ウナギを食べなくても夏バテに負けない方法に注目

注目の成分・素材
第134回

ウナギを食べなくても夏バテに負けない方法

夏バテの原因

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

夏バテの症状と言うと、「だるい」「疲れやすい」「食欲がない」の三つですね。

夏バテは、暑さに対応するためにカラダが無理をしたり、気温や湿気の急激な変化にカラダのリズムがついていけず、自律神経のバランスが崩れることが原因です。

細かく原因を見ていくと、下記の3つです。

@ 夏は高温多湿

夏は暑いので、同じことをするにもとてもエネルギーを必要とします。

A 夏は栄養がかたよる

熱くて食欲がなくなるため、素麺やうどんなどのあっさりした炭水化物にかたよってしまい、肉や魚などのタンパク質が不足する傾向があります。

B 夏は睡眠不足になる

熱帯夜が続くため寝苦しく、夜中に目が覚めたり、眠りが浅くなります。

また、夜間に汗をたくさんかくことでミネラルが失われます。

実はAの「栄養が偏ること」が夏バテの最も大きな原因です。

人間は、体内でエネルギーを作るためにビタミンBを必要としますが、夏は栄養がかたよってビタミンB不足になりやすいのです。

ビタミンBは、豚肉・ウナギ・豆腐・ごま・枝豆・落花生などに多く含まれています。

ウナギや豚肉料理が「夏バテ防止」によく食されるのはこのためなんですね。

また、ビタミンB群は美肌のためにも必須な成分ですのでおぼえておきましょう。

また、水分摂取不足で熱中症になりやすいことにも注意が必要です。

夏は、一日に1〜1.5リットルの汗をかくこともあります。

水分が足りなくなると、とうぜん“血液ドロドロ”になりやすくなります。

血液ドロドロは、皮膚の血行も悪くしますので、美肌にもよくありません。

一日1.5リットルを目安に、こまめに水分補給をしましょう。

お茶やコーヒーではなく、“お水”がオススメです。


注目の成分・素材TOP
健康美容NEWSモバイルTOP
アサイー|L-カルニチン|コタラヒムブツ|葉酸|イノシトール|亜麻仁|ピクノジェノール|プエラリア・ミリフィカ|フコイダン|ホスファチジルセリン|ケルセチン|冬虫夏草|エキナセア|ビルベリー|ボルフィリン|αリポ酸|アスタキサンチン|ウコン
健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO