ヘム鉄なら「ヘム鉄」:ILS株式会社(大塚化学グループ)【健康美容EXPO】

健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 原料 > は行 > ヘム鉄 > ヘム鉄

健康美容業界最大の企業と企業を結ぶBtoBビジネスマッチングサイト キーワード検索

ILS株式会社(大塚化学グループ)
原材料名 : ヘム鉄
形状 : 粉末

検討中フォルダに入れる

不足しがちな栄養素「鉄分」に『「黒」の健康素材』である吸収性の高い「ヘム鉄」を!

ヘム鉄

『ヘム鉄』
食品の鉄には2種類あり、植物性に含まれる非ヘム鉄(無機鉄)と動物性に含まれるヘム鉄があります。
ヘム鉄は次のような特徴が挙げられます。
1.非ヘム鉄に比べ吸収率が約5〜6倍高いと言われており、ヘム鉄の方が鉄分を効率よく摂取できると期待されます。
2.食物繊維やタンニンなどによる吸収阻害の影響を受けません。
3.ビタミンCなど吸収促進素材なしでもヘム鉄は吸収率がとても良いです。
4.ヘム鉄は胃腸での吸収の際に酵素が関与して吸収量が調整されているため、過剰摂取の心配が少ないです。


『「黒」の健康素材』
数年前より黒い健康素材が注目されております。
黒酢、黒ゴマ、黒豆、竹炭、黒米など数えきれないものが私たちの身近にあり、抵抗なく食べております。
ヘム鉄は「黒色」が特徴であり、鉄の中では唯一天然素材です。
黒くなくてはヘム鉄ではございません。
ヘム鉄を健康維持にお役立てください。

『ILSのヘム鉄』
当社独自の製法で精製した天然由来の鉄食品素材です。
20年以上の製造・販売実績があり、安全・安心・高品質なヘム鉄を提供いたします。

『ヘム鉄のラインナップ』
ヘムロン  :鉄分1%含有し、錠剤、カプセル・顆粒品やクッキーなどの食品に適しております。
ヘムロン2HiWS:鉄分2%含有し、水溶性のため、飲料・ゼリー・ゼリー飲料などに適しております。
また、錠剤、カプセル、顆粒品にも対応します。
ヘムロンWS:鉄分1%含有し、水溶性のため、飲料・ゼリー・ゼリー飲料などに適しております。
また、錠剤、カプセル、顆粒品にも対応します。

『鉄分』
生体内における鉄の働きは主に5つあり(1)赤血球のヘモグロビン「酸素運搬」、(2)肝臓などのフェリチン「貯蔵鉄」、(3)筋肉中ミオグロビン「酸素貯蔵」、(4)血漿中トランスフェリン「鉄の輸送」、(5)ヘム関連原料「生体内反応の酸化・還元などの役割」です。もっとも重要な点は「酸素供給」であります。私達の身体には約60兆個の細胞があると言われおり、「鉄」は酸素と結びついてこの一つ一つの細胞に酸素を供給し、細胞の中で酸素を利用しエネルギー産生されて、私達が元気に過ごす手助けをしてくれます。そのため、鉄が不足すると様々な症状が出てきます。

『不足しがちな鉄分』
鉄分は現在の豊かな食生活においてでも不足しがちなミネラルの一つとして知られています。
鉄を高濃度に含む食品が限られていることや食品から摂取した鉄は小腸での吸収量がごく僅かで大部分が便中にそのまま排出されてしまい、鉄分を摂取しようとしてもなかなか補えないことが原因です。
特に成人女性は潜在性または絶対量の鉄不足が多いです。また、離乳食へ移行する乳幼児は偏食が多く、鉄分が不足気味となります。
さらに、激しい運動をするアスリートや、中・長距離ランナーは足の裏などで赤血球の破壊(損傷)がおき男女を問わず鉄分不足と言われています。

『ヘモグロビンとフェリチン』
病院やドックなどで貧血の検査をする際には「ヘモグロビン」が指標として使用されます。
ヘモグロビン量は体の中で平衡に保とうとされるため、最後の砦です。
その前に、血清フェリチン値が下がります。
しかし、通常の検査では行われませんので、見落とされがちとなります。
最近ではこの血清フェリチンが注目をされております。
あなたは血清フェリチン不足ではありませんか?

『継続して取り続ける』
 骨髄内にて約5日間で網状赤血球まで作られ、末梢血にて1〜2日で赤血球となります。その赤血球は正常である場合は寿命が約120日であり、その後に主に脾臓で破壊されます。
その間に鉄が不足すると、作られるヘモグロビンも少なくなり、貧血の症状が現れてきます。
そのため、体の中の鉄を減らさないために継続して摂取することが大切になります。
即効性はありませんが、持続することがとても重要です。

『鉄補給には吸収性の高い「ヘム鉄」を』
吸収性の高いヘム鉄をお役立てください。
・鉄分補給に
・健康維持に
・スポーツ(運動)パフォーマンス(スポーツ貧血)に、
・一日の元気に
・酸素チャージに
・育ちざかりに
・美容に
・女性に、妊婦に、育児女性に

ぜひ、お問い合わせ下さい。

 
生産国(地)または原産国 日本
関連リンク http://ils.co.jp
天然由来の『黒』の健康素材が注目。鉄補給には『黒い』吸収率のいい

▲天然由来の『黒』の健康素材が注目。鉄補給には『黒い』吸収率のいい

長年の販売実績で安全・安心してご利用いただけます

▲長年の販売実績で安全・安心してご利用いただけます

体内の鉄はすぐに回復せず、『継続した摂取』がポイントです

▲体内の鉄はすぐに回復せず、『継続した摂取』がポイントです

 
■ ILS株式会社(大塚化学グループ)  様に直接お問い合わせすることができます。(お問い合わせ無料)

出展者様への商材のお問い合わせは、健康産業関係者様向けの機能です。一般消費者の方はご遠慮ください。
また、自社商品のPRや営業メール等は固くお断りいたします。

企業名
全研本社株式会社
電話番号
※必須
03-1234-5678
連絡の取れる電話番号
090-1234-5678
部署名
健康美容事業部
担当者名
※必須
全研 太郎
メールアドレス
※必須
example@e-expo.net
メッセージ
※必須

全角0文字(全角1000文字まで)

上記の内容でよろしければ「確認」ボタンを押してください。

注目の原料特集

肝臓(レバー)エキス

「肝臓(レバー)エキス」
古くから知られる肝機能対応素材
ILS株式会社(大塚化学グループ)

豚レバーを主原料とする『肝臓エキス』だ。古くから「肝臓には肝臓」といわれるようにその健康効果は知られるが、製法の確立やエビデンスの充実などにより、ここへ・・・>>

 

高い吸収率を誇る効果的な鉄分補給素材 ヘム鉄(ヘムテツ)

高い吸収率を誇る効果的な
鉄分補給素材 ヘム鉄(ヘムテツ)
ILS株式会社(大塚化学グループ)

現在の食生活において常に不足しているミネラルの代表格として知られる鉄分。特に成人女性の過半数は「鉄欠乏症」といわれる。不足すると貧血をはじめ身体に大きな・・・>>

 

ダイエット系定番素材に“脳機能改善”など新知見

再注目!ダイエット系定番素材
「L-カルニチン」ILS株式会社

ダイエット素材として認知度の定着したL-カルニチン。脳機能改善に関する知見も充実しはじめており、高齢社会におけるキー素材としてその存在感は高まりつつある。・・・>>

会社概要
会社名
ILS株式会社(大塚化学グループ)
住所
〒302-0104
茨城県守谷市久保ケ丘1-2-1
代表者名
緒形孝弘
設立年月
2003年5月
資本金
1億円
事業内容
ILS株式会社は、「ヒューマンライフサイエンス」をキーワードに、ペプチド分野、機能性食品分野、医薬品分野での研究を通じて新たな成果を生みだし、人々の健康と幸福に貢献できる企業を目指します。

●機能性食品事業
機能性食品事業では、「食の分野から健康を創る」をコンセプトに天然物から有効成分の研究開発して得られた機能性食品素材「L-カルニチン」、「ヘム鉄」、「肝臓エキス」をセルフメディケーションに向けた新たな健康づくりに役立つ素材として供給しております。

●ペプチド事業
ペプチド事業では、American Peptide Company(APC)を生産拠点として、研究用試薬からcGMPに準拠した医薬品原薬の大量生産まで、幅広いニーズにお応えしたペプチドの受託製造を行っています。

●医薬品事業
医薬品事業では、分離精製及びペプチド合成技術によりこれまで後発医薬品を開発し、提供してきました。これからも医療用医薬品、動物用医薬品および原薬の開発に取り組んでいきます。
事業所
ILS株式会社
■本社
〒302-0104 茨城県守谷市久保ケ丘1-2-1

■東京事務所
〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-2 大塚製薬神田第二ビル
ホームページ
http://www.ils.co.jp
その他の出展商材
健康美容EXPO:TOP > 健康食品 > 原料 > は行 > ヘム鉄 > ヘム鉄
■注目カテゴリ・コンテンツ
スキンケア  男性化粧品(メンズコスメ)  サプリメント  機能性成分  エステ機器  介護食品  基礎化粧品  青ミカン(青みかん)  青汁(トクホ)  アガリクス  コエンザイム  コラーゲン  ダイエット  エステ・サロン・スパ向け  大麦若葉  アルファリポ酸(αリポ酸)  ピクノジェノール  黒酢  特定保健用食品(トクホ)  医療機器(ゲルマニウム)  炭酸泉  プロテイン  ブルーベリー  豆乳  寒天  車椅子 
■注目カテゴリ・コンテンツ
決済代行  印刷  健康食品の製造(受託製造)  化粧品  健康食品の原料  美容・化粧品の製造  健康食品の機器設備 

健康食品自然食品健康用品・器具美容ハーブ・アロマ団体・学会介護・福祉ビジネス商材

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2016 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.