商機のタネ

第109回

コンビニ+新聞販売店=紙の電子化加速、の話


商機のタネ、コンビニ+新聞販売店=紙の電子化加速、の話
 
ファミーマートと毎日新聞が“合体する”。

ファミリーマート店舗で買い物依頼を受注し、毎日新聞の販売店が宅配を受託。

まずは大阪府の8店舗で12月から試験的にスタートする。

全国に張り巡らされたコンビニの店舗網と新聞社の販売店網。

この2つの巨大インフラを有機的に結び付けない手はない。

とりわけ販売店網は、大胆な電子化へのシフトを含む新聞社改革の“ネック”ともいわれている。

現状では、その存在意義さえも薄れつつあるが、その機動性やきめの細かさなど小回り利く“足”としての潜在機能は高い。

それだけに、この合体により、どんな“化学反応”が起こるのか、成り行きが注目である。

(2010/11/26)
商機のタネTOP
 
健康美容NEWSモバイルTOP
健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO