CPPに注目

注目の成分・素材
第81回

CPP

カルシウム吸収率アップ

注目の成分・素材「第81回CPP」写真

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

CPPは『カゼイン ホスホ ペプチド』の略で、牛乳の主要たんぱく質であるカゼインに酵素を作用させて得られる部分分解物。

カルシウムを溶けやすい状態に保ち、小腸からのCa吸収を助ける働きを持つ。

カルシウムは通常、小腸に達するにつれ、phが弱アルカリ性に変化。

分泌されたリン酸イオンと結合し、不溶性のリン酸カルシウムが形成されやすくなることで吸収されにくくなってしまう。

こうしたことから食品からカルシウムを摂取する場合でもその吸収率は低く、カルシウムは不足がちな栄養素の代表格となっている。

CPPはこうしたカルシウムの吸収率の低さを高める働きがあり、注目されている。

トクホ成分でもあり、含有製品は「カルシウムの吸収を高めたい方に」のキャッチフレーズで販売されている。


注目の成分・素材TOP
健康美容NEWSモバイルTOP
アサイー|L-カルニチン|コタラヒムブツ|葉酸|イノシトール|亜麻仁|ピクノジェノール|プエラリア・ミリフィカ|フコイダン|ホスファチジルセリン|ケルセチン|冬虫夏草|エキナセア|ビルベリー|ボルフィリン|αリポ酸|アスタキサンチン|ウコン
健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO