商機のタネ

第108回

鍛錬後の着用が不適な機能性ウエア、の話


健康志向の高まりによる、運動人口増加などを背景にここ数年、トレーニング時の機能性ウエアへのニーズが急増している。

その多くは、疲労しにくくする、より運動効率を上げる、体温を一定に保つ…など、着用することでより活動の質を向上させる類のものである。

VENEXが販売しているリカバリーウエアは、そうした機能性ウエアと明らかに一線を画す。

一見トレーニング系の機能性ウエアだが、着るのはトレーニングの後限定。

なぜなら、ネーミングの通り、回復をサポートするのがその機能だからだ。

プラチナを特殊加工した繊維が、ストレス物質を減少させるなどし、トレーニング後や就寝時に着用することで疲労回復や筋肉痛の軽減などをサポートするという。

市場で機能性ウエアが売れているとなればつい、活動時の着用シーンに付加価値をつけることを差別化のポイントとしてしまいがち。

この製品は、差別化ではなく、“区別化”が、いかに利口であるかを示すよきサンプルのひとつといえる。

(2010/11/19)
商機のタネTOP
 
健康美容NEWSモバイルTOP
健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO