ムチンに注目

注目の成分・素材
第25回

ムチン

軟骨の修復効果

注目の成分・素材「第25回ムチン」写真

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

日本海に大量発生したエチゼンクラゲ。あの気持ち悪い風景を覚えている方も多いであろう。

海を汚すは、生態系を乱すはのまさに海の“問題児”。

なんとか有効利用できないかと調理法などが考案されもしたが、それでも間に合わない。

そうした中、理研基幹研究所丑田環境ソフトマテリアル研究ユニットは、東海大学医学部外科学系整形外科の研究グループと協力し、ウサギを使った動物実験で、変形性関節症の治療効果が高まる新たな治療方法の開発に成功したことを発表した。

実験ではヒアルロン酸のみの関節注入に比べ、クニウムチンを併用したものを関節注入することで軟骨の修復効果が著しく増大した。

クニウムチンはエチゼンクラゲから抽出した新規ムチン型糖タンパク質で、大量生産も容易という。

今後、ヒアルロン酸などとの併用素材として、関節系サプリメントに応用される可能性もありそうだ。

ムチンとは?
ムチンはたんぱく質と多糖類が結合した粘性物質で、納豆、オクラ、山芋などに含まれています。人や動物のからだでも腸管や気道、口腔などの粘膜にムチンが含まれています。ムチンが少なくなると、胃炎や胃潰瘍になることがあります。また、胃が胃酸で溶けないのはムチンが胃を保護しているからです。


注目の成分・素材TOP
健康美容NEWSモバイルTOP
アサイー|L-カルニチン|コタラヒムブツ|葉酸|イノシトール|亜麻仁|ピクノジェノール|プエラリア・ミリフィカ|フコイダン|ホスファチジルセリン|ケルセチン|冬虫夏草|エキナセア|ビルベリー|ボルフィリン|αリポ酸|アスタキサンチン|ウコン
健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO