商機のタネ

第92回

商機をものにする“瞬間移動”ツール、の話


商機のタネ、商機をものにする“瞬間移動”ツール、の話
 
出張先で急に追加資料が必要になるときがある。

「資料は会社のPC内。ここで商機は逃せない。どうしよう…」。

最も多いのは、社に電話してPC開いて取り出してコピーしてファクスしてもらう、といったところであろう。

しかし、そうした時間がないほど急を要していれば、そんな悠長なことはしていられない。

もしも、その商談の場にPCがあれば、非常に便利なツールがある。

日本エヴィクサーとプロリンクが開発した「挿したらMyPC」。

その名の通り、USBを差し込むだけで、目の前のPCが社の“マイPC”になる、というすぐれもの。

これなら社に「私のPCの電源を入れてくれ」とのたったひと言で用が済む。

気になるセキュリティーももちろん万全だ。

出張といえば、多くはノートPC持参だが、これを活用すれば出先にパソコンがあることが分かっていれば、ポケットにUSBだけでの出張も可能になる。

クラウド隆盛の時代だけに真新しさは感じないが、実は意外にニーズはある。

今後、セカンドPCの販促タイアップに使われる予定もあるといい、注目を集めそうだ。

税込価格は、ライセンス制で年間9,800円。

(2010/7/2)
 
商機のタネTOP
 
健康美容NEWSモバイルTOP
健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO