商機のタネ

第79回

おまけとハサミは使いよう、の話


商機のタネ、おまけとハサミは使いよう、の話
 
1個100円のりんごが、2個なら110円なら買いますか?。

大半の方は買うでしょう。

では、1個100円のりんごに110円でリンゴの種20粒がついてくるとしたらどうでしょう。

ほとんどの人は買わないのではないでしょうか。

日経新聞の電子版がついにスタートしました。

電子版のみなら4000円、紙面とセットなら4568円です。

一見、紙とセットならお得感があるようです。

実際、日経では紙版の月3568円にプラス1000円で電子版が付いてくるというスタンスでアピールしています。

まるで電子版が1000円のようです。

しかし、どうにも腑に落ちません。

その理由は、紙版をとることを前提にしているかのような価格設定だからでしょう。

電子版を望む人の多くは、デジタルリテラシーの高い人で、おそらくすでに新聞はとらず、ネットで情報収集していると思われます。

そんな人にあと500円ほど上乗せすれば、紙版もついてくるとアピールしても何も響きません。

逆に電子版に紙版より充分にリーズナブルな価格が提示されていれば、一気に読者を増やし、難しいネットでの課金モデルを確立できたかもしれません。

リンゴの話に戻すと、リンゴがもうひとつ格安で付くサービスは、どうしても必要ではなくともその欲求からずれていないので買います。

でも、種をサービスされても、育てる時間がなければ、そういう趣味もないので、たとえお得感があっても不要です。

電子版を望む人にとっては、紙版購読が前提であること自体、完全に欲求のつぼを外しているわけです。

従って、おそらくこのままでは受け入れられないでしょう。

言い訳ではないでしょうが、日経は紙の部数減を憂慮したそうです。

新聞業界のいろいろなしがらみもあるでしょう。

しかし、やると決めた以上、思い切ってやらなければ、せっかくの商機のタネも芽吹きません。

(2010/3/17)
 
商機のタネTOP
 
健康美容NEWSモバイルTOP
健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO