べにふうきに注目

注目の成分・素材
第67回

べにふうき

アレルギー抑制

注目の成分・素材「第67回べにふうき」写真

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

べにふうきはアッサム雑草の紅茶「べにほまれ」と香りの良いダージリンの交配により生まれたお茶の品種。

漢字では紅富貴と書く。

「メチル化カテキン」というカテキンの一種が豊富に含まれる。

同成分にはアレルギーを抑制する可能性があるとされ、含有した茶飲料が毎年春の鼻ムズムズシーズンに出回る。

2010年の花粉飛散の予測は例年に比べ、3割から9割と少ない見込み。

2009年は、新型インフルエンザ発生により関連商品に“特需”があったが、来春は“揺り戻し”となりそうな気配である。

■べにふうき MEMO

べにふうきは、独立行政法人農業技術研究機構の野菜茶業研究所で育成され、1993年に命名・登録されたお茶の葉で、もともと日本の「べにほまれ」と中国系の「ダージリン」を交配して作られた紅茶用の品種です。


注目の成分・素材TOP
健康美容NEWSモバイルTOP
アサイー|L-カルニチン|コタラヒムブツ|葉酸|イノシトール|亜麻仁|ピクノジェノール|プエラリア・ミリフィカ|フコイダン|ホスファチジルセリン|ケルセチン|冬虫夏草|エキナセア|ビルベリー|ボルフィリン|αリポ酸|アスタキサンチン|ウコン
健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO