商機のタネ

第115回

還暦コスメは必要か、の話


商機のタネ、還暦コスメは必要か、の話
 
花王は、2011年3月29日よりスキンケアシリーズを新発売する。

主なターゲットは60歳からの女性。

狙いは、その層が肌の手入れにかける費用が高い傾向にあるからという。

加えて、高齢化で今後、市場拡大が見込まれるためだ。

これまでにもそうした戦略から、“還暦コスメ”が、他社からも発売されている。

お金はあるが、肌の水分がない。

そうした事情を見透かし、大抵はぜい沢処方の高級路線で、値が張る。

デフレ不況が叫ばれて久しい中、取れるところから取る、のは間違ってはいない。

しかし、こうした訴求が60代女性に刺さるとは考えにくい。

むしろ、社内プレゼントを通すためだけの薄っぺらさしか感じられない。

60になっても肌の手入れに関心がある層なら、それまでも充分に“投資”をしているはずである。

それでもなお、使ってみたい。

そう思わせなければ、少なくともターゲットには届かないであろう。

(2010/1/21)
商機のタネTOP
 
健康美容NEWSモバイルTOP
健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO