商機のタネ

第102回

アラサーから269へ、の話


商機のタネ、アラサーから269へ、の話
 
269がメインターゲット。「269」がなにかというと、26歳9ヶ月の女性のこと。

ワコールが先ごろ新発売したインナーウェアの新ブランド「269」がターゲットとするのが、その「269」。

その年頃は、30歳までにプライベートや仕事などに対し、次の一歩を踏み出したいと考えるタイミングで、かわいいだけから大人の女性を意識し始める分岐点なんだそうだ。

従来のマーケティングではターゲットのセグメントにおいて、20代後半から30前といった、比較的大まかな分類だったが、ここまで絞り込むというのは、逆にインパクトがある。

もちろん、実際には、それ以外の人が買うことも織り込み済みだろうが、「そこのあなた」といった感じのピンポイントのセグメントは訴求力が高そうだ。

ネットと連動させたソーシャルな展開も、“完全に絞り込まれている”だけに同志が集まりやすく、活性化が期待できる。

これからの新たなターゲティングとして、その成り行きが注目である。

(2010/9/17)
 
商機のタネTOP
 
健康美容NEWSモバイルTOP
健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO