和漢ではアワビの貝殻の真珠層を、「石決明」と呼びます・・・

■記述のお取り扱い■
あくまでも業者様向けのページです。知識の向上にお役立てください。尚、ここに記載した文章を使用して販売活動をすると景品表示法や薬事法に抵触しますので、くれぐれもご注意ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

白内障は、水晶体に存在するクリスタリンタンパクの変性によるもので、光が網膜に透過できなくなり、視力が低下する疾患です。一般的には40代後半から現れはじめ、60代では60%以上、80代になると95%以上の人が発症していると言われています。進行しても白濁した水晶体を人工レンズに入れ替えることで、視力を取り戻せます。

緑内障は、眼圧の上昇等によって視神経に障害が起き、進行すると視野欠損が大きくなり、やがて失明に至るという疾患です。
白内障に比べると発症率は低いものの、患者数は毎年増加の一途を辿っています。
現在、日本では中途失明の原因の第1位にあげられています。厄介なのは、日本人の緑内障患者の多くは眼圧が低めの低眼圧緑内障ということで、いまだに画期的な治療法が確立していないのが現状です。いずれにしろ、眼圧を下げることが必要です。

そこで、その対策として経験的に用いられてきたのがアワビの貝殻の真珠層なのです。
(出典:中薬大辞典など)

●アワビの貝殻の経験的な使われ方
「石決明」とは、「目を明らかにする石のように硬いもの」というような意味です。和漢では底翳(そこひ)と呼ばれる緑内障や白内障などの対策に用いられてきました。
江戸時代はアワビの貝殻の真珠層を配合したものが大ブレークして、まがい物が出るくらい飛ぶように売れたそうです。当時は手間暇をかけ、アワビの貝殻を焼いたあと真珠層を削り取っていましたので、貴重な和漢素材でした。
(出典:眼目名鑑など)

●アワビの貝殻に含まれる主な成分
◇コンキオリンなどの真珠層タンパク質
◇ミネラル類

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■アワビの貝殻エキスの特徴■
本品は、アワビの貝殻の真珠層タンパク質を効率的に抽出した水溶性のエキスパウダーです。古くはアワビの貝殻を高温で焼き、真珠層を剥がれやすくしてから削り取っていました。しかし、これでは非常に非効率的ですし、真珠層タンパク質が変性してしまうこともあります。また、貝殻自体を単に粉砕して利用することも可能ですが、重金属類が多量に含まれていることが多く、1回の必要量が5〜15gとなりますので、長期の利用は困難です。そこで、弊社は効率的に真珠層タンパク質を抽出することに成功しました。
また、ヒ素、重金属類を可能な限り除去していますし、主に真珠層のタンパク質を抽出したエキスなので、胃酸を中和することによる消化不良を起こす心配もありませんので、安全な健康食品素材です。

■裏付けとしての調査■
取り扱う抽出エキスの作用や効果を確かめるために、成分の分析や動物実験、簡易臨床調査を行っています。

●本品の調査
◇医師による臨床調査
◇アワビの貝殻抽出物β-ヘキソサミニダーゼ遊離抑制活性試験(抗炎、抗アレルギー活性試験)
◇アワビの貝殻抽出物NO産生抑制活性試験(抗炎活性試験)
◇アワビの貝殻抽出物の定量分析(タンパク質)
◇イソプレテレノール投与によるラットを用いた血圧・心拍数測定試験
◇ラットの摘出水晶体を用いた石決明エキスの抗白内障作用の検討
◇マウスにおける単回経口投与毒性試験
◇アワビの貝殻抽出物アミノ酸分析

■お勧めの配合素材■
ブルーベリー、ビルベリー、βカロテン、アスタキサンチン、ルテイン、クコの実、
菊花、エビスグサなど

論より結果、主材、あるいは陰の主材としてご利用ください!

製品に関するご質問・ご相談などお気軽にご連絡ください。
お問い合わせ:0422-40-0077

 
生産国(地)または原産国 日本
関連リンク http://www.ryueisoken.co.jp/
「和漢原料」を加えることで、機能性表示食品の差別化も図れます。

▲「和漢原料」を加えることで、機能性表示食品の差別化も図れます。

国内製造にこだわっています。

▲国内製造にこだわっています。

「安心・安全」を最優先に。長期的に安心して利用する事ができます。

▲「安心・安全」を最優先に。長期的に安心して利用する事ができます。

 
■ 株式会社龍榮総研  様に直接お問い合わせすることができます。(お問い合わせ無料)

出展者様への商材のお問い合わせは、健康産業関係者様向けの機能です。一般消費者の方はご遠慮ください。
また、自社商品のPRや営業メール等は固くお断りいたします。

企業名
全研本社株式会社
電話番号
※必須
03-1234-5678
連絡の取れる電話番号
090-1234-5678
部署名
健康美容事業部
担当者名
※必須
全研 太郎
メールアドレス
※必須
example@e-expo.net
メッセージ
※必須

全角0文字(全角1000文字まで)

上記の内容でよろしければ「確認」ボタンを押してください。

会社概要
会社名
株式会社龍榮総研
住所
〒181-0012
東京都三鷹市上連雀2丁目3番12号 高橋ビル3階
代表者名
高橋 龍榮 (本名 龍男)
設立年月
1991年4月
資本金
1,000万円
従業員数
8名
事業内容
栄養補助食品の委託製造、卸、小売
事業所
ホームページ
http://www.ryueisoken.co.jp/
健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 原料 > あ行 > > アワビの貝殻エキス
■注目カテゴリ・コンテンツ
スキンケア  男性化粧品(メンズコスメ)  サプリメント  機能性成分  エステ機器  介護食品  基礎化粧品  青ミカン(青みかん)  青汁(トクホ)  アガリクス  コエンザイム  コラーゲン  ダイエット  エステ・サロン・スパ向け  大麦若葉  アルファリポ酸(αリポ酸)  ピクノジェノール  黒酢  特定保健用食品(トクホ)  医療機器(ゲルマニウム)  炭酸泉  プロテイン  ブルーベリー  豆乳  寒天  車椅子 
■注目カテゴリ・コンテンツ
決済代行  印刷  健康食品の製造(受託製造)  化粧品  健康食品の原料  美容・化粧品の製造  健康食品の機器設備 

健康食品自然食品健康用品・器具美容ハーブ・アロマ団体・学会介護・福祉ビジネス商材

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2018 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.