商機のタネ
第55回
中古品の「転換」の仕方、の話

商機のタネ-第55回中古品の「転換」の仕方、の話
 
大京グループが、不用品のマンション出張買取サービスを開始する。

リユースの業界大手と業務提携し、スタートする。

同グループは業界最大の38万戸超の管理受託マンションがあり、買取サービスとして、かなりのスケールで発展する可能性がある。

「不景気」、「買い控え」、「モノ余り」の3点セットで消費者の財布の紐はますます固い。

せめてもの刺激策として、小売・メーカーサイドは低価格品を提供し続けているが、すでに効果は薄れつつある。

仮にこのリユース市場が定着すれば、市場では輪をかけて新しいモノが売れなくなりかねない。

買取で得た収益を購買へ回してくれればいいが、生活費へ回るとなれば、いよいよ末端でも本格的な“清算”がスタートすることになる。

となれば、商機のタネのスウィートスポットは、買い取る際の「価値転換」の仕方となりそうだ。

(2009/9/9)
 
商機のタネTOP
 
健康美容NEWSモバイルTOP
健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO