商機のタネ
第38回
オトコのものはオンナのもの、の話

商機のタネ-第38回オトコのものはオンナのもの、の話
 
男用トイレに駆け込み、用をたす年配女性。

一瞬ギョッとするが、さして珍しいシーンでもない。

恥じらいをなくす年齢の境目は一体いくつなのか…それはさておき、物理的にも生理的にも女性用トイレは、男性用に比べ、あらゆる点で混雑する要素を多く抱えている。

平時ならともかく、行楽シーズンのターミナル、イベント会場などの女性用は雪隠待ちでいつも大渋滞。

そんな女子便所問題を少しでも軽減すべく、画期的な「トイレ」が導入される。

混雑状況に応じ、間仕切り番を使って男性用スペースを削る“軟体トイレ”だ。

一部の高速道路のSAおよびPAで、GW中の対策として稼動する。

同様のトイレはすでに駅構内で導入しているところがあり、うまく機能している。

男女の“仕切り”に関していえば、少々、意図は違うが、露天風呂の昼夜入れ替え制などがある。

いえることは、浴槽も便器も使う段では男女共通ということ。

「風呂もトイレも男女は別々であらねばならぬ」。

既成概念を取っ払ってしまえば、見えなかった効率化のヒント、そして商機のタネが自ずと浮き上がってくるものである。

(2009/4/30)
 
商機のタネTOP
 
健康美容NEWSモバイルTOP
健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO