テアニンに注目

注目の成分・素材
第47回

テアニン

癒しのアミノ酸

注目の成分・素材「第47回テアニン」写真

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

テアニンは、緑茶に含まれるアミノ酸の一種。

緑茶を飲むとホッとするが、それを裏付けるように興奮を鎮め、緊張をやわらげる働きがあるとされる。

テアニンは、特に新芽に含まれる量が多く、玉露や抹茶などいわゆる高級茶のうまみの主成分でもある。

うまみ成分として知られるグルタミン酸とは化学構造が似ている。

ラットを使った研究では、投与により記憶力などが高まることが示されている。

不安傾向の違いによるα波出現量の比率についての検証では、高不安群ほどテアニン摂取により、α波出現が高い結果を得ている。

長引く不況による職場でのストレス増大、一層進む高齢化など、社会環境は“癒しのアミノ酸”といわれるテアニンのニーズ増を予感させる方向へ着実に進んでいる。

緑茶をがぶ飲みすれば、テアニンの摂取はできるが、一方でカフェインも摂取してしまう。

サプリメントでの摂取が効率的であることからも、テアニンは今後注目の素材といえる。

■テアニン MEMO

テアニンとは、キチン、キトサン、グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸等の糖鎖栄養素の一つで、豊富な糖鎖栄養素を含有し、細胞間のコミュニケーションを円滑に行うための媒介となったり、また免疫機能を正常化し、体調を整える役割があります。
テアニンは、免疫力アップ、癒しのアミノ酸、便秘改善などのほかに、アトピー性皮膚疾患や潰瘍性大腸炎、変形性関節症、がん細胞抑制などへの効果が期待されています。


注目の成分・素材TOP
健康美容NEWSモバイルTOP
アサイー|L-カルニチン|コタラヒムブツ|葉酸|イノシトール|亜麻仁|ピクノジェノール|プエラリア・ミリフィカ|フコイダン|ホスファチジルセリン|ケルセチン|冬虫夏草|エキナセア|ビルベリー|ボルフィリン|αリポ酸|アスタキサンチン|ウコン
健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO