ごぼうに注目

注目の成分・素材
第99回

ごぼう

皮でアンチエイジング

注目の成分・素材「第99回ごぼう」写真

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

ごぼうはキク科の植物。

食物繊維が豊富なことから健康によい食材として古くから知られる。

その効能は、代表的な整腸作用のほか、ガンや血糖値上昇抑制、動脈硬化の予防など幅広い。

最近では、従来は捨てられていた皮にも脚光が当たっている。

その皮を乾燥させ、お茶として飲むとアンチエイジング効果が期待されるということから、注目が集まった。

有効成分は“サポニン”とされる。市販されている「ごぼう茶」は、特有のアクがうまく処理されており、香ばしく飲みやすい。

なじみのあるヘルシー食材だけに、今後、アンチエイジング系の美容茶市場をにぎわしそうである。


注目の成分・素材TOP
健康美容NEWSモバイルTOP
アサイー|L-カルニチン|コタラヒムブツ|葉酸|イノシトール|亜麻仁|ピクノジェノール|プエラリア・ミリフィカ|フコイダン|ホスファチジルセリン|ケルセチン|冬虫夏草|エキナセア|ビルベリー|ボルフィリン|αリポ酸|アスタキサンチン|ウコン
健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO